[女性誌速攻レビュー]「an・an」2017年1月25日号

男を「競走馬」に見立ててダービーごっこ! 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる!?

ananaisyou
「an・an」2017年1月25日号(マガジンハウス)

 今週の「an・an」(マガジンハウス)は、「恋と相性。」特集! 本誌での「相性」企画というと、定番のように「血液型」を扱っていましたが、さすがにネタ切れなのか、今回は一切登場しないようです。「代わりにどんな切り口で来るのかしら?」と思い表紙を見てみると、「ピッタリ男子を導く、恋のダービー開催!」や「年下の男を理想に育てる方法。」などと、何やらキナ臭いキーワードがチラホラ……。これは期待できそうですね。早速、紹介していきたいと思います。

<トピックス>
◎ディグラム診断で分かる、好相性男子。
◎「オレ、この子と相性いいかも!」。彼の心をこっそり盗む15の秘策。
◎年下の男を理想に育てる方法。

■ギャグとしか思えない「男ダービー」

 本誌冒頭の導入文を見てみると、「女の幸せは『自分なりの』男選びにかかっている」とし、女性は男性のルックスや収入などのスペックにとらわれるのでなく、「相性」で選んでこそ幸せにつながるのだと、大真面目なトーンで力説しています。

 正直、「これは一理あるかもしれない……」などと感慨にふけっていた単純な筆者。しかしこの直後、「ピッタリ男子を導く、恋のダービー開催!」というフルカラーの特集が目に飛び込み、危うくズッコけるところでした。企画が突飛すぎます。「スペックよりも相性が大事!? じゃあ、ダービーで相性を診断してみようか!」なんて考える女性は、日本中に何人いるのでしょうか。やはり「an・an」は、真面目に考えるスキをなかなか与えてくれませんね。

 こちらはまず、身近にいる男性の名前を「出走馬」として7人レーンに入れます。「既婚者はダメだけど、彼女持ちはOK!」などとサラっと書かれているあたりがおそろしい限り。そしてカーブにある設問に答えるたびに、1人ずつ脱落させて、勝ち残った1人を「生涯の伴侶候補」にするというなんとも一方的で身勝手な……ではなく、画期的な仕様の企画となっていました。設問をいくつかピックアップします。

・「話に最も興味を持てない人」を1人落としましょう。
・あなたが思わず、「心の中で“ツッコミ”を入れる回数が多い人」を1人落としましょう。
・相手との未来を想像したときに、「“末広がり感”が感じられない人」を1人落としましょう。

 ――えげつないですね。この設問文の周りには、脱落した苦しそうな馬たちの絵が描かれており、そのえげつなさがさらに際立っています。アオリ文には「ダービー形式で選ばれた“君の名は”……!?」とあり、編集部の方々も完全に悪ノリしていることが予想されます。応用編で、「合コン時、相手の男性を全員レーンに入れてみる」「元カレたちを全員レーン入りさせ、恋の弱点をさぐる」などの使い方もできるそうなので、気になる方は要チェックですよ!

窓辺のサボテンすら枯らす私には無理だわ~

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

男を「競走馬」に見立ててダービーごっこ! 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる!?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! an・an女性誌レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!