『“隠れビッチ”やってました。』男性からチヤホヤされる気持ちよさで満たされていた20代/あらいぴろよさんインタビュー

 “ビッチ”という言葉は誰彼かまわずセックスをやりまくっている女性だけをさすものではなくなっています。複数の男性に粉をかける、気を引くだけ引いておいてフる、本命にフラれた時用のキープ君を複数つなぎとめておく、などなど「自分に都合の良いように男を利用する」態度は、おおむね“ビッチ”認定されるものだと思います。露出度の高い扇情的な服装で歩いているから“ビッチ”だなんてことはないわけですね。人は見た目が100パーセント? いやいや見た目じゃわからん。

 でも、どうして“隠れビッチ”は、そんなふうに複数の男性の恋心を搾取しようとするのか? 相手を傷つけている自覚はあるのか?

清楚に見せかけておいて実は……な“隠れビッチ”だった過去を分析し、10年にわたる克服の軌跡を描いたコミックエッセイ『“隠れビッチ”やってました。』(光文社)の著者、イラストレーターのあらいぴろよさんは、かつての自分の「ありのまま」を見つめた結果、「ありのままの自分をまず変えないとダメだな」と気付いたと言います。

あらいぴろよさんは20~23歳の数年間、知り合った男性たちみんなに気がある素振りをして自分を好きにさせ、告白されてフるという悪魔的所業を繰り返していました。どうしてそんなにモテたのかというと、自ら積極的にモテに行っていたから。

基本的なファッションは3パターン(カジュアル・女子アナ・堀北真希)、露出はせず「透け感のあるサラサラした素材」「寒色系」「靴や小物にこだわる」を心がけたシンプルな洋服を相手によって着まわし、本来の性格とは違う「おしとやかで清純な小動物系」の自分を演出。「さ行でホメて」、「は行でリアクション」「ほほえみ」のテクニックを駆使し、あらゆる男性の恋心を次々にゲットする無双ぶりだったそうです。自称“男性からチヤホヤされるのが生き甲斐なクズ女”。ちなみに“モテ”と“カラダ目的”は異なることを心得ていて、性的な関係は誰とも持たずに、告白されたらゲームセット、と決めていました。

 こう言っては失礼ですが、ぴろよさんは大変可愛らしいけれども、飛びぬけた美人とか目立つタイプではありません。モテのコツは、あくまでも「男ウケの良さそうな服装」「男ウケの良さそうな性格」に擬態することだと思い知らされます。ただし、これは自分の好きな相手に好かれるテクニックではなく、どうでもいい相手からモテるためのテクでしかなく、ぴろよさん自身、「本性を見抜かれそうな賢い感じの男の人には近付かないようにしていた」とのこと。

「自分に自信ないからってね 男に逃げるのやめなさい 女じゃなくて、ちゃんとした人間になりなさい」

「心の隙間に男をねじこんでるだけじゃん 遊びじゃなきゃ依存してもいいわけ?」

「あんたって本当にコンプレックスの塊よね あんた自身を肯定させるために彼氏を利用してるだけでしょ」

 擬態していたのも、恋心を搾取していたのも、結婚に至った夫を束縛し怒鳴り散らしていたのも、原因は自分にあった。友人たちから容赦ない指摘を何度も受けて、少しずつぴろよさんは内面に目を向けていきます。

 さて、彼女はいかにして“隠れビッチ”な自分から脱したのでしょうか。現在は結婚7年めであり一児の母となったぴろよさんに、お話を伺いました。

◎産後うつの時期に描き続けた

――『“隠れビッチ”やってました。』って、ライトなコミックエッセイだと思って読み始めると、とんでもないことになりますよね。途中からすごく重いタッチになりますし、否応なく読者も自分自身に向き合わされます。描いていて、つらかった場面はありますか。

あらい 1章と最終章を描くのが特につらかったですね。1章は自分が1番グズグズな隠れビッチだった20歳そこそこの時期を描いているので、その当時に関わった人たちへの申し訳なさと、自分の幼稚さが腹立たしくて苦しくなりました。10年近く前のことなので、薄れていた記憶を思い出す作業も大変でした。最終章は、自分のもっとも汚い部分を探っていかなければいけないので苦しかったです。

