いまや大金持ちに!

HIVを告白してから25年、マジック・ジョンソンが「私は今もここにいる」

Magicjohnson.jpg
25年経ってもこんなに元気だなんて……

 NBA史上最高のプレイヤーだとたたえられている、元プロバスケットボール選手のマジック・ジョンソン(57)。1980年代にロサンゼルス・レイカーズが成し遂げた5回の優勝に貢献し、ファン投票によりNBAオールスターゲームに通算12回選出。3回のシーズンMVPに輝くなど、すばらしい功績を残してきた。

 そんな彼がHIVに感染していることをカミングアウトし、レイカーズから引退すると発表したのは91年11月7日のこと。HIV感染者に対する偏見が吹き荒れていた時代に記者会見を開き、「HIVに感染したので、本日付でレイカーズを辞めなければならなくなりました。エイズは発症していませんが、HIVウイルスに感染したので。妻はHIV陰性ですので問題ありません。ま、長生きするつもりですから。これからも、みなさんよろしく」と堂々と告白したのだ。マジックは「今後はHIVのスポークスマンになる」「セックスするときは、必ず予防すること。自分は絶対に大丈夫と思うだろうけど、そんなことはないんだって伝えていきたい」とも語り、世間に大きな衝撃を与えた。

 「ジョン・F・ケネディ大統領暗殺に匹敵する」と表現されるほど全米に大きなインパクトを与えた、マジックのHIV感染告白。当時、HIVは「同性愛者による性行為」「薬物依存者が注射器の回し打ちで」感染するものだというイメージが強かったが、マジックが異性とのコンドームなしのセックスでHIVに感染したと明かしたことで、感染者に対する偏見が少しずつ変わるようになった。

 マジックは、引退後の92年に開催されたバルセロナオリンピックで、NBA史上屈指のスター選手たちが集まった「ドリームチーム」のメンバーとして大活躍し、金メダルを獲得。同年のオールスターゲームにも出場し、HIV感染者も普通の暮らしができるのだということをアピールした。治療薬が効いてエイズの発症が抑えられていることもあり、現役引退後は、HIV感染を防ぐチャリティー活動を行いながら、スポーツコメンテーターに挑戦したり、レイカーズの株を購入し、コーチとして働いたり、95~96年には現役に復帰したりと精力的に活動。ビジネス界でも大成功を収め、2012年にはロサンゼルス・ドジャースの共同オーナーとなった。現在、マジックの総資産は6億ドル(約630億円)ともいわれている。

 そんな彼が7日、米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」の突撃取材に応じ、HIV感染を発表した日からちょうど25年たったことに関して、「自分が元気に生き続けられていることは幸せに思っているが、この25年間に、多くのHIV感染者が亡くなっているからね」と発言した。

 同サイトが公開した突撃取材映像は、レストランから出てきたマジックがリポーターたちを見て「なんか起こったのかい?」と気さくに話しかけるところからスタート。

とにかく衝撃的な会見だったことは覚えてる……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク