仁科友里の「女のためのテレビ深読み週報」

綾菜は、加藤茶との結婚でトクをしたのか? 『モシモノふたり』に見た“45歳年下妻”の孤独

ayanasyuhou
加藤綾菜オフィシャルブログより

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「ちーたんいなくなったら、生きていけん」加藤綾菜
『モシモノふたり』(フジテレビ系、11月23日)

 資産家もしくは社会的地位のある男性が、孫ほど年の離れた女性と結婚することは、古今東西よくある話だが、その際、必ずといっていいほど女性は「金目当ての結婚」と邪推される。元ドリフターズの加藤茶が、45歳年下の一般人女性である綾菜夫人と結婚した際も、夫人は激しいバッシングにさらされた。仮に結婚の理由が「金目当て」であったとしても、相手を幸せにしようと努力するのなら何の問題もないし、そもそも綾菜夫人は世間が思うほどトクをしていないのではないかと思うのだ。

 「心臓病を患った茶には、綾菜の作る料理は高カロリーすぎる」「茶の健康を損ねて、遺産を自分のものにしようとしている」「友達と偽って、茶の出張中にホストを連れ込んでいる」――ネットでこんなうわさが出回ったことを受けてだろう、茶夫妻は1年に一度は、バラエティ番組に出て仲の良さをアピールしている。11月23日放送の『モシモノふたり』(フジテレビ系)も一種の“恒例行事”だが、これまで出演した番組と比べて、茶の老いとそこから来る綾菜夫人の“孤独”が強く浮き彫りになっていたように、私には見えた。

 夫妻は熱海の貸別荘に行く。料理の食材を買い込むが、茶は普段買い物をしないので役に立たない。荷物を持つのも夫人の仕事。料理も夫人の役目で、茶はテレビを見ながら出来上がりを待っているが、居眠りをしてしまう。夫人の料理(刺身、あさりとエビの塩こうじ蒸し、おでん風卵巾着、カマンベールのじゃがいも包み、春菊のごまあえ、雑煮)を食べる際、「おいしい」とは言うものの、会話が盛り上がることはない。食後、リビングでソファに横たわってテレビを見た後、夫人に勧められて風呂に入るが、茶は風呂嫌いで、髪もカラダも洗わず、お尻だけ洗って出てきてしまう。

 何もしない茶はあまりに横着だ――もしそう思う人がいたら、それは若い証拠である。私の父が茶とほぼ同じ年だが、年齢と共に口数も減るし、出歩く回数も減る。茶がそうだとは言わないものの、気難しくなって怒りっぽくなったり、判断力が鈍ったりすることもある。年寄りと生活を共にするのは、結構難しいのだ。

野心を持たない綾菜なんて見たくないよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク