視聴率は伸び悩み……

『就活家族』前田敦子の演技に「冷める」「わざとらしい」! ギブアップ宣言する視聴者も

170127shukatumaeda
『就活家族 ~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日系)公式サイトより

 1月26日、三浦友和主演ドラマ『就活家族 ~きっと、うまくいく~』(テレビ朝日系)の第3話が放送され、平均視聴率9.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。初回11.0%と2ケタ発進したものの、第2話は9.4%と、早くも1ケタに転落し、伸び悩みをみせている。

 同ドラマは、大手企業に勤める主人公・富川洋輔(三浦)とその家族が、仕事や就職で困難に見舞われるホームドラマ。洋輔は、自社の社員・川村優子(木村多江)からセクハラの濡れ衣を着せられて退職し、洋輔の妻で私立中学校教師の水希(黒木瞳)、宝飾メーカー勤務の長女・栞(前田敦子)、就職活動中に苦戦する大学生の長男・光(工藤阿須加)も、それぞれ人生の壁にぶち当たるというストーリーだ。

「第3話では、光が内定をもらった会社に良からぬウワサが立っていることが発覚、また外商部に異動した栞は、営業成績の不振に悩む中、セレブの集うパーティーで羽振りの良さそうな医師と知り合う……といった展開が描かれました。同ドラマは当初、昨年12月に突如芸能界を引退した成宮寛貴もキャスティングされており、彼の降板でバタつきましたが、それでも初回は11.0%の好発進。しかし、第2、3話は9%台と、いまひとつパッとしない印象です」(芸能ライター)

 視聴者の評判を見てみると、ドラマの重い内容に関して、「作り話でも、見ているのがしんどい……」といった書き込みが散見された。だがそれ以上に、第1話から視聴者をイラつかせているのが、AKB48から女優に転身した前田だ。

「栞の役柄について、『世間知らずすぎてイライラする!』という指摘もありますが、何より前田自身の演技に関する批判が噴出しています。ネット上では、『いつまでたっても演技がヘタすぎる』『お芝居がわざとらしくて冷めてしまう』『元AKBの女優はいらない』『キンキンした声が耳障り。見ていられない』など、酷評が飛び交っている状況です。“元AKB”の肩書だけで、嫌悪感を抱く人も多いですが、前田には、その悪評を払拭できるくらいの演技力を、まだ身につけられていないのかもしれません」(同)

 AKBから卒業して、もうすぐ5年になる前田だが、まだ“元AKB”の呪縛から逃れられていないようだ。『就活家族』で、女優としての新たな一面を見せてくれることに期待したい。

前田敦子よりキンタローの方が売れたんじゃ?

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『就活家族』前田敦子の演技に「冷める」「わざとらしい」! ギブアップ宣言する視聴者ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 前田敦子芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!