『うちの娘はAV女優です』著者・アケミンさんインタビュー

AV女優が親公認で働く意味とは? アダルトの仕事をめぐる環境と意識の変化

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
AVライターのアケミンさん

 表紙に写る2人の女性に惹かれるものを覚えて、その本を手に取った。目鼻立ちがそっくりで、一目で母娘とわかる。美人親子というにふさわしい、華やかなツーショットだ。その上に載せられたタイトルは『うちの娘はAV女優です』(幻冬舎)。この2人は、本書に登場する“親公認”AV女優のひとり、桜井あゆさん(2016年に引退)と、その母親なのだ。

 著者のアケミンさんは表紙に改めて目をやり、

「桜井あゆさんがお母さんと並んでスマホで自撮りしたのを、送ってくれたんです。素敵ですよね。私は自分の母親と、こんなふうにツーショットで撮ったことないなぁ」

という。AVメーカーに広報として勤めた後、フリーライターに転身したアケミンさんだが、AVのレビューやAV女優へのインタビューを主なフィールドとする中で、「親も応援してくれています!」と話すAV女優が増えてきたことに気がついた。AV女優は親に内緒でする仕事ーーそう思っていたアケミンさんがこれまでに訪ね歩き、インタビューした“親公認”AV女優10人のエピソードが本書に収められている。

■親バレせずに売れたい、というのが難しい時代

「この仕事をする中で女性たちが恐れているのが、友だちバレ、彼氏バレ、熟女女優さんだと旦那バレや子バレ……数ある“バレ”の中でも“親”は最もハードルが高いもの、と私は思います。大多数の女優がバレてはいけないと思い、バレないように細心の注意を払っている親に、仕事を認めてもらう……AV女優にとってある意味、究極の環境を手にした女性たちについて知りたくて、取材を重ねました」

 そもそも、親にバレるリスクは高いのだろうか?

「ネットで手軽にAVを視聴できるようになったり、アイドル的な活動をするAV女優が増えて、地上波に出る機会が増えたりといった具合に、活動の幅が広がるとそれだけ目にする人も増えるので、リスクは高まります。人気商売ですから、売れるためにはパブリシティ(広報活動)に力を入れ、多くの人に見てもらって知名度を高めないといけない……でも親だけには見てほしくない。これはそもそも矛盾していますよね。親バレせずに売れたい、というのが難しい時代になりました」

 と同時に、バレるか否かは、その環境にもよるという。

「仕事のことを親には一言も告げず、ゆるっと引退して次の人生を歩んでいる女優さんも大勢いますよ。すごく売れっ子で長く活動している女優さんが、まったく親バレしていないという話も聞きます。親がネットと無縁だったり、周囲に書店やコンビニがない地域に暮らしていて、成人雑誌が目に入らなかったり、女性が多い職場だったりして、生活圏内にアダルトの要素がない環境だとバレにくい。反対に、男きょうだいなど日常的にAVを観る人が身近にいると、バレる可能性は高くなります」

 親と同居していると、隠し通すのは難しい、とアケミンさんは付け加える。本書で紹介されている女性のほとんどは地方出身者で、親元を離れて暮らしている。しかし、熟女女優・一条綺美香さんのように、同居する父親が高齢でインターネットと縁がなく、隠そうと思えば隠せたのではないかと思えるケースもある。それでも自分から打ち明ける背景には、どんな想いがあるのだろう?

「みなさん『反対されたら辞めてもいい』と思っているわけではなく、多かれ少なかれ、AV女優という仕事への前向きな意志をもって親に打ち明けていると感じました。出演した作品の発売日が迫ってきて、『ここまできたら後に引けないし、言っちゃえ!』と腹を決める女性もいましたね。最初はなんとなく始めたけど、自分自身の中でAVをひとつの“仕事”として認識するようになったことで、『いくら親にダメと言われようと、私は続けよう』という意地が芽生えるようです」

自分の親にはどこまで話せる?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

AV女優が親公認で働く意味とは? アダルトの仕事をめぐる環境と意識の変化のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! AV女優インタビューのニュースならサイゾーウーマンへ!