――隠れビッチ化した原因が、生い立ちにあると。実父から理不尽な暴力を受けて育って、でも実母はそんな実父を愛していて離れられないし……という。そういった生育環境で、自分がどう歪んだのかを最終章では深くまで掘り下げていて。

あらい 光文社の担当編集の方が、グイグイくるんですよ。ほんと篠山紀信さんみたいに「いいよいいよ~、ここもっと掘りさげてみようか」って。じゃあ、もう少し描いてみようか……と、ちょっとずつ追加してるうちに「ヤベ、描きすぎたな」って。でも、自らの被虐待経験まで掘り下げていかないと、なぜ隠れビッチになってしまったのか、そんなに愛に飢えているのかの説明がつかないので。

実は最初はもっとキレイにまとめたストーリーの予定で、隠れビッチだったけど素敵な旦那様と出会って結婚して、子供も産まれてキャッキャ☆ウフフみたいな。そのネームを読んだ編集さんが、「なんですかこれ。誰もこんなの読まないと思います」とバッサリで、確かに自分でも「こんなの読まねえな」と思ったので(苦笑)、どんどん書き直して……結局、最初に声をかけていただいてから、完成まで2年半くらいかかってしまいました。

――お子さんはもうすぐ3歳ですよね。ということは、出産直後から育児しながらこの作品を描いていたということでしょうか。

あらい そうです。当時は産後うつで文字もロクに読めなかったり、文章が前後で合わなくなったりしてたんですけど、逆に、そんな極限状態だったからここまで描けたんだと思います。産後、自分が親になってみて、かつて親から受けた嫌な記憶、悪い出来事がフラッシュバックするようになっていたので。「100%今しか描けない!」という状況でした。

◎「チヤホヤされたい」と「ふたりになるのは怖い」の狭間

――“隠れビッチ”時代は実は短くて、20~23歳前後までの数年間。

あらい 今からおよそ10年前、エンジン全開でその場しのぎの生活で、将来のことよりも「今日は3人くらいに告白されたいなぁ~」ってことくらいしか考えていませんでした。

――当時はひとり暮らしではなく、お友達と住んでいたんですよね。

あらい 実家を出て、ゲイの男友達とレズビアンの女友達と3人でルームシェアしていたんです。ひとり暮らしはチャレンジしたものの、怖くて続きませんでした。もし万が一この家が父にバレて奇襲でもされたら、ひとりだと太刀打ちできない怖さがあったのと、ひとりがやたら寂しくて「このままだと寂しさに負けて、毎日男を連れ込むようになるな」と思って。そういうことをしたくないから、友達と一緒に暮らすことにしました。

――“隠れビッチ”は、清純派に擬態したビッチですが、“ヤリマン”とは違うからセックスはしないわけですよね。本には、ヤリマンゆえ傷付いてしまう女性も登場しますが、ぴろよさんはなぜセックスしなかったんでしょうか?

あらい どうしても病気が怖いし、妊娠も怖かった。好きな相手、というか信頼できる相手でないと、セックスのその先にあるはずの未来がないと思っていたので。あと、父がいきなりキレて暴力的になる人だったので、男性とふたりきりになるのがまだ怖かったんです。だから自分に好意のある男性とデートはしても、家には入れませんでした。防犯意識ですね。

当時の私は、男性に対して“野蛮”というイメージがあって。だけど、「男の人ってすっごいチヤホヤしてくれて気持ちいい!」「信用はしないけど、もっと褒めて~!」と、怖いと好きの狭間にいました。

ですから、ボディタッチとか、手を繋ぐくらいのスキンシップは目的達成のためならしてましたけど、ふたりで暗がりは歩けない、公園の木陰みたいな暗い場所に近づきそうになると、「あっち行こ!」と方向を変えて避けてました。

男の人を家に入れたくないのはもうひとつ、自分のキレイな部分しか見せたくなかったからというのもあります。たとえばお酒を飲んで酔ったり、興奮してるようなところは見せられないと思っていました。

――擬態していない素の自分を、男性には見せられなかった?

