ハリウッド女優は40歳で定年退職? いや待て、コメディとアクションでサバイバル!

 新作『マダム・フローレンス!夢見るふたり (Florence Foster Jenkins) 』が日本で公開中の大女優、メリル・ストリープ。実力ゆえの軽妙な演技で思いっきりの多幸感を振りまくメリルは現在67歳。実年齢を聞くと驚いてしまうが、ここ数年は革ジャンのミュージシャンから魔女、19世紀の婦人参政権運動家まで役の幅はどんどん広がるばかり。世界的メガ・ヒットとなったミュージカル映画『マンマ・ミーア!(Mamma Mia!)』で、はち切れんばかりに歌って踊っていた時点ですでに59歳だった。2011年には英国のマーガレット・サッチャー首相の伝記映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (The Iron Lady) 』での熟達の演技によってアカデミー賞最優秀女優賞を獲得している。同作も含め、アカデミー賞ノミネートはなんと通算19回、うち3回受賞。まさに希有の大女優なのである。

 しかし、このメリルですら「40歳を超えた途端にやりたいと思える役が来なくなった」「40歳になるや魔女役のオファーを三つも受けた。『わたしのキャリアはもう終わりなんだ』と思った。どうして40歳を過ぎたらグロテスクなもの以外に役がないの?」と語っている。ハリウッドでは男優は40歳を超えたあたりから渋みとセクシーさが増し、押しも押されぬ大スターとして安定したポジションを築くケースが多いが、「恋愛もの」が多い女優はそうはいかない。

 そもそもメリルは映画俳優としては遅咲きで、1977年にジェーン・フォンダ主演のナチスにまつわる作品『ジュリア(Julia)』でスクリーン・デビューした時にはすでに28歳だった。翌年にはロバート・デニーロ主演、ベトナム戦争帰りの若者たちを描いた大作『ディア・ハンター(The Deer Hunter)』でいきなりアカデミー賞助演女優賞を受賞。以後、さまざまな役を演じているが、アウシュヴィッツのサバイバー、夫との離婚協議に苦しむ元妻、原発の告発者など社会的な役柄が多く、恋愛ものは少なかった。そんなメリルでさえ、女優として40歳の壁にぶつかってしまったのだった。

 メリルと同様に、かつて “ラブコメの女王”と呼ばれて大ヒットを連発したメグ・ライアンも40歳以降はヒットを出せなくなった。対象的にメグの全盛期のヒット作で何度か相手役を務めたトム・ハンクスは今も活躍中だ。同じく、一時は“アメリカの恋人”とさえ呼ばれたジュリア・ロバーツもここ数年はヒットに恵まれていない。今年はジョージ・クルーニーの最新作『マネーモンスター (Money Monster) 』に出演したが、これもそこそこヒットに留まった。

 幸いメリルは見事にカムバックを果たし、先述のようにありとあらゆるジャンルに挑戦し続けている。しかし、そんなメリルも手を出さなかったジャンルがひとつある。アクション・コメディだ。

◎40歳の壁をぶち破ったサンドラ・ブロック

 そのアクション・コメディ及びアクション映画によって40歳の壁を軽々と突き破った女優がいる。サンドラ・ブロックだ。躍進のきっかけとなったのはバスを爆走運転する『スピード(Speed)』シリーズ。捜査のためにミス・コンに潜入するFBI捜査官を演じた『デンジャラス・ビューティ(Miss Congeniality)』も大ヒットし、続編が公開された時点でサンドラはすでに41歳だった。

 そして2013年、49歳にしてメリッサ・マッカーシーとの、あっぱれなアクション・コメディ『デンジャラス・バディ(The Heat)』をぶち上げた。これまで男優の専売特許だったデコボコ刑事コンビものだ。これには世界中の女性映画ファンが喝采した。

 その上、なななんと、サンドラは今『オーシャンズ・エイト(Ocean’s Eight)』の撮影中である。

 サンドラが、ジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹という設定で、その配下にアン・ハサウェイ、サラ・ポールソン、英国からのケイト・ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーター、インド系アメリカ人のミンディ・カリング、中国系+韓国系ニューヨーカーのオークワフィーナ、そしてカリブ海バルバドス出身のシンガー、リアーナという多彩で個性的な面々が勢揃い。ジョージ・クルーニーを筆頭に一癖も二癖もある男たちが集まり、クールに壮大な詐欺を働く、あの大ヒット『オーシャン』シリーズの第4弾を、オール女性キャストが乗っ取ってしまったのだ。2018年の公開が待ち切れないではないか!

