【うわさの会見場から】

高畑淳子、裕太氏の質問を口ふさぎ阻止――報道陣からは笑い漏れる「異様な空気」

takahata_tosa
『土佐堀川 近代ニッポン—女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』公式サイトより

 女優の高畑淳子が8月23日、主演舞台『土佐堀川 近代ニッポン—女性を花咲かせた女 広岡浅子の生涯』の製作発表会見に出席。奇しくもちょうど1年前のこの日、息子の高畑裕太氏が強姦致傷容疑で逮捕(その後不起訴処分)されたこともあり、会見が始まる前から、会場内にはピリピリムードが漂っていたという。

「主催者サイドからは会見前に、『事件の真相や一般人になられた息子のことを聞いた時点で(会見を)止めます』と念押しするかのようにアナウンスされました。囲み取材が始まる直前も、再び同様のことが伝えられましたね」(ワイドショー関係者)

 というのも先月、同作ポスター撮影の際に取材対応した高畑は、「なかったことはなかったんだと、毎晩2時間くらい心の中で一人記者会見をしている」と発言し、一旦収まったはずの息子の事件を自ら再び“着火”させてしまった。

「今回は主要キャストが全員集合しており、他事務所の手前、裕太氏の件で舞台に泥を塗られてはたまったもんじゃない。かといって、高畑を制御できるかといえば、それも難しい。主催者サイドはそのように考え、もし話の流れが怪しくなったら、手段を選ばず無理矢理でも会見を止めようとしたのではないでしょうか」(同)

 実際、会見の途中、報道陣から「8月23日の……」などと、裕太氏の事件に関する質問が出そうになると、主催者サイドが強引にストップをかける一幕もあった。

 しかし、主催者サイドの配慮もむなしく、高畑は会見で暴走。報道陣から、「9回転んでも10回起き上がる」という主人公の役柄に絡めて、自身の「転び具合」を聞かれると、「(役と)同じくらい。ただ、しつこいたちなので忘れないことは、死ぬまで忘れない」「私は死ぬ時に(主張したいことを)言ってから死のうと思っている」と事件を彷彿とさせるような発言をし、さらに、ベテランの女性リポーターから、主人公が子育てに苦労したエピソードに絡め、裕太氏の子育てについて聞かれた瞬間、険しい表情でそのリポーターの口を手で押えたのだった。

「その直後、本人は『お仕事だとはわかりますが、暴力的ですみません』と陳謝し、報道陣からは笑いが漏れていましたが、異様な空気であったのは確か。ただ彼女はやはり、事件についてあれこれ報じたマスコミに、激しい怒りを抱いているのでしょうね。舞台を潰さないよう、各方面からアドバイスを受けていると思いますが、結局は我慢が利かないことが露呈してしまいました」(同)

 果たして、高畑が落ち着きを見せる日は来るのだろうか。

淳子は9回転んだら100回起き上がらないと気が済まない女

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

高畑淳子、裕太氏の質問を口ふさぎ阻止――報道陣からは笑い漏れる「異様な空気」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性タレント芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!