[ジャニーズツッコミ道場]

『ザ少年倶楽部』生放送、裏テーマは「ありがとうSMAP」? ジャニーさんの思いを感じた

king
スマオタのJr.集めて30分やろうよ!

 11月23日に放送された、『ザ少年倶楽部 スーパーライブ!』(BS プレミアム)。この日はNHKホールからの生放送で、Sexy Zone、A.B.C-Zを中心に、ジャニーズJr.たちがほぼノンストップで、1時間たっぷりパフォーマンスを見せてくれた。

 今回は、それぞれのグループの持ち曲はもちろん、先輩の曲を歌ったりするところも見どころだった。Sexy Zoneが嵐の「Love so sweet」を歌えば、A.B.C-Zは少年隊の「まいったネ 今夜」を披露。メドレーでは、ジャニーズJr.のユニットも入れ替わり立ち替わりで登場し、2016年もまだひと月ちょっと残っているものの、若手ジャニーズによる“プレ・カウコン”状態。

 例えば、SixTONES「Fighting Man」(NEWS)、Mr.KING「青いイナズマ」(SMAP)、Love-tune「AMBITIOUS JAPAN!」(TOKIO)、Snow Man「Be Yourself!」(V6)、Travis Japan「真夜中のシャドーボーイ」(Hey!Say!JUMP)、HiHi Jet「パラダイス銀河」(光GENJI)、Prince「ジェットコースター・ロマンス」(KinKi Kids)などなど。さらにはアクロバットが得意な顔ぶれで「$10」を披露し、Mr.KINGとPrinceの6人でタッキー&翼の「Ho! サマー」を歌ったときには、かつての「Mr.King vs Mr.Prince」再結成! といった感が満載で、オーラがあふれ返るパフォーマンスを見せてくれた。

 ジャニーさんからのお歳暮か、ちょっと早いクリスマスプレゼント。見ていて「ジャニーさん、ありがとう」といった気持ちがわいてくる。

 また、豪華ヒットメドレーにラインナップされるSMAPの名曲たちも、今回はどこか意味が違って聞こえてくる。「青いイナズマ」「$10」のほかにも、「BANG!BANG! バカンス!」などもメドレーに登場。あらためて「いい曲だよなぁ」と思う一方、今後、これらを歌う5人の姿が見られない可能性も意識してしまう。

 名曲メドレーの中でも、SMAP曲の扱いが「ちょっとだけ」よかった気もした。メドレーのラスト付近、マイクを持つMr.KINGの平野紫耀が少し思いを込めるようにこう言った。「このメドレーの最後は、感謝の気持ちを込めて……『ありがとう』」。リオ五輪のTBSテーマソングにも採用された、SMAPの「ありがとう」。ジャニーさんから、後輩たちから、SMAPに向けた「ありがとう」のようにも聞こえてくる。

また、1時間の生放送を締めくくるエンディング曲もSMAPだった。ジャニーズWESTの桐山照史が、「最後の曲は、みなさんからのリクエストが一番多かったこの曲を披露したいと思います」と紹介し、出演者総登場で歌った“一番人気”曲、それが、「世界に一つだけの花」。

スマ担梶山朝日の、「花」絶唱もいただきました~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク