【連載】彼女が婚外恋愛に走った理由

中学時代の元カレと「セックスしない婚外恋愛」続ける理由――アラサー主婦のしたたかな計画

kongai201709
(C)いしいのりえ

 家庭を持っている女性が、家庭の外で恋愛を楽しむ――いわゆる“婚外恋愛”。その渦中にいる女性たちは、なぜか絶対に“不倫”という言葉を使わない。どちらの呼び名にも大差はない。パートナーがいるのにほかの男とセックスする、それを仰々しく “婚外恋愛”と言わなくても、別に“不倫”でいいんじゃない? しかしそこには、相手との間柄をどうしても“恋愛”だと思いたい、彼女たちの強い願望があるのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨年から引き続き、不倫報道がお盛んである。中でも最近の不倫報道において、注目を集めたのが、「一線を越えていない」という、元神戸市議の橋本健の言葉である。

 誰もが本気にしていないこの言葉だが、仮に2人が本当に「一線を越えていない」、つまり体の関係がまったくないとしたら、これ以上リスクの高い純愛は存在しないだろう。

 ホテルの部屋で二人一緒に一晩過ごしてセックスもせずに純愛を貫いたとしても、それを信じる者など存在するわけがない。だったらいっそのこと体の関係を持ってしまった方が気楽ではないだろうか。

「そうですよね、だから私たちは絶対に体の関係を怪しまれるような場所へは行きませんよ」

 手もつながない、キスもしない、そんな婚外恋愛をもう3年以上続けている美沙さん(仮名)は、笑顔でそう答えた。

■短大を卒業後、すぐに結婚

 小柄でトーンの高い声を持つ美沙さんは、「もうすぐ30歳」という実年齢よりもだいぶ若く見える。その愛らしいルックスは、大学を卒業したばかりと言っても通用するほどである。

 彼女の結婚歴は長く、現在のご主人と結婚をしたのは、短大を卒業して間もなくだという。

「夫は、私が学生時代にアルバイトへ行っていた会社の社員でした。わりと社員同士の仲が良くて、アルバイトも飲みに誘われることが多かったので、数回飲みに行ってデートに誘われて……っていう感じでしたね」

 当時まだ10代だった美沙さんにとって、年上のご主人は「すごく大人に感じた」そうだ。短大を卒業した翌年に結婚。恋人同士の延長のようだった結婚生活も、数年後に少しずつ崩壊へと進んでいく。

「夫が浮気していたんです。当時はガラケーでロックもしていなかったので、メールを調べたらすぐにわかりました。やっぱりな、とは感じましたね。もともと女好きですし、私に内緒でキャバクラや風俗にも行ってたみたいなので……」

 あまり男性経験のない美沙さんは、それ以来、ご主人に触れられることをしばらく拒んだ。

「当時は『そろそろ子どもを作ろうか』って話していた矢先の出来事だったので、相当凹みましたね。体重も落ちましたし」

ミッションコンプリートできることを祈ってます

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

中学時代の元カレと「セックスしない婚外恋愛」続ける理由――アラサー主婦のしたたかな計画のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 彼女が婚外恋愛に走った理由のニュースならサイゾーウーマンへ!