森林原人「AV業界には恩がある」――性暴力を憎んでも、セックスを諦めないでほしい。

(前回までのあらすじ)

女性読者の「セックスにまつわるお悩み」にヒントを与える一冊『イケるSEX』(扶桑社)をリリースしたAV男優・森林原人。彼自身にも悩みがある。ひとつは「仕事の方向性」。そしてもうひとつは、セックスの際の分析グセがつき「チンチンと僕の心が乖離している」と感じはじめていること。しQちゃんは愛する原人を性の底なし沼から引き上げることができるのか、それとも一緒に溺れてしまうのか……(原人と一緒なら溺れてしまいたいキュウ!)。

◎「今日は誰とどんなふうにセックスしたよ~」と報告されてみたい

――原人が恋人とセックスレスになる問題について。原人は、AV現場も含め外でヤリまくるから、同棲彼女とはしなくなると。で、原人は「女性も男性もヨソでしていい」という持論を唱えてるキュウよね。プラベの彼女にも、付き合ってすぐ、「どこで誰とエッチしてもいいよ」って言うキュウ?

原人 うん。でも実際、僕が「他の人とヤッてきていいんだよ」って言って、「ヤッてきました」って報告してくれた女の人は1人もいないんですよ。ヤッてきてても言わないのか、ヤッてきてないのか、そこは聞かないことにしてるんですけど。

――「ヤってきたよ」って言われたいのキュウ?

原人 一度経験はしてみたいですね。

――言われたらどんな気持ちになると思うキュウ?

原人 う~ん、そこに性的興奮を覚えるわけじゃないんですよ。相手をどれだけ好きかとかは関係なく、「え、どんなセックスしたの? 聞かせて聞かせて!」って、純粋に興味があるから、詳細を聞きたいなと思う。

――自分は月に1回しか同棲彼女とセックスしなくて、でも同棲彼女から毎日「今日は誰とした、どんなセックスした」って聞くとしても、それはアリ?

原人 そういう展開だったら、僕、月1じゃなくてもっとヤリたいってなったかもね……。月に1回しかセックスをしない状況、そのときの関係性はね、同棲している恋人同士ではあるんだけども、セックスに関する会話はほとんどなかったんですよ。

――どんな会話してたキュウ?

原人 テレビ見てて面白いねとか。そういう日常会話。避けてたわけでもないけど、セックスどうこうって話にならなかった。本当は僕もね、「今日は誰とどんなふうにセックスしたよ~」と報告されてみたい。経験してみたいです。

――本当かキュウ? 実際にどこそこで誰とヤってきたよって言うと、怒るキュウ、男の人。

原人 怒る?

――怒られたことあるキュウ。

原人 何て言って怒られるんですか? 「よその男とヤッてきてんじゃねぇ」ですか?それとも「そんなこと言うんじゃねぇ」ですか?

――前者。あたし「うるせえほっとけ!」って逆ギレしたキュウ。懐かしキュウ。そういえばあたし、さっきまで出会い系で出会った男とリアルで会ってたんだけど、このあと原人と再会できると思いつつ、舐め犬候補の別の男と会ってるのはチョイ興奮したキュウ~。

原人 なに? 舐め犬って。

――クンニ大好きな人。

原人 へぇー! 舐め犬っていうんだ。舐めダルマなら知ってる。舐めてもらう予定?

――わかんないキュウ。でも今日あたしカンジタだから、もともと今日舐められる予定ではなかったキュウ。カンジダストッパー!

原人 なんちゅーストッパーですか。

◎AV業界の未来が見えない

――原人はもう稼ぐだけ稼いだんだし、業界でも愛されてるから、好きなことをやるべきだと思うキュウ~。やっていくうちに、見つかるんじゃないかキュウ?

原人 今まではラッキーなことに、そうでしたよね。好きな方向に進んだらそのまま食えてた。好きなもの何でもやればそれでいい、だなんて、めちゃくちゃラッキーじゃないですか。

――運も実力のうちキュウよね。羨ましキュウ。

原人 でもいつ風向きが変わるかなんてわかりませんから。年を取ると、若い頃のように活動できなくなるのは目に見えていますし。体力的にも、現場の環境的にも。それはそれとして、僕、しQちゃんにやめてほしいことがひとつあるんです。僕をイケメン俳優とかアイドルとかの顔にハメ込むコラの作成、やめてもらえませんか?(真剣)

――キュキュウッ!!!! 「原人くんの言いなりになんてならない」のコラポスターとか、韓流アイドルのコラのことキュウ? あ、あたしには、原人が中●×人に見えちゃうのキュウ、許してキュウ……。ていうか顔が原人になっても違和感ないキュウ?

