とよたまさんは今いずこ?

4カ月で報酬240万円!? 豊田真由子氏秘書に永田町がうわさする、「給与搾取」疑惑! 

toyotamayumi
豊田真由子公式サイトより

 豊田真由子衆議院議員が「このハゲーっ」の暴言で衝撃的な“デビュー”を果たしたのが、6月22日発売の「週刊新潮」(新潮社)でした。その後、公の場から姿を消した永田町の通称「とよたま」さんは、公設秘書のことで、最近また話題になっていますね。

■自民党関係者も憂慮

 8月31日、衆議院第一議員会館大会議室で「スポーツ議員連盟・2020年東京オリンピック大会推進議員連盟・ラグビーワールドカップ2019日本大会成功議員連盟 合同総会」が開催され、国会議員など約200名が参加しました。議事のひとつは、「ドーピング防止活動推進に関する法案」の次期国会法案提出についてでした。

 とよたまさんはドーピング防止法案の立法作業チームのメンバーで、本来ならば座っているはずなのです。かつては、スポーツ議員連盟アンチ・ドーピングWGの馳浩事務局長にも食って掛かるくらいの勢いがあったのに、いまはその姿すら会場にありません。自身の疑惑についてもまだ説明していませんし、「早く、自分の責任を果たしてほしい」と自民党の秘書さんたちも嘆いていました。

■「給与搾取」疑惑が浮上

 もともと、公設秘書(政策秘書、公設第一秘書、公設第二秘書)がコロコロと変わることで有名な豊田事務所でしたが、今回の第一秘書、政策秘書の夫妻に関して、秘書仲間では「ある疑惑」を口にしている人たちが多いです。

  それは、政策秘書の「給与搾取」です。第一秘書である「妻」が、青森県の町議で秘書経験もある「夫」松森俊逸氏を、豊田議員に無断で登録したのではないか、ということです。

 公設秘書を採用する時には、全部で14種類の書類を提出しなければなりません。その中には、議員の署名と押印が必要なものがあり、その他の書類にも押印する箇所が多数ありますが、実務では、議員の了承を得て秘書が代理で署名したり押印をすることが多いです。届け出の書類は、とても細かくて、議員が対応するのは時間的に厳しいことが多いからです。

 採用後には、所属している会派の事務局に「氏名等の公表に係る議員秘書の現況」(秘書現況届)という書類を提出しないといけません。でも、8月31日現在、豊田事務所は、第一秘書、政策秘書の現況届を出していません。確認できるのは、5月8日提出の第二秘書の分だけです。第一秘書は5月、政策秘書も6月に登録されているので、現況届が提出されていないことは明確な規則違反です。

 この違反に罰則はないのですが、松森町議が政策秘書として登録された時期はまだ、とよたまさんには自民党籍がありました。新たな秘書の採用には、所属していた細田派に相談するのが当たり前ですが、同派の関係者によると、相談はなかったそうです。それでなおさら、豊田議員の了承を得ず勝手に登録していたのでは? という疑惑を大きくしています。

最初から最後まで謎多き町議

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

4カ月で報酬240万円!? 豊田真由子氏秘書に永田町がうわさする、「給与搾取」疑惑! のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 政治家議員秘書のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック