その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「やりたいことは、常にちょっと先にある」! 嵐・二宮和也が明かした、かなりマジメな“仕事観”

 11月3日に公開される映画『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』で主演を務めている嵐・二宮和也。封切りに向けて複数の雑誌インタビューに応じており、その中で個人や嵐メンバーとして仕事をする上での“信念”を明かしている。

 同作は、1930年代の満州で活躍した天皇の料理番・山形直太朗(西島秀俊)と、現代に生きる天才シェフ・佐々木充(二宮)のドラマが交錯するストーリー。これまで、映画『硫黄島からの手紙』(2006年)や『母と暮せば』(15年)など、戦争について考えさせられる物語との関わりも少なくない二宮だが……

 

■続きを読む

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「やりたいことは、常にちょっと先にある」! 嵐・二宮和也が明かした、かなりマジメな“仕事観”のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!