角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第124回

いよいよ新しい保育園作りがスタート、必要なものは子どもたちの安全を守る「○感」!?

kadokawa124
高山寺のトイレは汲み取り&和式で、絵に描いたような“出るトイレ”でした。外国人観光客の多い、伏見稲荷大社や金閣寺などは、整備されているのですが

 前回のこのコラムでお話しした通り、ご縁があって既存の保育園の経営を引き取ることになりました。保育園をもう1園やる! と決めた日から、いろいろと考えることが多くて楽しいです。やると決めた日に最初に浮かんだ保育名は、「衾の森こども園」(ふすまのもりこどもえん)。「衾」というのは、目黒区の環七の外にあるエリアの旧地名で、「駒沢の森こども園」がある八雲も、新しく開園する保育園がある中根も、江戸時代は「衾村」、昭和初期まで「碑衾町」でした。

 コンセプトは「駒沢の森こども園」と同じですが、敷地が狭いので、「幼稚園のアフタースクール」としては受け入れない予定。駒沢の森でキャンセル待ちをされていて「こちらでもいい」という方と、いまそこの保育園に通っている方で継続を希望する方でいっぱいになってしまいそうなので、今年は新規募集をしない方向です。もともとは認可保育所に入園できなかった方の受け皿保育園だったので、全員継続しなくてもいいぐらいの気持ちでやっています。ですが、何人かの保護者とお電話したところ、「あえて認可外に通っていた」というお話も聞きました。営業時間、職業の自由度(認可はフルタイム勤務の人が優先される)、延長保育を気楽に頼めることなどが、理由だそうです。

 来週、引き継ぐ保育園で説明会を行います。平日18時スタートなので、お迎えがてらの説明会です。だけど、その日は「暗剣殺」なんだよねえ。暗剣殺とは、突然のトラブルなど、他人に振り回される出来事が多い日という意味です。ほかに悪い日では「日破」というのがあります。契約、約束事がうまく行かない日とされているので、契約はもちろんそんな日にしないし、請求書の発送さえ、日破を避けています(やりすぎ)。暗剣殺は旅行のスタート日にはしません。気をつけて生活しているせいか、暗剣殺の日に悪いことが起きたことはありません。ちなみに、「大安」とか「仏滅」などはまったく気にしていないですね。

■真っ暗な公園で「遊んでいる子がいる」

 先日、娘の秋休みに、今年もまた2人で京都へ行ってきました。「京都が好き」なんて渋い小学生です。行く場所も渋くて、「鳥獣人物戯画」でおなじみの「高山寺」に行って、庭を見ながらお抹茶を飲んだり(もちろん高山寺でしか買えない、鳥獣人物戯画グッズを購入するのだけど)、彼女の熱い希望で、「陰陽師」で知られる「晴明神社」へ行ったりしました。歴史の本や漫画を読んで、「行きたい神社仏閣」が出てきたようです。成長を感じますね。

 娘は小さい頃は霊感があって、真っ暗の公園を指さし、「なんで遊んでいる子がいるの?」と言っていました。怖いでしょ(笑)。いまは煩悩にまみれた生活をしているのか、霊感ゼロですけど。私はちょくちょく感じるというか、視えたり……。あんまり言うと“デンパ”と思われるので、言わないようにしていますが、保育園でも怪現象は起きますよ。悪い霊じゃないけど、誰も触ってないおもちゃのスイッチが急に入って、音楽が鳴り出したこともあるし、子どもが指して教えることもあります。最近は女の霊がいたので、大至急大掃除、めだかの水替え、盛塩交換をしました。いつも閉め切っている更衣室で見たので、電気をつけっぱなしにして、明るく保つようにしました。

 前は、霊がいたらドアを開けて空気の入れ換えをしていたのですが、ゴキブリが侵入してきたので、閉めるようにしました。ところが、スタッフたちに話したら、「霊よりゴキブリの方がマシです! 寒くても開けてください」と言われました。さすがにこの時期、子どもたちがいる間は寒くてかわいそうなので、みんなが散歩に行ったら、すぐドアを開けることにします。悪い霊は悪いことしかしないので、強い結界を張らないと(まさに、デンパ)! 子どもたちになにかあってからでは遅いのです。

 ちなみに、子どもの集まるところには、子どもの霊が来ますが、悪いことはしません。子どもたちの中には視えている子もいるのかな。「知らないお友だちが今日はいた」とお家で話したら、成仏してない子が遊びにきたのかな? ぐらいに思ってください。怖いのは生霊と成人の霊なので!

角川慶子(かどかわ・けいこ)

1973年、東京都生まれ。「角川春樹事務所」会長・角川春樹氏の長女。自身も元アイドルという異色の肩書きに加えて、ビジュアル系バンド好きで、元バンギャルの”鬼畜ライター”としても活躍。2011年9月に「駒沢の森こども園」、2016年4月からは派遣ベビーシッター「森のナーサリー」をオープンさせる。家庭では8歳の愛娘の子育てに奮闘中。

 

もう今年だダメだから来年の運勢を見ねば!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  9. “○○が面倒くさい”芸能人
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  12. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  13. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 男性保育士問題へのリアルな本音
  19. 「親の弱さを知る」意味
  20. 清水富美加に教えたかったこと

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!