40代に入ってすぐに表れた更年期症状、自縄自縛に陥ってもがいた5年。「もっと早く治療すればよかった」―美佳さん46歳

結婚15年目、子供はいない。夫とふたり暮らしの美佳さんは現在46歳で、フリーでwebデザインの仕事をしている。

 30代でフリーデザイナーとなった後も仕事は順調、家事との両立も問題なく、夜は大好きなお酒を夫や友人と楽しむ日常だった。だが40歳を迎えた頃、突如急激な体調の変化が美佳さんを襲う。けれども美佳さんは不眠をはじめとするあらゆる体調の変化を、すぐに更年期と結びつけることはできなかったという。「まさか。だって私まだ40代に入ったばかりなのに……」そんな思い込みから、なかなか婦人科の門を叩くことをせずに、ドクターショッピングをくり返してしまった。

 40歳をこえてすぐの若さでひどい更年期障害に悩まされた美佳さんの、激動の5年間についてお話をうかがった。

<連載バックナンバー>

▼更年期を心地よく過ごしたい。40~50代の生と性に向き合う
▼由美子さん、54歳。バブル前に結婚を決めた性に奥手な彼女が、結婚前に母から渡されたのは一冊の医学書だった

◎20代の頃から性交痛で悩んでいました

――現在、美佳さんが46歳で、旦那さまは56歳。10歳の年の差がおありなんですね。恋愛結婚?

「ええ、よく行く飲み屋さんで知り合って。1年近くは友達で、つきあってから4年後に結婚しました。知り合った頃から考えると、もう20年近く一緒にいることになります」

――10歳も離れていたら、旦那さまは美佳さんのことがきっと可愛くてたまらないんでしょうね。ところで、事前に20代の頃から性交痛に悩まされていた、とお聞きしていましたが。それは結婚後、旦那さまとのセックスでも同じ状態だったんでしょうか?

「はい、痛くて、ずっとセックスが辛くって。それは結婚してからも変わることはありませんでした。私の体に原因があるのかなって考えて、病院で検査を受けたりしたけれど、なにも問題は見つかりませんでした」

――たとえばセックスの時に潤滑ゼリーを使用するなどは試されたりしました?

「あるお医者様から『ゼリーを塗ってみたら?』とアドバイスがあったのですが、その当時はどこで買っていいものかもよくわからなかったんですね」

――美佳さんが20代の頃の話となると、いまみたいにネットショッピングが一般的ではなかった時代ですものね。かといって、ゼリーが販売されているだろうことはわかっても、男性向けのいわゆる<大人のオモチャ>みたいなショップには入りにくいですものね、女性は。

「そうなんです。どれが良いのかもわかりませんでしたし。でも私なりに情報を集めて30代に入ってからやっと『これがいいかも』と思えるものと巡り合うことができたんですね。そのゼリーを使いだしてから、ようやく性交痛とはサヨナラすることができました」

◎不妊治療を止めた40歳

 40歳をすぎてすぐにこれまで経験したことのないような体調の変化を感じ始めたという美佳さん。まず最初に起きた変化は<不眠>だったという。それまではベッドに入って目を閉じた瞬間に眠れるぐらい寝つきがよかった美佳さんが、ある日を境に突然眠れなくなるように。特にストレスも悩みもないつもりなのに、なぜだか眠れない。

 一睡もできないまま朝を迎え、自宅近くに借りたアパートにある仕事場に向かう。昼間は眠気と戦いながらなんとかWebデザイナーとしての仕事をこなし、家に帰ればその日はとりあえず死んだように眠ることができた。そんなふうに眠れる日と眠れない日を一日ごとに繰り返しているうちに、月日が経っていった……。

――その頃って、生理周期に乱れなどはなかったんでしょうか。もともと、生理は順調なタイプですか?

「若い頃から、生理についてはなんの悩みもないタイプでした。乱れもなく、きちんと予定通りきていましたし。生理痛もないし、経血も少なめで期間も早く終わる。とにかく楽でした」

――PMS(月経前症候群)も特に感じなかったんですか。

「ええ。40歳を過ぎるまでは、PMSなんて意識したこともなかったんです」

――というと……40歳を過ぎて突然PMSがつらくなったということでしょうか。

「はい。さっき話した不眠のほかに、突然イライラしたり怒りっぽくなったり、時には感情が爆発して抑えきれないということが起きるようになったんです。そうなると、まず一番の被害者は夫ですよね。とにかく彼に些細なことで怒りまくるようになりました。あとは、私、お酒が好きなんですけれど、一緒に飲んでいる人相手に、極端に愚痴っぽくなったり」