あらい 見せたくない、自分のそういう部分は「汚い」って思っていました。父はお酒が大好きなアル中まがいの人だったんですけど、酔っ払うと動物的になるというか、欲望がむきだしになってすごく気持ち悪いんですよね。その姿を鮮明に覚えてるから、私にもそういう部分があるのかもしれないと思うと……。家に呼んだら素が出ちゃうかもしれないから、呼べない。それもあって当時は友達とルームシェアをしていたわけなんですよね。

――シェアメイトのお友達とはお酒を飲む描写がありましたよね。

あらい 安心して意識をなくせるのは彼らといる時だけでしたね。チヤホヤしてくれる男性と一緒の時はかわいこぶってノンアルコールで「飲めないの~」って言ってました。酔っ払っちゃうと防犯できないし、素が剥き出しになるのはイヤだし。「飲みなよ」って言われても「じゃ、また次のデートの時にね☆」って。

私自身、そんなにお酒が好きなわけじゃなくて、今は全然飲まないんです。お酒を飲んで気持ちよくなるのも嫌いじゃないんですけど、私は飲み始めるとベロベロになるまで止まらなくなるし。20歳そこそこの頃は未成年が大人ぶりたくてお酒飲んだりタバコ吸うのと同じ感覚があったし、お酒の力を借りてごまかしたいことが多かったので嗜んでいただけというか。

――作中にはヤリマンのアヤさんという女性が登場しますが。

あらい はい。アヤは、相手から確実な好意が確認できないのにセックスができちゃう人で、私はどうしても理解できませんでした。「病気になったら、妊娠したらどうすんの? お前は何も考えてない!」って、よく喧嘩してました。

セックスすることの見返りを求めてしまう人は、ヤリマンには向いていないと私は思うんです。純粋に「セックスしたい!」でヤッたらおしまい! ってスポーツ感覚なら誰としてもいいと思うんですけど、「セックスしたんだから愛して」って求めてしまう人は、ヤリマンには向いてないんじゃないかなぁ、と。アヤはセックスすることで相手の男性に認められると思ってしまっていたから、それだったらセフレじゃなくてちゃんと付き合って、健全にヤリまくればいいのにって。

――でもアヤさんは「ちゃんと付き合いたい」けど、男の人は「都合のいいセフレでいてほしい」って状況だったんですよね。

あらい だから余計、片方だけが「愛されたくてセックス」しちゃったら、すれ違いますよね。セックスすることで、アヤは「認めてもらえて嬉しい」、男の人は「ヤレて嬉しい」。お互いそこで目的達成、満たされちゃうので、アヤが最終的に求めている「恋人関係」には到達できない。これを解決するには、禁欲しかない! と私は思ってました。とか言いつつ、アヤはその後私より早く心の傷を見直すことに成功し、ちゃんと良い人と出会って結婚して、今じゃ先輩ママです。

――『ワタシはぜったいに虐待しませんからね!』(主婦の友社)に、アヤさんがちょこっと登場していますね。

あらい そうです。私が夫と付き合いはじめた時には、アヤにももうちゃんと彼氏がいて、その後結婚し、ふたりの子供に恵まれて現在は幸せに暮らしています。本当に友人の幸せがとても嬉しいです。

では、あらいぴろよさんはどのようにして隠れビッチを辞められたのでしょうか。さらに本命彼氏(現在の夫)と出会い一対一のお付き合いを始めたものの、独占欲や嫉妬、度を越した愛情確認行為などをしてしまい、うまくいきません。モテや恋愛以前にまず自分自身と向き合うことが必要だったのです。続きは、6月6日更新の中篇でお楽しみください。

■あらいぴろよさん

 



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『“隠れビッチ”やってました。』男性からチヤホヤされる気持ちよさで満たされていた20代/あらいぴろよさんインタビューのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

オンナの[裏]掲示板人気トピック