映画『作家、本当のJ.T.リロイ』主演ローラ・アルバートさん、インタビュー

「SNSで自分を装うことは、安心感にも中毒にもなる」世界を騙した“天才作家”が嘘をついた理由

虐待され、精神が解離したことでJ.T.リロイは生まれた

――別名で小説を発表することは、作家として珍しいことではありませんが、なぜペンネームだけでなく、「J.T.リロイ」を実在の人物として創り上げたのですか?

ローラ 70年代のアメリカでは、児童虐待の話などは、あまり公にならなかったんです。映画でも語っているように、私はずっと虐待を受けており、そのことを人には言えませんでした。でも、学校で同じような虐待を受けている子の話を聞くことがあり、それが金髪で青い瞳の、きれいな男の子だったのです。一方、私は太ったユダヤ人の女の子。私みたいな子は、虐待されても誰も助けてくれないんだと思い込んでいました。

 そんなときに、私の心の中に金髪で青い目の男の子が出て来たのです。虐待を受けた子どもにありがちな精神の解離が、私の中で起こったのですね。私なりに助けを求めていたのですが、誰も助けてくれなかったから、私は自分の中にいるその男の子に、虐待の事実を語りました。私は性同一性障害ではありませんが、その男の子は確実に私の中に存在し、外に出たがっていたのです。そのときに、私のそばに元夫の妹サバンナがいたので、「男の子」は彼女のボディを借りることにしました。

――ローラさんの心の中にいる男の子が、サバンナさんの体を借りていたのですね。でも、サバンナさんをJ.T.リロイとして演出していたのはローラさんですよね。

ローラ そうです。最初はしゃべり方の指示を出して、練習もしていました。でもそのうち、私の心の中にいたJ.T.リロイが、少しずつサバンナに移っていくような気がしました。そしてサバンナは、私が指示しなくても、リロイとして自然に話せるようになっていったのです。不思議なことに、男性のようにヒゲまで生えてきたんですよ。これは私だけじゃなく、メーキャップアーティストも語っていました。体形も変わり、生理もこなくなり、サバンナは自分が同性愛者であることをJ.T.リロイになって知ったのです。

 私自身のセクシュアリティは、虐待を受けたときに失い、私にとってセックスは意味のないものになっていました。そんなふうになってしまうのだから、やはり虐待は人の心と体に大きなダメージを植え付けるものなのです。その虐待の痛みもJ.T.リロイに現れ、サバンナは自分のスピリットに語りかけるだけで、J.T.リロイとして存在できるようになった。まるで憑依したようでしたね。

10年も騙し続けるなんて、それも才能かも

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「SNSで自分を装うことは、安心感にも中毒にもなる」世界を騙した“天才作家”が嘘をついた理由のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! インタビュー映画虐待のニュースならサイゾーウーマンへ!