仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

エド・はるみ、「私は正義感の強い人間なので」発言に考えるテレビから消えた本当の理由

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「私は正義感の強い人間なので」エド・はるみ
『エゴサーチTV』(Abema TV、5月20日)

 芸能人という仕事は、売れないとつらいが、売れた後にジリ貧になっていくのはもっとつらいんじゃないかと思うことがある。

 例えば、2008年に親指を突き立てた「ぐぅ~」のギャグでブレークしたエド・はるみ。最近では、スポーツクラブのRIZAPで18キロのダイエットに成功し、「ぐぅ~」のポーズを取りながら痩せた肢体を披露しているが、全盛期と比べると確実にテレビで見かける回数は減っている。エドはその原因を、ネットに書き込まれた“間違った情報”により、好感度が下がったからと考えているようだ。

 14年に出演した『ナイナイアンサー』(日本テレビ系)で、エドは“風評被害”の1つである「ANAのキャビン・アテンダントとのトラブル」について釈明した。極度の寒がりにもかかわらず、予約してあった席が空調の真下であることに気付いたエドは、キャビン・アテンダントに「ほかの席に替えてもらえないか?」と頼むが、「ありませんけど」と断られてしまう。納得できないエドが違うキャビン・アテンダントに、もう一度座席の交換を頼むと、実際は空席が多く、すぐに違う席を用意してくれたという。エドは最初に声をかけたキャビン・アテンダントに「席、空いてましたよ」と話しかけたところ、「はぁ?」と返されたそうだ。

 それからしばらくして、エドは「エド・はるみ許すまじ」というネットの記事を見つけてしまう。キャビン・アテンダントの座談会方式の記事には、エドが「空調を止めろ」「なんでできないのよ!」と怒鳴る迷惑な客であったと書かれており、この記事をきっかけに身に覚えのないデマが多発、ついにはネットで死亡説まで出たことから、エドは弁護士を通じて、誹謗中傷行為には法的措置で対抗していくことを発表したのだ。

 ちょっと、方向性がズレてるのでは、というのが私の意見である。

 エドは、“好感度が下がると、テレビに出られない”“だから、きちんと真実を釈明しなくては”と思っているようだ。しかし、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「好感度低い芸人」という回があったように、好感度が低いとテレビに出られないということはない(そして、この回の出演者は、キングコング・西野亮廣、品川庄司・品川祐、陣内智則、ピース・綾部佑二、スピードワゴン・井戸田潤、ジャルジャル・福徳秀介など、テレビでおなじみの人気芸人である)。

 視聴者が番組に望むことは「面白いこと」であり、番組制作者が求めているのは「視聴率を稼げるような面白いことができる芸人」である。となると、法に触れなければ、芸人は品行方正である必要はないということだ。上述した芸人たちは、好感度は低いかもしれないが、好感度が低いことから、新たな“面白さ”を生みだす力がある。エドがテレビに出られないのは、「ぐう~」に変わる新しいネタを見つけられない、つまり単に「面白くない」からなのではないだろうか。

私の「姑にしたくないタレントNo.1」に躍り出たわ

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

エド・はるみ、「私は正義感の強い人間なので」発言に考えるテレビから消えた本当の理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!