◎活躍の場が増えていくハリウッドの女優たち

 ここ数年、ハリウッドには女性主演のコメディ/アクション映画が続々と登場している。『デンジャラス・バディ』でサンドラ・ブロックの相方を務めたメリッサ・マッカーシーは、今夏たいへん盛り上がったオール女性版『ゴーストバスターズ(Ghostbusters)』の出演だけでなく、自身の主演作も連発している。女優はスタイルが良くなくてはならないなど、誰が言ったのだ。メリッサは過多気味な体重など苦にもせず、スパイ・アクション・コメディまでやってのけている。ちなみに『ゴーストバスターズ』の4人の年齢をご存知だろうか。49/46/43/32歳なのである。40歳の壁などどこ吹く風だ。

 同作のメリッサ以外の3人は老舗のコメディ番組『サタデーナイトライブ』(以下SNL)出身のコメディアンだ。その一人、クリスティン・ウィグは2011年に『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン(Bridesmaids)』をヒットさせている。これも女性ばかり6人のコメディで、友人の結婚式に招かれた冴えない女性の本音をグサグサ描いた作品だった。

 また、やはり『SNL』出身のティナ・フェイ(46)とエイミー・ポーラー(45)は『ベイビーママ(Baby Mama)』、『Sisters』と2本のコメディ映画で共演している。ティナは『SNL』の脚本家でもあり、二人は2008年に当時の副大統領候補サラ・ペイリン、大統候補ヒラリー・クリントンに扮して痛烈な政治パロディ・コントで全米を笑わせていた。ちなみに今回の大統領選期間中に『SNL』でヒラリーを見事に演じ切ったのは、『ゴーストバスターズ』に出ていたケイト・マッキノンだ。ヒラリーが落選してしまい、「もうケイトのヒラリーは観られないのか!」とファンは惜しむことしきりなのである。

 アクション映画にも女性の進出が本格的に始まっている。『マッドマックス 怒りのデスロード(Mad Max: Fury Road)』のシャーリーズ・セロン(41)には世界中が目を見張り、息を呑んだ。『ハンガーゲーム(The Hunger Games)』シリーズのジェニファー・ローレンス(26)は今後もアクション、恋愛、社会派と多彩な作品で活躍すると思われる。『ワイルド・スピード(The Fast and The Furious)』シリーズのミシェル・ロドリゲス(38)はデビュー作からして女性ボクサーの物語であり、今のところほぼアクション一本だ。

 その一方、熟年女優によるラブコメも徐々に浸透している。メリル・ストリープは60歳を過ぎてからアレック・ボールドウィン、トミー・リー・ジョーンズといった熟年男優とのコミカルな恋愛映画を作った。今年70歳となったお洒落な都会派ダイアン・キートンも50代、60代でジャック・ニコルソンやマイケル・ダグラスと共演し、キアヌ・リーヴスに求愛されるシーンすらあった。また、恋人のいない娘の心配をしつつ、自分もちゃっかり恋する母親を演じてみせたこともある。こうした作品のどれもが嫌みもぬか味噌臭さもなく、サラリと自然な出来となっている。

結論:女優の40歳の壁は崩れつつある。アクション、コメディ、政治パロディ……そして熟年ロマンチック・コメディ。ハリウッドの今後に乞うご期待!

■ 堂本かおる
ニューヨーク在住のフリーランスライター。米国およびNYのブラックカルチャー、マイノリティ文化、移民、教育、犯罪など社会事情専門。



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ハリウッド女優は40歳で定年退職? いや待て、コメディとアクションでサバイバル!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!