きれいな人ですがね……

顔を前髪で隠すシーアが『セサミストリート』に顔出しで出演するも、ネットでは微妙な反応……

顔を前髪で隠すシーアが『セサミストリート』に顔出しで出演するも、ネットでは微妙な反応……の画像1
何度見てもギャグにしか思えないシーアの帽子姿

 アルコールに依存する女の切ない心のうちを描いた名曲「シャンデリア」(2014)がメガヒットとなり、一躍スーパースターの仲間入りをしたシンガーソングライターのシーア。オーストラリア出身の彼女は1990年代から音楽活動を始め、これまで数多くの名曲を生んできた。11年に発売されたEDMのカリスマDJ、デヴィッド・ゲッタの5thアルバム『Nothing But the Beat』に収録の、彼女が作曲・熱唱する「Titanium」はYouTubeで6億を超える再生回数を誇る。ビヨンセ、リアーナ、ブリトニー・スピアーズ、ケイティ・ペリーらに楽曲を提供するなど、業界からも高く評価されている存在なのだ。

 シーアがソロアーティストとして世界から注目されるようになった「シャンデリア」のミュージックビデオには彼女自身は登場しておらず、当時11歳だった天才ダンサー、マディ・ジーグラーがプラチナブロンドのおかっぱカツラをかぶり、シーアの世界観を表現するという内容に仕上がっている。

 シーアはこの「シャンデリア」を機に、前髪が長く伸びたカツラで顔を隠すようになり、パフォーマンスする際にはステージの隅っこで歌い、中央はプラチナブロンドのカツラをかぶったダンサーに譲るというスタイルが定番になった。突風などのハプニングで顔出ししたことはあるが、14年以来、メディアに登場するときもグラミー賞でさえも顔を隠し、大きな話題となっている。

 その理由を、「たくさんのポップスターたちと仕事をしてきて、みんなどれだけ大変な生活をしているのか知ってる。私はそんなふうになりたくない」「それに、ネットとかで外見をあれこれ言われるのがイヤだから」と説明。米ABC局のインタビューでは、「ディスカウントスーパーで買い物をしていた際、店内に自分の曲が流れたが誰にもシーアだと気づかれることなく“やったー!”と思った」と告白。顔出しNG路線を貫き通すことをあらためて決意した、と明かしている。

 そんなシーアが、長年子どもたちに愛されて来たマペット番組『セサミストリート』に出演。堂々と顔を出し、「歌うことの素晴らしさ」を表情豊かに熱唱したのだ。

みんなのお母ちゃん、土屋太鳳がシーアだと思ってるから教えてあげて

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

顔を前髪で隠すシーアが『セサミストリート』に顔出しで出演するも、ネットでは微妙な反応……のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!