『99.9』とソックリ

織田裕二『IQ246』、小ネタで『相棒』『逃げ恥』『ATARU』満載も……視聴率2ケタギリギリ10.1%

1611_iq2465_1
『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)公式サイトより

 11月6日、織田裕二主演ドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)の第5話が放送され、視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。前回から視聴率を下げたものの、ギリギリ2ケタをキープしている。

 同ドラマは、IQ246の天才である貴族の末裔・法門寺沙羅駆(織田)が難事件に立ち向かっていく本格ミステリー。第5話では、沙羅駆がアートギャラリーのパーティーに参加し、アーティスト・千代能光一(成宮寛貴)と出会う。そんな中、パーティーに参加していた千代能の相棒・番田(矢本悠馬)が、不可解な事故死を遂げてしまう……という内容だった。

「成宮は、『相棒』で杉下右京(水谷豊)の相棒役を務めていたことで有名ですが、今回はそれを踏まえた小ネタが随所に仕込まれていました。沙羅駆に、『杉下さん』と呼び間違えられた刑事が、その場で杉下右京を思わせる紅茶を入れるふりを披露したり、『相棒』で成宮の恋人役を務めた真飛聖も出演したりと、『相棒』を見たことのある視聴者であれば、思わずにやけてしまうような仕掛けが満載でした」(芸能誌関係者)

 『相棒』ネタ以外にも、「沙羅駆が使用した油性ペンの名前が『マッキー』ならぬ『ガッキー』になっており、TBSで放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主演・新垣結衣を意識したものだと話題になっていました。また、劇中に登場したお菓子の名前が『チョコザイ』という名だったのですが、これは、同じくTBSのヒットドラマであるSMAP・中居正広主演『ATARU』の主人公のあだ名。パッケージには、ねずみらしきイラストが施され、これもチョコザイが持ち歩いていた『デグー』のマスコットをイメージしているといわれています」(同)という。

 こうした小ネタの応酬は、視聴者にも大好評で、「細かいところの『相棒』ネタが面白すぎ!」といった反響も上がっていた。

「実は、『IQ246』で演出を務める木村ひさし氏は、嵐・松本潤主演『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)を担当していた人物。同作でも、国仲涼子やKAT-TUN・中丸雄一といった各話ゲストにちなんだ小ネタを仕込み、話題を呼んでいました」(同)

 とはいえ、『99.9』には、視聴者から「ストーリーと関係ないネタが多すぎる」「小ネタがうるさくて事件の内容に集中できない」といった声も寄せられていた。その二の舞を演じないように、小ネタの数はほどほどにして、視聴率上昇を狙ってほしいものだ。

小ネタが薄ら寒くなるラインを見極めて!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク