また小説家デビュー!?

セカオワ・Saori、小説『ふたご』は“Fukaseと自分”の物語!? 「キモい」「ドン引き」と不評

セカオワ・Saori、小説『ふたご』は“Fukaseと自分”の物語!? 「キモい」「ドン引き」と不評

 SEKAI NO OWARIでピアノ演奏とライブ演出を担当する“Saori”こと藤崎彩織の小説『ふたご』(文藝春秋)が、10月28日に発売されることが決定した。9月5日には特設サイトで序盤の手書き原稿が公開されたが、その内容に「自分とFukaseのことじゃん」といったツッコミの声が上がっている。 「『ふたご』は、構想から5年以上をかけて書き上げたSaoriの小説家デビュー作ということで注目を集めています。あらすじは、ピアノだけが友達の...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

セカオワ・Saori、小説『ふたご』は“Fukaseと自分”の物語!? 「キモい」「ドン引き」と不評のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! アーティスト芸能ウラ事情のニュースならサイゾーウーマンへ!