【スライドショー】

今年はセクシーコスプレが大流行! セレブのハロウィン仮装2016

 10月31日は日本でもすっかり定着したハロウィン。アメリカでは子どもたちが仮装姿で近所やモールを「トリック・オア・トリート」と言ってまわり、大人たちも同僚や友人と仮装して盛り上がっている。イベントごとにパーティーを開催するセレブたちにとっても、ハロウィンは特別な日。みんなを怖がらせるためにホラー仮装をしたり、笑いをとるためにオモシロ仮装をしたり、憧れのキャラの仮装をしたりと各々気合十分だ。年に一度、童心に返り、自分ではない誰か・なにかに変身して、思う存分楽しむお祭りの日なのである。

 今回は仮装した写真を投稿したセレブのインスタグラムの中から、反響が大きかったショットを紹介しよう。

セレブのハロウィン仮装2016

1/

img01
img02
img03
img04
img05
img06
img07
img08
img09
img10
img11
img12
img13
img14
img15
img16
img17
img18

img01
img01
img02
img02
img03
img03
img04
img04
img05
img05
img06
img06
img07
img07
img08
img08
img09
img09
img10
img10
img11
img11
img12
img12
img13
img13
img14
img14
img15
img15
img16
img16
img17
img17
img18
img18

■怖すぎるマーサ・スチュワートのモンロー

御年75歳の元祖カリスマ主婦、マーサ・スチュワートは、メイクの力を借りて“永遠のセックスシンボル”マリリン・モンローに大変身。いまいちセクシーさが足りないのか、この写真の投稿には、ドラマ『アイ・ラブ・ルーシー』のルーシーに似てる、往年の女優ザ・ザ・ガボールに似ているというコメントが書き込まれていた。

■当たり役にコスプレしたベット・ミドラー

1993年に公開されたディズニーのファンタジー映画『ホーカス ポーカス』で、古くからの言い伝え通り、童貞により蘇った怖ろしい魔女3人組の1人ウィニー役を演じたベットは、今回のハロウィンで懐かしの同役に変身。「相変わらずキモ怖い!」とファンを怖がらせていた。

■かわいすぎる仮装のジェイコブ・トレンブレイ

主要な映画賞にノミネートされまくった『ルーム』で、“今世紀最高の子役”と呼ばれるようになったジェイコブは、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマイケル・J・フォックスが演じた主人公マーティ・マクフライに仮装。表情もばっちりで最高にキュート!

■マッチョなボディースーツが似合う、マーク・ジェイコブス

ファッションデザイナーとして有名なマークは、ベット・ミドラー主催のハロウィンパーティーに出席。今年は「ポルノ男優と遊び呆けており、ドラッグ依存もひどい」といったウワサが流れたが、マッチョなボディスーツに青のビキニを重ねたボディビルダー姿は「とても元気そう」だとファンを安堵させた。

■ノリノリなシンディ・クロフォード一家

元祖スーパーモデルのシンディは、元モデルで実業家の夫ランド・ガーバー、モデルとして活躍中の長女カイア、同じくモデルとして今年ランウェイデビューを果たした長男プレスリーと一家仲良くパンクキッズに変身。親の方がやる気マンマンだと話題に。

■政治ネタで攻めるケイティ・ペリー&オーランド・ブルーム

ヒラリー・クリントンを熱烈に支持するケイティは、投票を促す効果を期待してか、特殊メイクを施しヒラリーに大変身。恋人のオーランドはドナルド・トランプを支持する“トロール(ネット上の荒らし魔)”に扮し(写真後方)、そのセンスに米ネット民も脱帽。

■カイリー・ジェンナーはあの歌姫に

自分でハロウィンパーティーを主催したり、いくつかのパーティーに顔を出すなど大忙しだったカイリー。彼女のコスプレの中で、今年最もイケていた仮装がこれ。2002年の大ヒット曲「Dirty」のミュージックビデオでのクリスティーナ・アギレラに変身したもので、退廃的な雰囲気が今の彼女にぴったり。

■「ベスト・オブ・骸骨」はハル・ベリーの手に

オスカー女優のハルは気合を入れてコスプレに挑戦。顔に骸骨ペイントを施したセレブは何人かいたが、ハルが最高の出来だと話題に。衣装もクオリティーの高いもので、街ですれ違ったら気絶しそうだという声も上がった。

■細身を生かしたリリー・オルドリッジ

テイラー・スウィフトの親友でヴィクトリアズ・シークレットのエンジェル(専属モデル)であるリリーは、映画『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーンに変身。細身だからか、オードリーの雰囲気にそっくり。

■あえて胸を隠したエミリー・ラタコウスキー

映画『ゴーン・ガール』でのトップレス姿ですばらしい美乳だと讃えられているエミリーは、あえて胸を強調せず、クレオパトラに変身。スタイルの良さと美しい顔が際立つと、女性からも好評だった。

■パリス・ヒルトンのセクシーアリス

ナルシストとして名高いパリスは、今年もハロウィンを満喫。たくさんのパーティーに出席して仮装を楽しんだが、中でも好評だったのがこの『不思議な国のアリス』のボインなアリスだった。

■テイラー・ロートナーは今年話題のアノ人に!

ハロウィンでは「その年に話題を振りまいた有名人」の仮装をする人も少なくないが、俳優のテイラーは競泳金メダリストで「虚偽の強盗被害」が大問題となったライアン・ロクテに変身。髪は、問題を起こした当時のライアンの髪色と同じプラチナブロンド色に染め、ジャージ姿にメダル、ゴーグルを首から下げるなど小道具もバッチリ!

■ニーナ・ドブレフは友人を巻き込んで……

人気吸血鬼ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のヒロインを演じたニーナ・ドブレフも、友人と共にライアン・ロクテに変身。友人は「虚偽の強盗被害」でライアンと一緒にウソの証言をした競泳選手のジミー・フィーゲンに!

■キャンディス・キャメロン・ブレの40歳と思えぬティンカーベル

国民的ドラマ『フルハウス』の続編『フラーハウス』が好調なキャンディスは、ティンカーベルに変身。メイク、髪型、コスチュームすべてが完璧!

■デミ・ロヴァートはセクシードロシーに

『オズの魔法使い』の主人公ドロシーに仮装したデミ。肩、デコルテを出し、真っ赤な口紅をつけ、かなりセクシーなドロシーに変身した。

■いつもの美貌を捨てたマリア・シャラポワ

赤毛のツインテールにそばかすだらけの顔で長い靴下を履き、ペットのチンパンジーを体に乗せている少女ピッピが主人公の名作童話『長くつ下のピッピ』。子どもの頃、同作が大好きだったというマリアが、おどけた表情でピッピになりきる姿にファンは感激。

■ジョアンナ・クルーパは「妖精」がテーマ

セクシーな写真が多い男性誌「プレイボーイ」に登場したり、過激な動物愛護団体「PeTA」の広告に全裸で登場したり、体を張ることで知られるモデルのジョアンナは、上半身はボディペイントのみという姿でハロウィンをエンジョイし、男性ファンを大喜びさせた。

■マシュー&レニー・モリソン夫妻はあの人気キャラになりきるも……

人気ドラマ『glee/グリー』のウィル先生役で大ブレイクしたマシューは、妻でモデルのレニーと映画『スーサイド・スクワッド』のキャラに変身。マシューはジョーカー、レニーはハーレイ・クインになりきっていたが、ネット上では「なんとも微妙なクオリティー……」という意見も。

ありきたりなコスプレのほうが恥ずかしいから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク