出会いを求めることに疲れ果てた。思い切って性サービスを利用してみようか

(ラップ)

俺はC-fucking-Q♪ ただの内臓♪ 
女の象徴なんかじゃねぇ♪
怖くはないぜ夢子からの卒業♪ 最後にちんぽを見たいだけ♪
uh yeaaaaaaaaaah……♪

*   *   *

 よう、また会ったな、子宮だ。前回は、Twitterで性のインターンを募集したところ30名近くの男性からの応募があり、そのうちの2名と面接しようとしたが両者ともにドタキャンされた、ところまで話したよな。

 夢子は雨の街で呆然としていた。最低2名の人間と話をする予定だったのに、なぜいま、無言でカフェに座っているんだろうーー窓に次から次へと張りつく水滴を眺めながら夢子は思った。

 ガラスを伝って流れていく雨粒と同じように気分も落ち込んでゆく。ふと口から洩れた。

「疲れた」

 元気を出すため、追加でビーフカレーを注文した。とてつもなくおいしかった。あたたかさにほっとする。先日、マコトと飲んだカシスウーロンより、ずっと、ずっとおいしかった。そのまま持参した漫画を読んでいたら、ひさしぶりにガツンとした幸せに心が侵食された。

「ドゥフフ! ひとりでおいしいものを食べて漫画読むって最高! 男と会うより手ごたえがある!」

 もぐもぐ肉をほおばりながら、うれしさに夢子はひとりでニヤニヤするのだった。自己完結で幸せを感じてしまえる性質こそが夢子を出会いから遠ざけているんだよな。

 まあ、一歩一歩だ。上手くいかないのは、新しいことにチャレンジしている証拠だ! 牛肉食え、夢子! そしてふたりでPDCAを回そう。

Plan(計画):
・子宮摘出の手術の前後にわたって継続的にセックスできるちんぽを確保する

Do(実行):
・Twitterで性のお相手を募集

Check(評価):
・約束をすっぽかされた
・疲れた(セックスフレンド探しにも、人生にも、病気にも)

◎出会い系は、男性も怖いのか?

 なんで会いにきてもらえないんだろうなあ? NGリストが厳しすぎたか? だが、あのリストのほとんどの項目は性感染症予防に関するものだ。より安全なセックス、つまり「セーファーセックス」の実施はグローバルスタンダードじゃねえか。

 最近は梅毒までも流行っていると聞いている。HIVの恐ろしさはよく知られているが、梅毒、これもとんでもない病気だ。検査方法も治療薬もなかった時代、ロマン派の画家や音楽家はみーんなこの病気で凄惨な死に方をしている。鼻が溶けたり、すごく苦しんで死ぬんだぞ。

 シャワーを浴びコンドームを付けるのなんて、性生活を送るうえでは最低条件だ。生でやろうとする男なんてこっちからポイ!でいい。よって、NGリストは今後も使用していくことにする。

 次に、アポ2号が放った「怖い」という言葉。会えない理由として、これは大きいのかもしれない。見ず知らずの女性に会いにいくとき、何を怖いと思うのだろうか男性諸氏は。

 待ち合わせ場所に着いたら怖いお兄さんがいて美人局に遭うかもしれないから? 会う予定の夢子が見た目・中身ともにお近づきになりたくない人かもしれないから?

 夢子自身ビクビクしながら約束の場所に向かったので、「怖い」のはよくわかる。女性のほうが力が弱く、暴力を振るわれたら圧倒的に不利だ。ジムでは、夢子には転がすことすらできないダンベルを男性初心者が持ち上げている光景を見かける。父親によくぶたれていたころは、毎日ファッキン痛かった。男性に本気を出されたら自分なんか簡単に殺される。この思いは当たり前のこととして夢子にはあった。

 よって、マコトやQと待ち合わせしたときも「この人と時間を過ごし、最悪、殺されても仕方がないし文句はいわない」と思っていた。夢子としてはちんこまんこプロジェクトは命がけだ。

◎出会い疲れを、どう克服するか。

 今回男性のほうに「怖い」といわれて、肩すかしをくらったような驚きがあった。お互い知らない者同士会うシチュエーションでは、リスクの大きい女性のほうは「怖い」どころか、死ぬ気で挑んでいる事実に対して共通認識があるものだと思っていた。

 世間においては、それは共通認識じゃないのかもしれない。いかに自分が傷ついたか、ギャアスギャアスと騒いでいたQの言動を思い出しても、そんな気がする。

 だったら、男性の「怖い」思いをもっとくみ取る必要があるんだろうな。今後はそのニーズにこたえるようにしよう。

 さらにドタキャン1号による写真要請を断ったあと、音信不通になった点を考えよう。写真、送ったほうがいいのか?

