【官能小説】セミダブル千夜一夜/第二夜 両極クリトリスの女と硬いペニスの男

何日かして、再びしぇー子に会った。やはり出版関係の友人がやっているバンドのライブを見に行ったら、そこに客で来ていたのだった。「あー笹王さんだー。」オープニングのバンドが知り合いだとのことで、最初から来ていたらしいしぇー子はすでに酔っ払っており、何杯目かであろうジントニックの入ったプラスチックのカップを片手で危なげに持ち、もう一方の手で、親しげに俺の腕に触れてきた。バーカウンターにもたれながら、曲に合わせてゆらゆら体を揺らすしぇー子の姿をチラチラ気にしながら、友人のバンドのステージを見終え、楽屋への挨拶もそこそこに、俺はフロアのしぇー子を捕まえるとライブハウスから連れ出し、タクシーに乗り込んだ。しぇー子はあっさりと、再び俺の家までついてきた。

 家に着くやいなや、部屋の中央のセミダブルベッドの端にしぇー子を座らせ、キスをした。柔らかい唇の感触と、髪の匂いで薄れかけていた前回の記憶が蘇った。舌を入れようとすると、するっと唇を離され、「あたし着替えたい。」としぇー子が言った。俺はまた Tシャツとスウェットを持ってくると、T子に渡した。T子は、前回のように着替えに行くのが面倒なようで、「向こう向いててね」と言いながらその場で着ていたサマーセーターを脱ぎ、ブラジャー姿になってTシャツをかぶった。その状態でブラジャーを外そうとしたが、酔っ払ってうまく外すことができず、体の半分ほどのところで引っかかったTシャツの下から白い大きな乳房とピンク色の形のいい乳首がまろび出た。「しぇー。おっぱい見えた?」と言いながら例の下がり眉で俺の方を振り返ると、恥ずかしそうにシーツの間に潜っていった。そしてシーツの中にスウェットを引っ張り込むと、しばらくもぞもぞしたのち、履いていたジーンズをシーツの外に出した。

 俺もシーツに潜ると、しぇー子の体を思い切り抱きしめた。「しぇー、苦しいよ」という口を俺の唇で塞ぐ。再び舌を入れようとするが、しぇー子は歯を食いしばってそれを許さなかった。

「だめ。」

「なんでだよ。」

「眠いし、酔っ払ってるし。そういう気分じゃないし。」

「俺がこういうことするのわかってただろ。なんでうちまでついてきたんだよ。」

「うーん、なんでだろ。あたし笹王さんち好きかも。」

「なんだそれ。俺本人のことは好きじゃないの?」

「まだわかんない。」

 しぇー子の眉が下がった。やっぱりこの女は俺を翻弄しようとしている。俺はしぇー子から体を離した。
 二人ともしばらく黙っていたが、やがてしぇー子が口を開いた。

「ねえ、お話して。こないだみたいに。」

「眠いんじゃないのかよ。こないだも寝てたじゃんかよ。」

「ちゃんと聞いてたよ、こないだ。」

「うそつけ」

「聞いてたよ。性欲の強い王様が、海に向かってオナニーして、それを人魚達が見てて、産卵して。王様も潮吹いて。」

「…聞いてるな。」

「面白かったよ。ねえ、だから、またお話してよ。」

 しぇー子は体の向きを整えるように仰向けになると、シーツを肩の上まで引っ張り上げ、絵本の子供が眠るような姿勢になって、目をつぶった。

 俺はしばらく考えたのち、話を始めた。

 あるところにクリトリスが二つある女がいました。

 女は下腹の茂みのさらに下、サーモンピンクの肉襞に挟まれた洞穴の上方に、新芽のように小さく垂れ下がった肉色の突起を持っていましたが、その洞穴を挟んだ反対の岸にも、合わせ鏡のように、同じ形の突起をもう一つ、持っていたのでした。女の友人たちは口々に言いました。「あたしとかって、クリでイクの大好きなんだけど、サチコは二つもあるんだから、きもちーのも倍なんじゃないの? それって超うらやましい!」 けれども、友人たちの予想に反して、女はその悦びをずっと得られないでいたのでした。

