語りたがる視聴者続出

『カルテット』松田龍平の「紅」熱唱シーンが大好評も……「雰囲気ドラマ」「くどい」の厳しい声

0125_karutetto_1
『カルテット』(フジテレビ系)公式サイトより

 1月24日、松たか子主演のドラマ『カルテット』(TBS系)の第2話が放送され、平均視聴率は9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、初回9.8%をわずかに下回る結果となった。

 同ドラマは“偶然”の出会いから弦楽四重奏(カルテット)を組んだ、巻真紀(松)、別府司(松田龍平)、家森諭高(高橋一生)、世吹すずめ(満島ひかり)の男女4人が、秘密に満ちた共同生活を送るラブサスペンス。第2話では、司が女友達から結婚の報告を受け、「結婚式で演奏してほしい」という依頼を受けるも、モヤモヤを募らせてしまう……という内容だった。

「今回話題を呼んだのは、司のカラオケシーンでした。スーツ姿でSPEEDの『White Love』を歌ったかと思えば、その後、X JAPANの『紅』をスタンディングで熱唱。『司っておとなしいキャラだから、ギャップがすごい』『松田龍平が歌ってるのって新鮮』『カラオケシーンがシュールすぎて最高』などと大反響を呼んだんです。また司は、この回で宇宙人のコスプレも披露しており、視聴者の笑いを誘っていました」(芸能ライター)

 その一方で、一部視聴者からは「会話劇がくどすぎる」といった否定的な声も上がっているようだ。

「例えば第2話で、諭高が『好きな人には「好き」って言わずに、「会いたい」って言うでしょ。会いたい人には「会いたい」って言わずに「ご飯行きません?」って言うでしょ』などと語るシーンがありました。途中、すずめを巻き込んで小芝居を繰り広げるなどして、気持ちと言葉は別のものであって、言葉の“行間”を読まなければいけないという持論を展開したわけですが、こうした長々しい会話劇に辟易としてしまう視聴者も少なからずいるようです。また、ネット上で同ドラマは、『独特の雰囲気があって好き』と評価されているのですが、逆に『雰囲気はいいけど、ストーリーは大して面白くない』といった声も上がっています」(同)

 賛否両論の『カルテット』は、今後、視聴率を2ケタに乗せることができるのか。第3話以降も注目していきたい。

龍平ファンは毎回屍になってるみたいだけどね

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

『カルテット』松田龍平の「紅」熱唱シーンが大好評も……「雰囲気ドラマ」「くどい」の厳しい声のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 男性タレント芸能ウラ情報視聴率のニュースならサイゾーウーマンへ!