 後ろ暗いイメージがあったネット経由の出会いも、いまや「マッチングアプリ」として堂々と使えるものになったように、写真のもつ意味も変わっているのかもしれない。夢子が出会いたい若い世代ならなおのこと、自分の写ったjpegごとき、ティッシュのように簡単にやりとりするものなのかもしれない。

 これに関しては、引きつづき考察・検証していくことにしよう。

今回の評価で夢子は「疲れた」とかんじている。この項目を軽く見てはいけない。死にもの狂いで会えそうな人を探しても、ふと我にかえると「自分、なにやってんだぁ?」と湧き上がる思いとの戦いが、まず、キツイ。それをなんとか乗り越え、根性で出会いの場に出かけたにもかかわらず、いまのところ連戦連敗を記録している。

 交互にやってくるアドレナリンと絶望感の落差が激しい日々だ。そんななか人生でたった一度っきりの子宮摘出が現実に迫ってきている。

「早く。早くしないと期限がきちゃう」

 苛立ちが夢子を追い立てる。これじゃあ疲れもするだろう。

 本当はなあ、医療畑の人にまんこにちんぽをジャストミート計画を検証してもらいたいんだ。そのうえで、「子宮がなくなっても、性生活にはなんの不具合も生じませんし、楽しさも変わりませんよ!」と発信してもらえたらベストだろう?

 だけど、少なくとも夢子がいままで出会った医師は、性のQOLの件はノータッチだった。

「だから私がこのチャンスをふいにするわけにはいかない」

 根拠のない使命感に夢子は急き立てられているのだった。

◎子宮と笑顔で別れたい。

 そしてこのプロジェクトを進める動機は、もうひとつあった。どうやら夢子としては、ずっと愛憎関係だった俺―つまり自分の子宮―と笑顔で別れたいと思ってるみたいなんだ。命を宿すこともなく、夢子の人生においてはなんの活躍もしていない臓器、俺。唯一の職務は子宮内膜症の原因となる内膜をたくさん溜め込むこと。

 子宮内膜は「赤ちゃんのためのふわふわのベッド♡」と形容されることが多い。だが夢子は自分に苦痛をもたらす内膜が、ジェラートピケのパジャマのような愛らしく柔らかいものにはどうしても思えなかった。子宮内膜症持ちの体では、内膜は病気を悪化させる。夢子にしたら内膜なんざ、自分の身を切り裂くトゲトゲした血だらけの悪魔の化身のような存在だ。

 俺は毎日のように出血させて、痛い思いをたくさんさせて、夢子に不便や不安な思いばかりさせてきた。しかも働かないくせに治療のお金は夢子にいっぱい使わせて。まるでヒモのような、DV亭主のような俺だった。

 子宮にちんぽをジャストミート計画が開始したのは、ひとりでも多くの女性が安心して子宮摘出に踏み切るための一助になりたい!と夢子が思ったからだった。この動機のほかに、卒業していく俺へのなむけとしてちんぽを味わわせたい!そんなモチベーションもあるみたいだ。

 そんな事情もあり、手術まで1カ月を切ったいま、継続的に会える関係じゃなくてもいろんなタイプの性体験を積んでもいいのでは? と思うように夢子はなっていた。

◎ものすご~く緊急ななにか

 これまで性感マッサージや女性用風俗は“年齢・BMI制限”に反発を感じていたし、値段も高いからやめておこうと思っていた。だけど、最近の夢子は手術が近づくにつれプロに頼んでもいいんじゃないかと思いはじめていた。

「ものすご~く緊急ななにかがあったとき用に」貯金してきたお金がある。たったひとつしかない子宮を切り取る手術は、その「ものすご~く緊急ななにか」に該当するんじゃないだろうか。万単位のお金を使ってもバチは当たらない気がしてきたのだった。

 何よりも、そもそも子宮内膜症の症状もそれなりにあるなか、自力で素人さんをスカウトするのに疲れ、気力も体力も限界だった。性的イベントが何もないまま、俺が旅立ってしまうのだけは避けたい。

 焦燥感が高まるなか、お金をかけて性サービスを受けることへの抵抗感は薄まってゆくのだった。

 とあるサイトに、女性用性感マッサージ老舗店がリストアップされていた。

 そもそも性感マッサージがなんなのかがはっきりとわからない。いろんなサイトに書いてあることを総合すると、まんこにちんぽを挿入することなく女性に性的な快楽を届けるマッサージらしかった。本来なら俺にちんぽをジャストミートさせてポルチオに対する理解を深めるのが目的だったが、まあ次善の策だな。

 夢子はリンクをつぎつぎと開いては、各ページを丹念に読んでいき、数時間のサーチの末、お願いしたいと思えるところを発見した。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

出会いを求めることに疲れ果てた。思い切って性サービスを利用してみようかのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!