こちらの不倫も尾を引いている

南果歩、がん闘病語るも「夫」は完全スルー! いまだ続く「渡辺謙との冷戦」

minamikaho
南果歩オフィシャルブログより

 今年3月に不倫が発覚して、芸能界が大騒動となった渡辺謙。その妻の南果歩が、10月1日に乳がん早期検診を呼びかける『15周年ピンクリボンシンポジウム』に出席したが、渡辺との溝をまざまざと感じさせる内容だったという。

 渡辺といえば3月末、「週刊文春」(文藝春秋)に、元ホステスでジュエリーデザイナーの21歳年下女性との不倫疑惑を報じられ、7月になって謝罪会見を開いて不倫を認め、「僕自体が事態を把握したり、妻のこともありましたので、冷静になる時間が必要でした」などと釈明に追われていた。

 一方、南は、渡辺の不倫発覚後に撮影されたドラマ『定年女子』(BSプレミアム)の会見では、「ちょっと心身ともに疲れて、落ち込んでいた時期にこういう作品に巡り会えた」と、心情を吐露していた。

「シンポジウム当日の南は、約1時間にわたって司会とのトークセッションを繰り広げていました。その際、昨年3月に乳がん手術をした後に支えてもらった人について『友達が、みんな支えてくれるので、友人というのは、かけがえがないなと思います。そういうのに気付く病気だったと思います』と話したり、今、支えになっていることを聞かれた際には、ちょっと間を置いて言葉を選びながら『仕事仲間であったり、身近にいる家族ですね』と答えていました。しかし、“夫”という単語はこの1時間に一言も出てこず、『家族』に渡辺が含まれていたのかどうかも定かではありません。昨年は、名前こそ出しませんでしたが、それとなく渡辺の話題も出ていたので、乳がん闘病を支えてもらえなかった悲しさが浮き彫りになったという感じでした」(ワイドショー関係者)

 さらに、南はこんなことも語りだしたという。

「南はトークで、『今年の春から精神的に疾患が出て、(乳がんとは)別の闘病がありました』など、渡辺の不倫報道が相当にショックで、まいっていたといった様子も垣間見せていました。さらには、『去年に比べて痩せているかもしれません。ちょっといろんなことがあって』『人に言えないことや、解決に時間がかかることなど、そうやって考えることができて、今日という日を過ごし、明日がまたやってくる。本当に生きていること自体が、それだけで人生だと言えるんじゃないかなと思う、今日このごろです』などと意味深なコメントが多く、渡辺の不倫は、いまだに夫婦間で尾を引いている感じが、ありありと伝わってくるようでしたね」(同)

 「怒らない、悲しまない、嘆かない」と3つのことを掲げているという南。これ以上、その3つの感情を呼び起こすような事態に追い込まれないことを祈るばかりだ。

かつては“おしどり夫婦”の時代もあったのに……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

南果歩、がん闘病語るも「夫」は完全スルー! いまだ続く「渡辺謙との冷戦」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性タレント男性タレント芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!