愛知学院大学心身科学部心理学科・岡本真一郎教授インタビュー

水原希子が“炎上”するワケ――批判する人が持つ「複雑な悪意」の正体

 水原希子をCMキャラクターに起用したサントリー「ザ・プレミアム・モルツ」の公式Twitterアカウントに、「エセ日本人」「反日モデル」など、“人種差別”ともとれるような、ヘイトに満ちた返信が相次ぎ、ネットを中心に大きな騒ぎとなった。

 その後も出演したテレビ番組での発言が批判されたり、映画の評価が低いことを彼女の演技力のせいと報じられるなど、たびたび騒動の中心となっている。そんな水原へ向けた攻撃は、なぜこんなにも激化するのだろうか? いったいどんな人が批判的なコメントを綴っているのか? 『悪意の心理学 悪口、嘘、ヘイト・スピーチ』(中公新書)の著者であり、社会心理学的な見地から“ことばとコミュニケーション”に関する研究を進めている、愛知学院大学心身科学部心理学科の岡本真一郎教授に聞いた。

■差別や偏見だけでなく、嫉妬も炎上の引き金に

 サントリーのTwitterアカウントに向けては、アメリカ人の父と韓国人の母の間に生まれたハーフで、国籍はアメリカという彼女の出自に絡めた非難の言葉が目立った。しかし、「今回の騒動で書き込みをしている人の心理は、外国人に対する排斥意識がすべてではない」と岡本教授は語る。

「インスタグラムを中心にした、水原さんのさまざまなSNSでの言動についての反発心が、今回の騒動の引き金となった可能性は十分にあるでしょう」

 もともと水原のSNSには、“中国を侮辱した”と指摘されて世界各国を巻き込むこととなったツイートや、“FUCK YOU”と大胆にロゴが入ったTシャツを着た写真、トップス1枚でトイレの便座にまたがる写真など、賛否両論を招くことを想像しやすい、挑発的な投稿も少なくない。今回、水原へ罵詈雑言の数々を発したのは、ネット上で右翼的な立場をとる、いわゆる“ネトウヨ”が多いのではないかと岡本教授は分析する。

「投稿の内容から見ると、おそらく右翼でも、街宣活動に参加する人ではなく“ネトウヨ”ではないでしょうか。前者ならば、水原さんのような“いちタレント”の騒動に、いちいち頭を突っ込んだりしないように思います。遊び半分のような、気楽な気持ちで書き込んでいるのかもしれません」

 岡本教授の著書によれば、不快感を表したり相手を攻撃するときには、卑罵語や差別語、ヘイト・スピーチなど、あらゆる種類の言葉が用いられるという。ちなみに卑罵語とは“ガリガリ”“アホ”などの表面的なののしり言葉に加えて、「消えうせろ」「汚らわしい」などの具体的な内容を伝える言葉も含む。そして、どんな文脈で言葉が発せられるかによって、同じ単語でも意味合いは変化する。

「ネットという手軽なツールを選んで、非難の言葉を発するという点でも、熟慮せず安易な気持ちで書き込んでいるのが想像できます。そのため、根深い悪意から書き込むというよりは、水原さんをからかって動揺するのを楽しんでいる、そんな“表面的な悪意”があるかと思います」

 一方で、彼女に向けられた批判的な言葉は、単純な悪意から発されているものばかりではないと、岡本教授は説く。

「モデルとして活躍する並外れた容姿をお持ちの水原さんに対して、嫉妬・羨望の裏返しで攻撃している人も、きっといるはずです。有名人でもある程度目立つ人は、注目を集める分だけ、やはり炎上のリスクも高まってしまいがちです」

リアクションも火に油を注ぐ行為

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

水原希子が“炎上”するワケ――批判する人が持つ「複雑な悪意」の正体のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー水原希子炎上のニュースならサイゾーウーマンへ!