今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

家庭に専念する堀北真希の「芸能界引退」に漂う不穏さ

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

2015horikitay
耕史もろくな男じゃなさそうだしな……

◎にじみ出る闇
 早くも、今年の流行語大賞候補となりつつある「芸能界引退」。逃げるように去る、何もかも放り出すなど、いろんなバージョンが見られる中、仕事も契約期間もきちんと筋を通し、家庭に専念したい、と理由もまた素晴らしい堀北真希から、何だか一番闇が強く感じられるのは何故。奇しくも時を同じくして、「目が笑ってない芸能人」というアンケートで第1位を獲得という皮肉。

 もう芸能界には戻らなそうな雰囲気に、山口百恵との類似性を報じているところもあるが。「引退」までの空気感がちょっとなぁ。事務所や芸能界に対する本人の「嫌悪感」が、これまでのどの引退よりも強く匂い立つ。静かなだけにより一層。

 ヒリヒリした空気の中「し、幸せにね……」と見送るしか術がない、堀北真希引退。今後、ここの夫婦のプライベート情報は、厳選されたものが香取慎吾からもたらされるのみとなるのかも。それも併せて、今んとこ、日本一のヒリヒリ物件。

◎風の便りで聞きました
 「宇宙葬」を報じるニュースで、『銀河鉄道999』(少年画報社)の作者として、宇宙との縁が深い松本零士センセイが、自身の爪をロケットに入れて飛ばしたい、と語る姿が報じられていたが。「葬」じゃないんだ、まだ。ま、森喜朗も、新国立の予定地に、自分の髪と爪を埋めたなんてうわさが囁かれているし。皆死ぬつもりゼロか。

 しかし松本零士センセイ、最近いろんな後発作品に対して、マッキーの時と同じテンションで「パクリだ!」「マネだ!」と噛みつきまくっているらしいが。うわさの話ばっかりですみません。1つだけ明らかなのは、とにかくホントに、皆死ぬつもりゼロってことだけだ。元気があれば何でもできるな。

◎ちゃんと確認してれば
 単なる単純ミスであったことが謝罪された、ドラマ『カルテット』(TBS系)の時間軸ズレてる問題。深読み損か。作品の繊細な雰囲気とそぐわない雑なドジに、ガッカリしたファンもいることだろう。

 だが時間軸がズレているといえば、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)もまた。第1話、初詣も終え、正月が過ぎた頃に青山外苑を歩く3人娘のバックに、黄金色に輝く、紅葉まっさかりの銀杏の木があって絶句したもんだが。ちょっと映ってるとかじゃなく、銀杏の木メインで画ヅラ考えたくらいのレベルで大写し。

 しかしこっちは誰からも深読みされず、ツッコミもなくスルーされていた。ラッキーなんだかアンラッキーなんだか。

mishuran

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

家庭に専念する堀北真希の「芸能界引退」に漂う不穏さのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 週刊ヒトコト斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!