 寝付かれない夜に、股間に手を伸ばし、パンティ越しにその部分を指でなぞることもありました。そうしていると足の間からだんだんと体が熱くなっていくのを感じ、二つの突起が次第に硬くなって、その間からこぼれる液体がパンティを徐々に湿らせていくのも感じました。しかしその昂りもある程度まで来ると霧消してしまい、絶頂まで達することはありませんでした。何人かの男とベッドを共にしたこともありました。しかし男たちは、彼女がはっきりと態度には見せないものの、そのつど儚い期待を持って行為に臨み、そしてその期待はやはり叶えられず落胆していく様を、微妙に感じ取り、自分の無力を恥じて女のもとを去っていくのでした。

 ある日、酒場で女は、一人の青年と出会いました。青年は女に興味を持ち、女の部屋にやってきました。女はこの男も自分に悦びを与えてくれることはないだろうと半ば諦めつつ、青年に体を任せました。青年は女の下着を脱がせると、女の細い首筋や肩、小ぶりながら形のいい乳房や、ピンク色の乳首、白い腹に小さく切り込まれたような臍に、順々に唇を這わせました。青年の唇が、女の足の間まで降りてきたとき、「おや、これは…」と、青年が口を開きました。

「そうなの、あたしのそこ、ヘンでしょ?」

「うん、珍しいね。でも僕は君みたいな女性を探していたんだ。いや、そうじゃなくてむしろ、君のほうが今まで、僕のような男を待っていたんだよ。」

 そう言うと青年は女の二つの突起を代わる代わる唇で愛玩し始めました。男の唇や舌の動きは、丁寧で上手だとは思いましたが、今まで女が出会った男たちのそれと、さほど大きく変わるようなものではないように思えました。それでもある程度は条件反射のように、二つの突起は次第に競い合うように、こりっと硬さを増していき、その間をつなぐ穴から少しずつ溢れていく雫が、青年の唾液と混じって太ももを濡らしていくのを感じました。

 男は体勢を変えると女の手を取り、自分の股間に運び、もう既に上を向いて反り返っているそれを握らせました。女が恐る恐るそれに触れた時、痩せた体の割には逞しいその太さより何よりも、ほとんど弾力を持ってないような、その硬さに驚きました。

「すごく硬い」

「そうだよ」

「まるで…金属みたい。」

「金属みたい、じゃなくて、僕のは…金属なんだよ。鋼鉄なんだ」

 そう言うと、青年は女の足の間に座り直し、その鉄の棒を女の下腹の茂みに当てました。太くたぎった先端が女の、上の突起に軽く触れました。

「待って、つけて。」

「つけてって何を?」

「ゴム。」

「駄目だよ、ゴムなんかつけたら、…電気が通らないだろ。」

 そう言うが早いか、青年はその硬い棒を、するっと女の中に滑り込ませました。女の体の奥までいきなりそれは届き、下半身全体が内部から強く圧迫されるような感覚が女を包みました。が、その瞬間、何よりも驚いたのは、女の二つのクリトリスの、上の突起から強い電流が放たれ、男の鉄棒を伝って下の突起に流れていったことでした。電流はそのまま女の全身を走り抜け、それを自覚するやいなや、女の体は痙攣し、青年の体の下でしなやかな体が、何度か大きく跳ねました。「あっ…あっ、…あ…あ…ああっ!」それは今までに味わったことのないような快感でした。電流は何度も女の身体を貫き、やがて女は失神しました。

 気がつくと、青年は隣でにこにこ笑っていました。青年は言いました「結婚しよう。」

 女は青年と結婚しました。若い夫婦は、毎日だと疲れるので、週に二度くらいセックスをしました。いつも正常位で交わりましたが、一度思い立って、後ろからしてみましたが、うまくいきませんでした。プラスとマイナスがあるみたいで、向きが逆だと良くないようです。半年くらい幸せに暮らしてましたが、やがて別の男が現れて、女を奪って行きました。その男のペニスが銅でできていて、そっちのほうが伝導率がずっと良かったからでした。そういう知識もついてきた女は、銅の男に抱かれながら、どこかにいるであろう、さらに伝導率のいい、銀の男のことにも思いを馳せるのでした。

 しぇー子はもう寝息を立てていた。俺は喉が渇いたので、一度ベッドから降りて水を飲みに行き、またベッドに戻って目をつぶった。

--続く--

 

■バーキン滝沢
ライター。3度の飯より占いが好き。牡羊座、四緑木星の水星人マイナスです。

■河井克夫
漫画家、イラストレーター。官能小説の挿絵を描くのが夢だったので、ご指名いただいて光栄です。近著「女神たちと」「久生十蘭漫画集」(ともにKADOKAWA刊)



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

【官能小説】セミダブル千夜一夜/第二夜 両極クリトリスの女と硬いペニスの男のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!