『東京タラレバ娘』レビュー

『東京タラレバ娘』で“説教芸”に興じる東村アキコは、愚かなお笑い芸人のようだ

 細部の詰めも甘く、単行本1巻ACT1では大卒の設定だった倫子が、「KISS」3月号に掲載された「番外編 ビフォータラレバ娘」では専門卒になっていたり、「ビオのシャルドネ」がどうのこうのと言っていた早坂が、7巻ACT23ではカヴァも知らない男に成り下がっていたりと、雑な仕事ぶりが目につく。

 これらの瑕疵が悪目立ちするのは、ひとえに本作においては東村先生の最大の武器であるギャグ要素が希薄であることが原因である。決して恋愛が描けない作家ではない。『ひまわりっ ~健一レジェンド~』や『主に泣いてます』(講談社)で見せた、恋する者の感動的な愚直さは、あのギャグの奔流の中でこそ描き得たものなのだ。ところが恋愛要素だけで勝負しようとすると途端に風景は寒々しくなる。これは同時連載中の『海月姫』にも言えることであり、ラブストーリーではないものの最近作の『雪花の虎』(小学館)や『美食探偵 明智五郎』(集英社)がぱっとしない一因でもある。

 女性差別的なセリフを乱発した不愉快な前半から、陳腐なラブストーリーを物語る退屈な後半へ。現在までのタラレバを要約するならばそういうことになるだろう。どちらがマシかと言えば作者の語り口が活きていたという点において前半ではあるのだが、それすらもまどろっこしいエクスキューズのせいで相殺されている。東村先生は一体何がしたいのだろうか。

◎「刺さる~」と言いたい人だけが読めばいい
 おそらく周囲が、読者が喜んでくれるからそうしているだけなのだ。結婚や恋愛に関して一貫した強いメッセージがあるわけではない。それは「おまけマンガ」で自ら述べているとおりである。では本編のあの言葉たちは何なのかと言えば、求められるからやっただけの(おそらくは『ひまわりっ ~健一レジェンド~』の副主任をルーツとする)説教芸なのだ。その様子もやはり「おまけマンガ」で言い訳されている。1巻では東京オリンピックが決まった直後に「結婚したい」と言い始めたという周囲の女性が、2巻では本作を読んで不安になったという女性芸人たちとの交遊録が(以前はこんなもの描く人じゃなかったのに……)、4巻や7巻では結婚したいと言う女性に道端で突然声を掛けられるエピソードが描かれている。いずれも「求められて仕方なくやった」という体だ。

金を出しても説教されたいのは寂聴だけ!

しぃちゃん



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『東京タラレバ娘』で“説教芸”に興じる東村アキコは、愚かなお笑い芸人のようだのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 『なんかおもしろいマンガ』ありますマンガのニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 浜崎あゆみに見る「メンタルの老い」
  2. 須藤凜々花を“卒業させざる得なかった”裏事情
  3. “不潔すぎて”ドン引きされた女性タレント
  4. クワバタオハラは、なぜ嫌われる?
  5. 須藤凛々花に「文春」が激怒中
  6. “過激なフェミニスト”アンバー
  7. 浜崎、神田沙也加、体形を叩かれる芸能人
  8. 安藤美姫、羽生の写真にアンチ爆発
  9. 小倉智昭の不倫報道否定に「気持ち悪い」
  10. 『やすらぎの郷』向井理の役はニノ!?
  11. 浜崎あゆみ『しゃべくり』にツッコミ噴出
  12. 高畑充希、箸の持ち方が「異様すぎ」!? AKB48、優木まおみら食事マナーに批判噴出の芸能人
  13. 桐谷美玲『人は見た目が100パーセント』爆死! 「都合のいい女優」としてフジに使い倒される?
  14. 波瑠の素顔は美都レベルの「豪腕」?
  15. キスマイ、天災で足止めにファン阿鼻叫喚
  16. おばたのお兄さんは有名な遊び人?
  17. 皇室ウォッチャーが吐露する、眞子さまのご婚約相手・小室圭さんへの不安
  18. 滝沢『こどもつかい』、初登場4位と地味な成績
  19. 『あなたのことはそれほど』自己最高で幕も……ラストが「男尊女卑」「結局不倫を美化」と非難轟々
  20. 『ボク、運命の人です。』最終回に酷評

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. キスマイ、天災で足止めにファン阿鼻叫喚
  2. 滝沢『こどもつかい』、初登場4位と地味な成績
  3. 『ボク、運命の人です。』最終回に酷評
  4. 元SMAPのパチンコ台リリース
  5. 滝沢『こどもつかい』、ジャニオタ的に大丈夫?

カルチャーの人気記事

  1. 『あなそれ』よりリアルな“ダブル不倫”の実態
  2. 堕胎後に妊娠・結婚した夫と3年で離婚
  3. 本当にあった“あなそれ不倫”の恐怖
  4. 「CLASSY.」が“叱られ”のススメ
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. “過激なフェミニスト”アンバー
  2. ジャネット・ジャクソンの離婚騒動
  3. ケイティ・ペリーが96時間生中継
  4. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  5. ブランディ姉弟をめぐる数奇な縁