ミシェル・オバマが出したトランプへの挑戦状~”Girls” のために闘う

「オバマ大統領センターの可能性にワクワク。バラクと私は心から気にかけている諸問題を支援し続けます、女の子への教育も含めて」ミシェル・オバマ

 米国時間の5月3日、「オバマ大統領センター」の建設計画が発表された。アメリカでは引退した大統領の多くが、その名を冠した図書館を建設する。実際には図書館以上の多機能を備えた施設で、オバマ夫妻の地元シカゴに建てられるセンターもバラク・オバマ大統領の功績をデータベース化したリサーチ図書館、博物館、教育スペース、講堂などを含む3つのビルの複合体、かつ周囲は大きな公園の一大センターとなる。

 この発表会に夫バラクと共に参加した元ファーストレディ、ミシェル・オバマが、その日におこなったツイートが先のものである。このツイート、実はトランプ政権への挑戦状なのだった。

 センター発表会に2日先立つ5月1日、トランプ政権はミシェルがファーストレディ時代に立ち上げた開発途上国の女生徒教育支援プログラム「Let Girls Learn」(女の子たちを学ばせよう)を即時停止するとの内部通知を出した、とCNNが報じた。職員への手紙には「”Let Girls Learn”の名称使用を停止せよ」とも書かれていたとされる。

 「Let Girls Learn」はミシェルが2015年に始めた世界規模のプログラムだ。貧しい開発途上国では子供、特に女子の教育が阻害されている。政府に十分な教育資金が無いこと、女の子は家事や弟妹の世話、または家業の手伝いで学ぶ時間が無いことに加え、「女の子に教育は要らない」とする風習も根強い。

 したがって「Let Girls Learn」は米国からの莫大な資金提供だけでなく、相手国の政府の承認を得た上で現地の風土を知る人材を育て、例えば女の子の両親に教育の必要性を説き、入学を承諾させることから始めなければならない大変なプロジェクトだ。ミシェルはこの活動に没頭し、ファーストレディ引退時にはアフリカ、中東、南米、アジアの計50カ国以上を対象に総額10億ドルの投資が実行/予定されていた。

◎教育で女生徒をエンパワーメント

 トランプ政権は今、オバマ元大統領の名を冠する医療保険制度「オバマケア」撤廃に血道を上げている。「アフォーダブル・ケア・アクト(ACA)」という正式名称があるのだが、法案提出時に共和党がオバマ大統領と法案を見下し、「オバマケア」と呼び始めた。ところがその名称がバラク・オバマの遺産となってしまい、今や撤廃に必死なのだ。同様にミシェルのトレードマークとも言える「Let Girls Learn」と、後半で述べる児童生徒の健康支援運動「Let’s Move!」の抹消をも図っている。オバマ夫妻の功績を根こそぎ無くしてしまおうとしているのである。

 ミシェルが女生徒の教育に熱心なのには理由がある。シカゴの労働者階級の家庭に生まれたミシェルは、貧しいこと、黒人であること、女性であることの不利さを教育と努力によって乗り越え、成功を掴んだ。ファーストレディになる前は上院議員だった夫バラクよりも高い年収を得ていたのだ。ただし、一流企業相手の弁護士では満足感を得られず、大病院と地域社会とのコネクションを取り持つ仕事に転職していた。ミシェルは当時から今にいたるまで社会、子供、教育に非常に強い関心を抱き、支援活動を続けているのだ。さらに今、ミシェルは2人の娘を持つ母親でもあり、娘たちに「女の子だから」という理由で夢を諦めなくて済む世界を提供しようとしている。

 ドナルド・トランプの大統領就任式が行われた1月21日をもってミシェルはファーストレディではなくなった。通常、任期を終了した大統領は即日、地元に戻る。しかしオバマ夫妻は二女サーシャが高校を終えるまでの2年間、ワシントンD.C.に留まることに決めた。昨年、高校を卒業した長女マリアは大学進学まで1年間の猶予を取り、その間に旅行やインターンなどさまざまな体験を積むギャップ・イヤーと呼ばれるシステムを利用中だ。今年の9月からは親元を離れ、両親の母校ハーヴァード大学に進む。いずれにせよ、就任式前はワシントンD.C.の高級住宅地に借りた邸宅への引越で多忙だったはずのミシェル。その後の動向はミシェルのツイッターから伺える。

◎ツイッターで宣戦布告

1月20日(就任式前日)
「素晴らしい8年間を終えて、ちょっと休憩を取ります。あなたたちが気付く前に戻ってくるけれど。大切な問題について共に働くために」(ホワイトハウスで黒人少女を抱き締めている写真をアップ)

2月14日
「ハッピー・ヴァレンタインズ・デイ。私の人生における愛(バラク・オバマ)と、大好きな島の友人たちへ」(バケーション先の南洋の島の砂浜で、砂にまみれた自分と夫の足の写真をアップ)

2月23日(黒人史月間)
「現在の私たちの夢を叶えてくれた人たちを覚えておきます。決して忘れない。彼らの遺産を讃えることを決して止めない」(白人専用/黒人専用と書かれた部屋の前に立つ写真をアップ)

4月25日(ビヨンセが女子大生への奨学金提供を発表したことについて)
「ビヨンセ、あなたのパワフルな貢献にいつも触発される。あなたは私たちのロールモデル。女の子たちへの投資、ありがとう」

 上記のツイートの合間にはあちこちの学校を訪れ、女生徒をハグしたり、または生徒とディスカッションする写真がアップされている。5月に入ると「大学進学登録キャンペーン」に参加し、全米各地を回って高校生に進学を促す様子がツイートされている。

 そして5月12日。ミシェルが2010年に立ち上げた児童生徒の健康促進キャンペーン「Let’s Move!」を継承するために設立され、ミシェルが理事会長を務める「PHA – Partnership for Healthier America」のサミットが開催された。その日、ミシェルは以下のツイートを行った。

「PHAサミットに戻れて嬉しい。子供たちの健康問題に誰も政治を持ち込むべきではない。私たち(大人)は子供に借りがある。私たちの声を届けよう」

 このツイートもまた、トランプ政権への批判であり、挑戦状だった。政権が「Let Girls Learn」停止の文書を出した同日、農務長官がインディアナ州の小学校を訪れ、「Let’s Move!」のうち、学校給食の質の向上を図った「全米給食プログラム」の内容を緩和すると発表した。アメリカの肥満率の高さは知られるところだが、それは児童生徒にも及んでいる。「全米給食プログラム」は給食メニューのカロリー、糖分、塩分を減らし、全粒粉、フルーツ、野菜を増やすことを定めている。しかし、これはかつてのジャンクフードのような給食よりもコストがかかる。現政権はミシェルの遺産抹消と予算削減のためにプログラム緩和策を決定したのだった。だが、ミシェルはすでに「PHA」で「Let’s Move!」と同様のキャンペーンを開始している。

 ファーストレディではなくなったミシェル・オバマだが、その影響力は今もまったく衰えていない。多くの一般市民と子供たちはミシェルを尊敬し、NPOがミシェルの信念を具体化するために活動し、企業が活動資金の拠出を行っている。バラク・オバマは歴史に名を残す大統領となったが、ミシェル・オバマもまたその名を永遠に語り継がれる名ファーストレディとなったのである。

■堂本かおる
ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ミシェル・オバマが出したトランプへの挑戦状~”Girls” のために闘うのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!