いわくつきの女子アナが

“不倫セックス写真流出”疑惑の女子アナが報道番組キャスターに! 局内から「おかしい」の反発

mxmxmxmxmxmx
TOKYO MX 公式YouTubeチャンネルより

 フリーアナウンサー・牧野結美が、4月よりTOKYO MXで月~金の帯レギュラーを務めることが決まったという。「キー局にはマネできない」キャスティングでおなじみのTOKYO MXだが、今回の起用に関しては、局内から疑問視する声が上がっているようだ。

 牧野アナといえば、2015年9月、「フライデー」(講談社)が報じた“不倫セックス写真流出”疑惑の女子アナではないかと以前より根強くささやかれている。誌面に実名は掲載されず、また顔にはモザイク処理が施されていたが、発売当日にはネット上で「牧野アナでは」とする書き込みが殺到した。

「結局、牧野はこの件について一切言及せず、レギュラー出演していた『めざましテレビ アクア』(フジテレビ系)は、翌年春をもって“卒業”という形に。その後、牧野は深夜バラエティ『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京)にレギュラー出演していますが、表向きに否定も肯定もしていないことから、メディア側もこの件には触れようとしません」(スポーツ紙記者)

 そんな牧野アナだが、4月からはTOKYO MXの看板ニュース番組『TOKYO MX NEWS』の新キャスターとして登板するという。

「3月末で数人のお天気キャスターが卒業するため、その後釜としてオファーがあったといいます。しかし、TOKYO  MXは過去に、不倫疑惑報道のあったアナウンサーを“卒業”させたことがあるだけに、『牧野アナの起用に前任者はどんな顔をするのだろうか……』と関係者はささやき合っているいるんです」(芸能プロ関係者)

 この“前任者”とは、昨年夏まで同番組キャスターだった石井希和アナ。既婚者だった石井アナは、同年7月に「フライデー」で不倫疑惑を報じられ、同記事には、お相手男性との「車内キス写真」まで掲載された。

「石井は、『フライデー』発売の翌月、『一身上の都合により』番組を降板。その後、夫とも離婚しており、番組降板が不倫報道の影響というのは明らかでした。にもかかわらず、不倫に加え、ベッド写真まで掲載されたと疑惑を持たれている牧野が新キャスターに就任することに、局内からも『おかしいだろ!』という声が聞こえてきますよ。もし本当にあの『フライデー』が自分ではないとするのであれば、はっきりと表明すべきです」(同)

 以前から、数多くの“炎上タレント”を出演させてきたTOKYO MX。4月の人事は、果たして吉と出るのか凶と出るのか――。

「私じゃありません」って言ったもん勝ちじゃない?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“不倫セックス写真流出”疑惑の女子アナが報道番組キャスターに! 局内から「おかしい」の反発のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! アナウンサー女子アナ芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 福原愛は、なぜ急速に嫌われたのか?
  2. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  3. 木村拓哉、カンヌの行動が批判の的に
  4. 伊野尾慧、取材現場で散々な評価
  5. NEWS・手越、LINE流出疑惑で波紋
  6. 『昼顔』劇場版、前評判が「最悪」!?
  7. 葉加瀬太郎の口説き文句に出た身勝手さ
  8. さんま、小倉優子に“公開セクハラ”!?
  9. 『母になる』視聴者から脱落宣言?
  10. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  11. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  12. 宮沢りえ、仕事サボってデート!?
  13. 手越の「コネチケ」にファン激怒
  14. DV夫でも子どもに会えないのはつらい
  15. 山本裕典、遊ぶ金欲しさで復帰画策!?
  16. JUMP・伊野尾主演映画が微妙な動員数
  17. 「ガリクソンは闇金」告発者を実名暴露
  18. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  19. プウ美ねえさんが語るセックスレス
  20. ビオレの定番クレンジング3種のヤバイ点

ジャニーズの人気記事

  1. 伊野尾慧、取材現場で散々な評価
  2. 『ミになる図書館』5.7%の大爆死
  3. 木村拓哉、カンヌの行動が批判の的に
  4. 伊野尾慧、無礼キャラは限界?
  5. JUMP・伊野尾主演映画が微妙な動員数

カルチャーの人気記事

  1. DV夫でも子どもに会えないのはつらい
  2. ZARAに心も体も売った「GINGER」
  3. DV夫から逃げるためにシェルターへ
  4. スメハラの汗かき男と口臭上司についにブチ切れ! クサイのは向こうなのに、なんで私が悪者なの!?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. 怒られたジョージ王子がかわいすぎる
  2. モテ男・ドレイクの口説き方がえぐい!
  3. コリン・ファレル、陰毛処理を失敗
  4. ケイティ・ペリー、新曲MVが不評
  5. MCハマー、55歳でもキレッキレのダンス