名曲はもう作れないとも……

「社会の圧力に屈して子どもを生んだ」「出産は最悪の決断」アデルが産後うつだったことを告白

「社会の圧力に屈して子どもを生んだ」「出産は最悪の決断」アデルが産後うつだったことを告白

 2011年に発売したセカンドアルバム『21』が、記録的な大ヒットとなった歌手のアデル。その年に受けた米音楽誌「ローリング・ストーン」のインタビューで、「観客が怖いの。オランダ・アムステルダムのショーでは緊張しすぎて非常口から逃げた。吐くこともあるわ。ベルギーのブリュッセルでは、人にゲロをかけてしまったの。我慢しようと必死なんだけど。ツアーは嫌い。不安発作を頻繁に起こしてしまうから」と告白。英音楽誌「Q」でも「フェスには出演しない。不安発作が起きて、ステージに立てなくなるから」と明かし、繊細なメンタルの持ち主であることを公にしている。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

「社会の圧力に屈して子どもを生んだ」「出産は最悪の決断」アデルが産後うつだったことを告白のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブのニュースならサイゾーウーマンへ!