映画『ぼくと魔法の言葉たち』ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督インタビュー

ゲイで黒人の自分も「そういう存在」だから――はみ出し者が扉を開く映画『ぼくと魔法の言葉たち』

ゲイで黒人の自分も「そういう存在」だから――はみ出し者が扉を開く映画『ぼくと魔法の言葉たち』の画像1
ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督

 映画『ぼくと魔法の言葉たち』(2017年4月8日公開)は、自閉症の少年・オーウェンが自立する姿を追い駆けたドキュメンタリー作品だ。2歳のときに自閉症により、言葉を発しなくなったオーウェン・サスカインド。そんな彼が、ある日、大好きなディズニーアニメーションのセリフを発し、そこから心の扉を開いていく。自閉症の彼を、実にユーモラスに愛情いっぱいに映し出した本作を作り上げたのは、デビュー作『Music by Prudence』で、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したロジャー・ロス・ウィリアムズ監督。来日した監督に、オーウェンとの日々、自閉症の堅い扉を開くまでのこと、自身が乗り越えた疎外感について語っていただいた。

■社会からはみ出した人物を撮るのは、自分もそういう存在だから
――自閉症の少年が青年へと成長していく本作は、涙涙の感動作というより、オーウェンの楽しいキャラクターのおかげで、ユニークな青年の映画になったと思います。もともとオーウェンの父親(ロン)と知り合いだったそうですが、この作品はそこからスタートしたのでしょうか。

ロジャー・ロス・ウィリアムズ監督(以下、ウィリアムズ) ロンは長年の友人で、彼はピューリッツァー賞作家でもあります。彼がオーウェンについて書いた『ディズニー・セラピー 自閉症のわが子が教えてくれたこと』という本があるのですが、この本の執筆中に僕はオーウェンとディズニーアニメーションの関係を彼から聞いて「これは映画になる」と思いました。撮影当初、僕には自閉症の知識もなく、オーウェンとどう接していいのか戸惑ったのですが、彼と長い時間一緒にいるうちにわかったんです。自閉症は障害ではなく、個性、人との相違なのです。

――監督は社会からはみ出した人物を映画のテーマに取り上げることが多いですが、それはなぜでしょう。

ウィリアムズ 僕は、自分もその仲間だと思っているからです。ゲイで黒人の自分もそういう存在だと思っていましたし、オーウェンと同じように幼いときは疎外感がありました。オーウェンは幼少期、まったく話せなかったのに、ディズニーアニメーション『リトル・マーメイド』のセリフをつぶやいたことをきっかけに、外への扉が開かれます。僕の場合は、物語を綴ることでしたね。物語作りに関してはアクティブな想像力を発揮して、子どもの頃から短編を書いていましたし、作文の授業は大好きでした。ストーリーテリングをし続けてきたことが、創造力の訓練になり、クリエイティブな筋肉がついたと思います。そして、オーウェンはストーリーを読むエキスパート。ディズニーの寓話を介して世界、生き方を読み取っているんです。

――ディズニーを通して世界、生き方を読み取るというのは、具体的にどういうことでしょう。

ウィリアムズ 僕はオーウェンほどディズニーアニメーションに詳しくはないし、影響は受けなかったけど、それでもポピュラーな作品はいくつか見ています。ディズニーの物語は基本クラシックな寓話で、それらを現代風にアレンジしてアップデートしているのです。ストーリーの基本は、人と人をつなげている“もの”で、オーウェンはそこで外の世界とつながったんですよ。最初は人と直接かかわることはなかったけど、ディズニーアニメーションのセリフを覚えて、それを介してコンタクトを取れるようになっていったんです。ディズニーの世界を介して人生を掴みとったというのは、そういうことです。

 映画を見ていただくとわかるのですが、彼はガラリと変わります。そして青年になった今、彼はご両親が驚くほど社交性が出てきました。この映画はアカデミー賞ドキュメンタリー賞の候補になり、私とオーウェンは授賞式のレッドカーペットを歩きましたが、全然人と話せなかった彼が、いまやレッドカーペットでスポットライトを浴びて、インタビューで話せるくらいになったんですよ(笑)。

――自閉症の子どもとの接し方に悩んでいる人には、オーウェンと家族の姿に、そのヒントがありそうな気がします。

ウィリアムズ ありますね。サスカインド夫妻はいいお手本になると思います。最初、オーウェンが自閉症になり話せなくなったとき、父親のロンは悩み「まるで息子が誘拐されてしまったような気持ちだ」と語っていました。でも、夫婦は諦めなかった。特にオーウェンの母親・コーネリアスは、ずっとオーウェンに付き添って、彼とつながる方法を探し続けた。そして彼女はディズニーアニメに気付いたのです。

 一番大切なのは、自分たちのいる世界にオーウェンを戻そうとせず、彼のいるディズニーアニメの世界へと入って行ったことです。一緒にセリフで会話をしたりして、ディズニーアニメの世界の住人になった。だからオーウェンはディズニーを介して扉を開けることができたのです。

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

ゲイで黒人の自分も「そういう存在」だから――はみ出し者が扉を開く映画『ぼくと魔法の言葉たち』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!