2017年4月期ドラマのワースト&ベスト

ジャニーズドラマが不振、天海祐希『緊急取調室』がトップ独走! 春ドラマ初回視聴率ランク

2017kintori
『緊急取調室』(テレビ朝日系)公式サイトより

嵐・相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)や、KAT‐TUN・亀梨和也と山下智久が共演する『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)など、注目作が多い2017年の春ドラマ(午後8~10時台)。強豪揃いの中、初回視聴率でトップに輝いたのは17.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得した天海祐希主演『緊急取調室』(テレビ朝日系)だった。

 2014年1月期に第1シーズンが放送され、その初回は12.5%を記録した『緊急取調室』。密室の取調室を舞台に、天海演じる刑事・真壁有希子と犯人らの攻防を描く作品で、今回は前シーズンの最高値(第3話16.1%)を上回る滑り出しとなった。15年9月に放送された『ドラマスペシャル 緊急取調室~女ともだち~』も14.6%をマークしていた人気作だけに、このまま全話平均ランキングで1位を獲る可能性もありそうだ。

 ベスト2位もテレビ朝日ドラマで、14.5%を記録した内藤剛志主演の刑事ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』。12年から2時間の「土曜ワイド劇場」枠で5作が放送された後、昨年4月期に連ドラに昇格。内藤はヒラの刑事からはい上がった“たたき上げ”の捜査一課長・大岩純一を演じ、今回からその大岩の運転を担当する若手刑事(刑部公平)として、田中圭が新レギュラーとなった。

 さらに、ベスト3位も同じく“刑事モノ”で、初回13.9%の『CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~』(フジテレビ系)。警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班に所属する主人公・稲見朗(小栗旬)や田丸三郎(西島秀俊)らが、国家転覆をたくらむテロリストや新興宗教団体、政治的案件に立ち向かうアクションエンターテインメント作品。小栗と西島は1年前からアクション訓練を受けるなど力の入った作品で、第2話(4月18日放送)は11.2%にダウンしたものの、低迷するフジの中では健闘を見せている。

 ベスト3位に作品が食い込んだ一方、フジの他作品は苦戦を強いられている。桐谷美玲が主演を務め、水川あさみやブレイク中のピン芸人・ブルゾンちえみが出演する『人は見た目が100パーセント』は、初回9.5%でワースト3位。原作は女性コミック誌「BE・LOVE」(講談社)で連載中の、大久保ヒロミ氏による同名コミックで、「女子力ゼロの理系女子(リケジョ)」が“美”を追求していくラブコメディだ。4月20日放送の2話は6.4%にまでダウンし、全話平均ランキングでもワースト入りが確実視されている。

◎フジがワースト2作品入り
 ワースト2位は、観月ありさ主演でKis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔も出演する『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)。初回は前クールの小雪主演『大貧乏』の7.7%を下回り、6.9%というスタートを切った。『櫻子さん』は小説投稿サイト「エブリスタ」で掲載された太田紫織氏のウェブ小説が原作で、「三度の飯より骨が好き」というプロ標本士・九条櫻子が、自身の知識や鋭い洞察力を駆使し、難事件を解決に導くストーリー。藤ヶ谷は、自然の森博物館に勤務する技術補佐員・館脇正太郎を演じているが、原作の設定は高校生のため、原作ファンから「設定が変わりすぎて、世界観が崩れている」など、批判が噴出している。そんな逆風の中で、今後数字を伸ばすことはできるのか。

 今期の初回視聴率最下位は濱田岳&西田敏行が共演する『釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~』(テレビ東京)で、初回2時間スペシャルは6.8%を記録した。西田と故三國連太郎コンビの映画が人気を博した『釣りバカ』のドラマ版で、15年10~12月のSeason1は初回10.8%と2ケタだったものの、今回は大幅に下落。Season1は、全8話の平均が7.9%(算出方法:全話合計÷放送回数)と、テレ東のドラマにしては高数字を出しており、今後の巻き返しに期待したいところだ。

◎振るわないジャニーズドラマ
 また、相葉主演の月9『貴族探偵』(フジテレビ系)は、武井咲、中山美穂、仲間由紀恵ら豪華キャストを揃えるも、初回11.8%で6位となった。2話(4月24日放送)は8.3%に急落し、早くも暗雲が立ち込めている。前クールの西内まりや主演『突然ですが、明日結婚します』は5.0%の最低記録を出し、月9史上初の大惨敗を喫したが、『貴族探偵』で“月9ブランド”は復調できるだろうか。

 このほか、今期はジャニーズタレントの出演作が多数揃っている。沢尻エリカが主演を務め、Hey!Say!JUMP・中島裕翔と関西ジャニーズJr.の道枝駿佑が出演する『母になる』(日本テレビ系)、藤原竜也主演でKis‐My‐Ft2・玉森裕太がメインキャストに名を連ねる『リバース』(TBS系)と、V6・井ノ原快彦が出演する『警視庁捜査一課9係 season12』(テレビ朝日系)は、いずれも初回10~11%台だった。どの作品も数字の変動もさることながらストーリーの行方から目が離せない展開となりそうだ。

【2017年春ドラマ(午後8~10時台、民放5局)初回視聴率一覧】

1位『緊急取調室』(テレビ朝日系・木曜午後9時) 17.9%
2位『警視庁・捜査一課長 season2』(テレビ朝日系・木曜午後8時) 14.5%
3位『CRISIS~公安機動捜査隊特捜班~』(フジテレビ系・火曜午後9時) 13.9%
4位『小さな巨人』(TBS系・日曜午後9時) 13.7%
5位『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系・土曜午後10時) 12.0%
6位『貴族探偵』(フジテレビ系・月曜午後9時) 11.8%
7位『警視庁捜査一課9係 season12』(テレビ朝日系・水曜午後9時) 11.5%
8位『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系・日曜午後10時30分) 11.2%
9位『あなたのことはそれほど』(TBS系・火曜午後10時) 11.1%
10位『母になる』(日本テレビ系・水曜午後10時) 10.6%
11位『リバース』(TBS系・金曜午後10時) 10.3%
12位『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系・木曜午後10時) 9.5%
13位『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系・日曜午後9時) 6.9%
14位『釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~』(テレビ東京・金曜午後8時) 6.8%

 

『貴族刑事』に早いことテコ入れしてみる?

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ジャニーズドラマが不振、天海祐希『緊急取調室』がトップ独走! 春ドラマ初回視聴率ランクのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズフジテレビ視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!