仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

“ポジティブ売り”マギーと“ネガティブ売り”塚地――『モシモノふたり』に見る正反対の本質

“ポジティブ売り”マギーと“ネガティブ売り”塚地――『モシモノふたり』に見る正反対の本質

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。 <今回の芸能人> 「絶対僕を見て、場違いやなと思っている」ドランクドラゴン・塚地武雅 『モシモノふたり』(フジテレビ系、2月15日)  テレビは、タレントを“ポジティブ”と“ネガティブ”に分けることがお好きである。視聴者が蛇蝎のごとくリア充を嫌いう現代、今や芸能人は視聴者より“下”...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

“ポジティブ売り”マギーと“ネガティブ売り”塚地――『モシモノふたり』に見る正反対の本質のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! 女のためのテレビ深読み週報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  5. 『笑点』三平の回答がヤバイぞ
  6. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  7. デブのおばさんが吉原でソープ嬢に
  8. 芦田愛菜、入学式に謎の中年男性
  9. ダヴ洗顔は石けんよりマシ程度
  10. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  11. 皮膚科医が“顔ダニ恐怖症”に警鐘
  12. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  13. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  14. 佐々木希、結婚の意外な業界評
  15. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  16. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  17. 渡辺謙、「不倫謝罪会見」開かない裏側
  18. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 芦田愛菜、業界処世術を習得?

ジャニーズの人気記事

  1. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  2. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  3. 城島と国分の“好感度”格差
  4. 城島謹製・ヌタウナギ燻製が好評
  5. 相葉『貴族探偵』、撮り直しも苦境

カルチャーの人気記事

  1. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  2. 高島彩「Domani」で優等生発言
  3. 山辺節子がタイ人ホストにハマったワケ
  4. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  5. アントニオ猪木が元愛人と結婚!

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  4. ココ・オースティンのエロすぎるママライフ
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参