SMAPと同じ構図だ! 櫻井翔 vs 松本潤の冷戦で、現実味を帯びた「嵐の解散」

 嵐・櫻井翔と松本潤の不仲説が3月2日発売の「週刊新潮」(新潮社)で報じられたことで、ファンが騒然となっている。嵐といえば、お互いの誕生日にはプレゼントを渡し合うなど、ジャニーズファンの間では“仲良しグループ”として知られていた。

「昨年11月26日の誕生日には、メンバー4人から日付が変わった瞬間にメールが来たという話を大野自身が今年1月のバラエティ番組でうれしそうに告白。SMAPが解散した際にも、“嵐だけは大丈夫”と、ファンもメンバーの絆を確信していました」(女性誌記者)

 ところが、新潮の記事によると、キー局の幹部が「櫻井と松潤の間には微妙な『空気』が流れています」とコメントするなど、抜き差しならない冷戦状態だというのだ。さらに、櫻井とテレビ朝日・小川彩佳アナウンサーとの熱愛が報じられ、ジャニーズが「友人」と事実上公認している対応を見せたことで、グループの解散危機に発展しているという。

「“そんなバカな”と思うかもしれませんが、その可能性は十分あり得ます」と、民放プロデューサーが続ける。

「松本と櫻井の関係は、SMAP解散直前の中居正広と木村拓哉にそっくりです。ジャニーズの容認は、すなわち櫻井と小川アナの“結婚”を意味します。ジャニーズには“結婚できるのはグループに1人”という暗黙の掟がある。実際、SMAPの不仲は木村だけが特別扱いされ、工藤静香と結婚したことから端を発しているといわれています。10年以上も井上真央と交際してきた松本は当然、櫻井の特別扱いに激怒。女遊びが大好きな二宮和也は、同じタイプの松本とはもともと仲が良く、中立だった相葉雅紀や大野も、さすがに今回ばかりは松本に付くしかない。つまり“4対1”の構図も、SMAPとまったく同じなんですよ。櫻井自身もアイドル業よりキャスター業に心が傾いていますから、“解散”もしくは“櫻井のみ脱退”というのも、実はかなり現実味のある話です」

 SMAP解散のときも、発覚当初はファンも「そんなバカな」と一笑に付したものだったが、嵐ファンは“最悪”も想定しておいたほうがよさそうだ。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

SMAPと同じ構図だ! 櫻井翔 vs 松本潤の冷戦で、現実味を帯びた「嵐の解散」のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  5. 『笑点』三平の回答がヤバイぞ
  6. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  7. デブのおばさんが吉原でソープ嬢に
  8. 芦田愛菜、入学式に謎の中年男性
  9. ダヴ洗顔は石けんよりマシ程度
  10. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  11. 皮膚科医が“顔ダニ恐怖症”に警鐘
  12. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  13. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  14. 佐々木希、結婚の意外な業界評
  15. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  16. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  17. 渡辺謙、「不倫謝罪会見」開かない裏側
  18. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 芦田愛菜、業界処世術を習得?

ジャニーズの人気記事

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  5. 相葉『貴族探偵』、撮り直しも苦境

カルチャーの人気記事

  1. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  2. 高島彩「Domani」で優等生発言
  3. 山辺節子がタイ人ホストにハマったワケ
  4. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  5. アントニオ猪木が元愛人と結婚!

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  4. ココ・オースティンのエロすぎるママライフ
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参