――そうですか……まぁたしかに、あまりにも愚痴っぽい人が席にいると、お酒も美味しく飲めなくなりますものね。

「そうですよねぇ。でもそれまでは、飲んでいてもホントにそんなことはなかったんですよ、私。なのに、そういうことが度重なり、自分でも変だなと思うようになって。それでよく考えると、イライラしたり怒りっぽくなるのはPMSの時期と重なるなと」

――PMSの時期は女性ホルモンが急激に変動すると言われています。それで更年期の症状も出やすくなったんでしょうか。

「いま考えると、まさにそうだとわかりますが、その頃はまだすんなりとは当てはまらなかったんですね。基礎体温をつけていたので、そういう症状が出やすくなるのはPMSの時期だな、というのだけはわかりましたが」

――基礎体温をつけられていたんですね、それは若い頃からの習慣ですか?

「私、36歳頃から40歳まで不妊治療をしていたんですね。それもあって基礎体温を測ることが習慣となっていたんです」

――不妊治療も、何歳で止めたらいいのかで悩まれる方が多いですよね。美佳さんは、40歳ですっぱりと止める決断をすることができたのですか?

「うちの場合は夫が10歳年上ということもあり……。私が40歳になった頃に『いまから産んで、ちゃんと子供を育てられるのかな』と急に不安になったんですね。それでもうここで諦めようと決断することができたんです」

――そうだったんですね。すみません、話が脱線してしまって。では更年期症状の話に戻りますね。不眠、イライラ、それがPMS期に特にひどくなる……そういう状態で仕事に支障は出なかったのでしょうか。エストロゲンは脳にも送られているものですから、それが減ると当然なにか仕事の面でも差しさわりもありそうなものですが……。

「少しずつ、支障が出てきました。仕事をしていて、決断力や判断力がなくなってきたんです。それに、夜も相変わらず眠れない日々が続いて。ついに眠ることを諦めて、夜はずっとパソコンで動画を見るようになったり、あとは夜明けまで飲み歩いて泥酔して帰り、朝方お酒の力を借りて少しだけ眠るという日々を繰り返していました。夫も眠れないと言いだしたので、夫婦の寝室を別にするようになったのもその頃です」

◎食欲不振、そして激やせ。指先の冷えと痛みに心臓の痛みも…

 不眠の次に美佳さんを襲ったのは食欲減退だった。食べ物がのどを通らなくなり、どんどんと痩せていき、腕はまるで鳥ガラのようになった。いまその頃の写真を見ると、美佳さん自身も「ダイエットをしなくても人間ってここまで痩せられるんだな」と驚くばかりだという。さらには痩せるだけではなく、見た目にも大きな変化が現れるようになる。顔には皺が増え、ついにはまつ毛の一部が抜け落ちてしまった。

 その頃から美佳さんは鏡を見るのがイヤになり、化粧を一切しなくなる。外を歩く時は、帽子を深くかぶったり、眼鏡をかけて誤魔化すようになった。けれど、それでもまだ自分のこれらの症状が更年期だとは結びつかなかったという。

――不眠の症状が出てから2年以上が経っても、まだ更年期だから婦人科に行ってみようとはならなかったんですよね。

「まだです(笑)。いまこうやって話していると、ホントにもう完璧に更年期の症状なんですけれどね。あの頃は『更年期かもしれないから婦人科に行ってみよう』とはなりませんでした。自分と更年期がどうしても結びつかないんです」

――やっぱりまだ40代前半であるということで、更年期だと認めたくない意識があったのかもしれませんね。

「おっしゃる通りです。まさか更年期のわけはないと、思い込んでました。そうこうしているうちに、今度は指先が痛くなって、リウマチかもしれないと思って内科に行ったんです。血液検査もしたけど原因はわからなくって。『膠原病の疑いがあるから専門医にいってみて』といわれてまた専門医に行って検査を。でも、そこでもなんでもなくって。そのうちに痛みだけじゃなく指先が冷えるような感覚がおきて、もう一日中ずっと指先が気になって包帯をぐるぐる巻いて保護したりしてました。その頃、更年期障害で悩んでいるちょっと年上のお友達から、更年期の症状として体の強張りがあるという話を聞いてはいたんですけれど……私の場合は指先でしたから」

――だからやっぱり更年期じゃない、ほかの病気だと、そう考えてしまったわけですね。それで次から次へと病院を巡る、いわゆるドクターショッピングをしてしまった――。

「不眠、イライラ、指先の強張りと冷え、激やせ、それに心臓の痛みもありましたから、ほんとうにいろんな病院のいろんな診療科をまわりました」

――その中で、誰ひとりとして『更年期かもしれないから女性ホルモンの値をはかってみましょう』というドクターはいらっしゃらなかったのでしょうか?

