[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP解散騒動、メリー氏の最新動向が「まったく聞こえなくなった」舞台裏

jyani_ushiro
ジャニーさんとメリーさんって、普段何の話するの? 天気の話とか?

 SMAP解散騒動の“真の黒幕”として、世間から猛バッシングを浴びていたジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長だが、近頃では、マスコミ関係者ですら、その名前を聞くことはなくなってしまったという。今年1月以降、SMAPの動向に関して逐一名前が取り沙汰されていたものの、この突然の雲隠れは、一体何を意味するのだろうか。

 メリー氏といえば、SMAPの“育ての親”である飯島三智元チーフマネジャーを、「週刊文春」(文藝春秋)インタビュー中に「(娘と対立するなら)今日から出て行ってもらう」と恫喝したことが話題に。結果的にこのやりとりが、SMAP解散の引き金になってしまったといわれている。

「メリー氏の動向は、週刊誌のみならず、御用達のスポーツ各紙でも報じられ、ジャニー氏は別としても、結果的に『メリー氏=諸悪の根源』という図式が、一般人にまで浸透。その責任を感じてなのか、メリー氏は『私はもう表には立たない』と言い、マスコミの取材を受けないどころか、その存在まで報道されない状態となってしまったそうです」(週刊誌記者)

 しかし芸能界の“女帝”といわれるメリー氏だけに、このまま黒子に徹するとは考えられないという指摘も。

「芸能事務所の経営陣は、所属タレント以上に自分たちのことを悪く書かれるのを嫌います。メリー氏に関しても、ヘタに矢面に立って批判されるくらいなら、あえてほかのジャニーズ幹部にSMAPの情報を流させることによって、自らは雲隠れしてしまおうという魂胆なのでは」(芸能プロ幹部)

 この“マスコミに情報を流す”ジャニーズ幹部は複数存在しており、彼らの暗躍によって、メリー氏への批判の声が鎮まっていることは事実のようだ。あ

「これまでマスコミに情報を提供するのは、メリー氏もしくは広報責任者の役割でした。しかし、現在では別のジャニーズ幹部が、主に週刊誌に対して積極的にネタを流している。マスコミ側としても、ヘタにメリー氏の動向に関する記事を書いてジャニーズの怒りを買うより、幹部が提供するSMAPの内部事情ネタをもらう方が“おいしい”と感じているようです」(前出・記者)

 こうして、今はすっかり姿を消したかに見えるメリー氏だが、果たして再びその名前が取り沙汰される日は訪れるのだろうか。

メリーさんの「飯島呼んで」で芸能界が変わったんだよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク