「働きすぎ」だけなの?

電波発言を繰り返していたカニエ・ウェストが、精神崩壊と見なされ措置入院

kanyewest04
どうしたんだ、ブロウ!

 ラッパーで音楽プロデューサー、ファッションデザイナー、実業家とあらゆる分野で大活躍のカニエ・ウェスト。今年のバレンタインデーにアルバム『The Life of Pablo』をリリースし、8月末から同アルバムを引っさげた『Saint Pablo Tour』をスタートした。ツアーはかなりのハードスケジュールだったが、カニエは順調にステージをこなし、その合間にファッション関連の仕事も行うなど、精力的に活動していた。しかし、最近、カニエの繊細な精神が少しずつ崩壊。とうとう錯乱してしまったのである。

 10月22日にカリフォルニア州オークランドで行ったコンサートでは、突如、「フランク・オーシャンのアルバムがノミネートされなかったら、オレはグラミー賞には行かない」「アーティストとして、我々は共に闘わなくてはならないのだ!」と宣言。フランクは今年大ヒットしたアルバム『blonde』をグラミー賞の規定期日までに提出しなかったため、ノミネートされていない。しかし、フランクは黒人の作品がグラミーの年間最優秀賞に選ばれにくいことに対する抗議の意味を込めて、あえて提出しなかったと説明。それなのに「ノミネートしろ」というのは暴言にほかならず、カニエの怒りが論点がずれていると、世間では失笑が漏れていた。

 今月3日には、ロサンゼルスで開催されたコンサートを45分で終了。スタッフに会場の照明を落とさせ、「オレの声はかすれてしまっている」「コンサートを最後までやることはできない。オレがパフォーマンスできないのに、きみたちにショーを見せるなんてことはできない」と説明したのだが、観客はブーイングをし、カニエコールが巻き起こった。しかしカニエは「すまない。みんな愛している」「みんなにはチケットの払い戻しをするよ。次はちゃんとやるから」と気弱に言い、ステージを去ってしまった。

 そして、17日。カニエはカリフォルニア州サンノゼで行ったコンサートにて、今回の米大統領選は投票しなかったと明かした上で、「もし投票したならドナルド・トランプ」と激白。続けて「黒人たちよ、人種差別ばかりにムキになるのは、もうやめよう」「オレたちは、人種差別の国に住んでいるのだから。それがフ○ックな現実なんだ」と言い放ち、「でも、オレは女性の権利向上や同性愛者の結婚は支持する」と発言。観客を大いに混乱させた。

 19日、カリフォルニア州サクラメントでのコンサートでは、1時間以上遅刻した上、今年の『MTV ビデオ・ミュージックビデオ・アワード』で、ビヨンセが「最優秀ビデオ賞を与えてくれなければパフォーマンスしない」と、主催者のであるMTVと交渉していたことを聞いたと言いだし、「MTV、フ○ック・ユー!」「ビヨンセやテイラー・スウィフトは素晴らしい。オレたちはみんな素晴らしい。みんな平等」「でも勝つために自分を見失い、駆け引きしすぎる」「勝つことなんてフ○ック! クールに見えることなんてフ○ック! クールでいることなんてフ○ック!」とまくし立てた。

 そして、「オレは自分の命の危険を顧みず、また自分の成功、自分のキャリアを危険にさらしながらも、真実を伝えるためにここに送られてきた」と言い、親友だったビヨンセの夫、ジェイ・Zに向かって「電話くれよ、ブロウ(兄弟)」「なんで電話かけてきてくんないんだよ。お前はすごいモノ、持ってるんだろ? オレの頭に送るのはやめろよ、電話してくれよ。男らしくオレと話をしてくれ」と、意味不明なことを懇願。

 その後、再びフランク・オーシャンの名前を出し、フランクの曲を流さない大手ラジオ局を批判。「ラジオなんて、フ○ック・ユーだ!」と盛大にののしった。また、大手ラジオ局が、売れっ子プロデューサーのDJキャレドと歌手ドレイクのコラボ曲「For Free」ばかり流すと主張。これは「キャレドが仕組んだ」陰謀だとし、「キャレド、おまえはマイアミ出身のヒットメーカーだろ? オレの頭に送り込んでくれるなよ。オレはただラジオの仕組みについて会話したいだけなんだ。キャレド、オマエは本物のニガーだ。キャレド、オマエは真のニガーだ。鍵を握るのはオマエだ」と発言。被害妄想的な電波な発言が次々と飛び出し、観客を大いに混乱させた。

 このコンサートから2日後の21日。カニエは『Saint Pablo Tour』の残りの日程を全てキャンセルし、「チケット代はすべて払い戻す」とした。

とりあえず、ジェイ・Zは電話してあげて

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク