【うわさの会見場から】

欅坂46、『紅白』初出場者会見で「盛り上がりナシ」のお寒~い舞台裏

1611sezon
「二人セゾン」/SMR

 11月24日、毎年恒例の『NHK紅白歌合戦』の初出場者の会見が開催された。欅坂46、PUFFY、市川由紀乃、KinKi Kids、桐谷健太、RADIO FISHの6組が出席したが、同会見について「近年まれにみる盛り上がりのなさだった」(週刊誌記者)とマスコミの間で話題になっているという。

「集まったメンバーの中で意外性があった歌手は皆無だったし、NHK側も『時間があまりないから』と会見を早めに終わらせたがり、記者からの質問は3問しか受け付けられませんでした。それも『本番で楽しみにしていることは?』『紅白にまつわる思い出は?』など、お決まりの質問のみ。これといった盛り上がりもなく終わってしまいました」(同)

 4月にCDデビューしたばかりの欅坂46に至っては、メンバーの顔と名前が一致している記者はごくわずかだったようだ。

「会見でメンバーが話していても、マスコミ席では『あの子の名前って何だっけ?』と確認し合う声が飛び交い、カメラマンからは『名前わからないけど、そこの子、もうちょっと左に!』などといった指示が。しまいには『乃木坂46』と呼び間違える記者も出るなど、知名度の低さから現場は混乱を来していました」(同)

 また今回は、初出場者が誰かということよりも、12月31日をもって解散するSMAPが出演するのかどうかに、マスコミの注目は集まっていたという。

「毎年、会見後には『紅白』のプロデューサーから、同番組に関する細かい情報がレクチャーされるのですが、今年は初出場者の会見よりも質問が引っ切りなしに続き、盛り上がっていましたよ。NHKによれば『SMAPからはまだ出演するとも、しないとも返事をもらっていない』『引き続き出演をお願いし続けたい』とのこと。今のところ、『SMAPは出演するのか、しないのか』だけで、話題を引っ張るしかないようです」(同)

 過去最大級の“目玉不足“となる今年の『紅白』。SMAPとの交渉が、NHKにとっても視聴者にとっても良い結果になることを願いたい。

年取ると、10代の女の子の顔が全部同じに見えるのよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク