その他

野村周平が『サクラダリセット』舞台挨拶で“逆ギレ”!? プロモーション不足に「売る気あんのかな」

 俳優の野村周平が13日、都内で行われた主演映画『サクラダリセット 後篇』の舞台あいさつに出席した。

 河野裕氏の同名小説が原作の本作は、記憶保持能力を持つ高校生・浅井ケイ(野村)ら、さまざまな能力者たちが暮らす街・咲良田を舞台に描かれた青春ミステリーで、3月25日に前篇が公開。ドラマ・映画と引っ張りだこで若い女性に人気の野村主演とあって、それなりの興行成績が期待されたが……。

「野村のほかにも黒島結菜、平祐奈ら、各事務所期待の若手が出演。女子中高生を中心に集客が期待されていたが、公開初週の興行成績ではトップ10にも入らず。通常、2部作の場合、後篇の公開開始とかぶるように前篇の公開を引き延ばして、あわよくば前後篇の“一気見”での観客動員を狙うもの。ところが、『サクラダ』の場合、前篇にまったく客が入らなかったので、4月中に公開劇場がゼロになってしまった」(映画ライター)

 そんな中、迎えた後篇初日。続編について話題が上がると、野村は「(興行収入)300億円を超えたら続編をやります。次はハリウッドでお待ちしています!」と宣言し、会場を盛り上げたが、半ば“逆ギレ”気味だったという。

「野村といえば、出演中の『帝一の國』が大ヒット公開中だが、同作はフジテレビ製作のため、大々的にプロモーションが行われた。それに比べ、『サクラダ』はプロモーションらしいプロモーションが行われず。野村は周囲に『本当に売る気あんのかな?』と愚痴っていたというが、野村が危惧する通り、惨憺たる結果に。興収は300億円どころか、前後篇合わせて3億円程度にとどまりそうだ」(映画業界関係者)

 後篇公開初週の興行成績ランキングでも、トップ10入りはならず。前篇同様、早々に公開が打ち切られることになりそうだ。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

野村周平が『サクラダリセット』舞台挨拶で“逆ギレ”!? プロモーション不足に「売る気あんのかな」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!