「言われなかったです。心臓外科でも内科でも……それは私がまだ年齢的に若いと思われたせいなのか、お医者様に知識が専門分野以外の知識がないのかはわかりませんけれど。症状を言うと、どのお医者さまもびっくりするぐらいいろんなお薬は出してくれるんですけれどね。当時、私の家には処方された睡眠薬やら精神安定剤やらがあふれていました」

――お話を伺うだけでかなり壮絶ですが、45歳になった頃、ついにご自分で更年期だと判断して病院に行かれたんですよね。そのきっかけってなんだったんでしょうか。

「お正月に、家に私の親が遊びに来ることが決まっていたんですね。それは自分で計画をして、かなり前からわかっていたことなのに、年末になってもどうしても準備ができないんです、掃除や料理の。それで夫に『ちょっとは手伝ってくれてもいいのに!』とまた怒鳴り散らして。散々怒鳴り散らしたあげく、最後には『私、もうできそうにないからあなたが料理を作ってくれたら嬉しいな』とかめちゃくちゃなことを言いだす始末で。さすがに、『私、おかしいな』と」

――自分がめちゃくちゃなことを言っている、どこかがおかしいという自覚はあるんですね。

「そうなんです。自分がおかしい、おかしな言動を取っているという自覚はあるんですよ」

――美佳さんはお料理はお好きなんですか。

「料理は大好きなんです。お客様に料理を振る舞うことはまったく苦じゃなかったし。それなのにあの頃はただキッチンのシンクをボーっと眺めて、とてもじゃないけど料理なんて作れない、お皿はなにを使えばいいのかわからない、と考えるようになって。年末年始は夫の協力もあってなんとかやりすごしましたが、お正月明けにはついに布団から出られなくなって仕事場に行けなくなりました」

――それで病院に?

「いいえ、それがまだ(笑)。お正月が明けて、少し自分の調子がよい時に更年期に関するイベントが地元であって。更年期に悩んでいるお友達につきあって、私もイベントに行ってみたんです。そこではじめて40歳で様々な症状があったという更年期体験者の方のお話しを聞いて……その時に突然『あ、私、更年期だ!』とわかったんです」

――ストンと腑に落ちた感覚でしょうか。

「はい。まさにそんな感じでした。あと、HRTという治療法があることはそれまでも知識として知ってはいたんですけれど……使用できる期間は長くても十年と言われている、と雑誌かなにかで読んでいて。それなら私はなるべく治療のスタートを遅くして、できれば40代後半から50代後半までの一般的に一番苦しいと言われる時期を治療に当てたいと考えていたんです。いまはまだ始めるのには若すぎるから我慢しよう、そう思っていたんでしょうね」

――HRT補充療法。張り薬や塗り薬などで女性ホルモンを補う治療法のことですよね。HRT10年説も、いまは変化しているようですが……。

「自分が続けたいならずっと継続しても問題ない、十年で区切る必要はない、とおっしゃる先生もいらっしゃいます。実際に、私が通うクリニックには60、70代でもHRTを継続している方もいらっしゃいますよ」

 後編では、美佳さんの受けている更年期障害の治療について、詳しいお話をお伺いしていきます。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 村主章枝、フルヌード解禁も苦情殺到
  2. “老害”扱いのAKBメンバー3人
  3. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  6. 二度と仕事したくないAKB48メンバーは
  7. 安藤美姫、ビキニ姿にアンチ爆発
  8. 坂口杏里、AVの“Amazonレビュー激減”
  9. 韓国大企業の汚職を暴くドラマが話題
  10. 関係者が密告「性格悪い」芸能人
  11. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  12. 石原さとみの顔はエロいのか?
  13. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  14. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  15. 中居正広、仕事は好調、結婚も近い!?
  16. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  17. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  18. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連
  19. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  20. アンチ急増中miwaの業界評

ジャニーズの人気記事

  1. 嵐・櫻井熱愛報道で炎上中
  2. 嵐・櫻井翔、結婚はない?
  3. 佐藤勝利がとらわれる3つの呪縛
  4. 城島茂の体当たりSMプレイが19%超
  5. 嵐・櫻井熱愛と政界進出の関連

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  3. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?

海外ゴシップの人気記事

  1. メリル、ドレスをめぐる誤解に激怒
  2. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  3. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  4. マザコン? 奇声? 伝説に残るアカデミー賞スピーチ
  5. M・ギブソン、9人目の子どもが誕生