原人 あるっつーの。やめて。一方で、しQちゃんにはほんと感謝してて。

――え~嬉しキュウ!!!!

原人 練馬に、有名なおはぎ屋さんがあるんですよ。そのおはぎ屋さんで、アルバイトさんだと思うんですけど、お会計のときにレジの女の子が声かけてきたんですよ。店長のオヤジさんが奥に引っ込んだ時に、「森林さんですか?」って。「しQちゃんのツイッターで、知りました、頑張ってください」と……。しQちゃんすごいなぁと思って。あと、ソフトオンデマンドの山本わかめさんという若手女性監督からも、「しQちゃんがあまりにも押すから、森林さんのこと、ツイッターでフォローしました」と。「しQちゃんのために、原人でビデオ撮ります」って……。

――WAO! おはぎちゃん&わかめ監督サンキュウ~~~! っていうか、原人はさっきから年齢のこと気にしてるけど、40代で活躍してる男優もいるじゃないかキュウ。大島丈さんと田淵正浩さんなんか、messyでも人気らしいキュウ。このあいだ坂口杏里ちゃんのAV見たキュウけど、めっちゃベロベロチューしてるなって思ったら、大島さんだった。たとえば大島さんみたいになりたいとは思わないキュウ?

原人 僕はなれない、大島さんとか田淵さんには。

――なんで諦めてるのっ!!!!!!!(叱咤)

原人 彼らは、仕事が生き様になってるんですよね。25年以上のレジェンド枠は。何の違和感もないっていうか、無理がない。

――原人ちゃんは無理がある?

原人 無理はないですけど、あそこに辿り着くには運がないとダメですよ。

――また運かよ。運ならお前も持ってるじゃろうが!!!!!(激励)

原人 健康運と時代の運。僕が40代、50代になる頃、いや10年後にAVがあるかなぁ……。

――そんなぁ~俺がAVを変えてやる、背負ってやる!くらいの気持ちでイケキュウ。あたし根性論振りかざすクソ上司みたいになってるキュウ? ワタミってる?

原人 エロメディアそのものは、需要があるし、なくならないと思う。でも、必ずしも今と同じアダルトビデオという形態が存続するかは不透明です。ただ、どんなふうに形を変えようとも、僕はエロ業界で生き残りたいですね。

――なんだ、自分の中で答えは出てるキュウ。

原人 そう、なんですよね(照)。

――とりあえず、あたしからのアドバイスは……「バンドやれば?」

原人 ファッ!?

――絶対に……原人の悩み、全部ソッコーで解決するよ!

原人 バンドってことは、誰かと組むんですよね。

――メンバー募集して。麻薬的なことだよね。理想を失った方がいいよ、原人きっと。「ゲスの極み原人。」どうキュウ?

原人 いやいやいやいや。僕、歌は自信ない。大島さん、いい声してるから大島さんに歌ってもらって。

――だめ、原人が主役じゃないとイヤ。

原人 でも、大島さんほんっとにスゴイんですって! この間、大阪で女性向けの男優イベントをやったんですよ。80人定員で20人はプレミアム特典をつけて1万円、他は8000円の入場料。高いでしょ? だけど完売したんですよ。

――すごい、エロメン並キュウ。

原人 その中でダントツの一番人気は大島さん。トークが終わった後にチェキを撮るんですよ、個別の。1枚1000円なんですけど、僕は34枚だった。3位だったんです。2位が小田切ジュンくんで38枚。大島さんが1位で70枚。

――ダントツだー。人気の理由はなんなんキュウ?

原人 恋させてくれるんですって。

――えっ、AKBキュウ? そんな恋は苦しいよ~だってファンのみんなに同じように優しいんでしょ……。

原人 そうそう、神対応、でもだからみんな苦しいんですよ。そのイベント終演後にオフ会みたいなファンの集いをやったんですが、イベントのお客さん80人のうち67人も来たんですよ。そのほとんどが、大島さんとしゃべりたいって。大島ファンだらけなんです。

――大島さんの人気がすさまじいことはわかったキュウけど、原人ちゃんがフロントマンになるべきだと思う。

原人 でも、エロから遠ざかってしまいませんか。さっき、AVの将来に悲観的なことを言ってしまったけど、僕はAV業界に拾ってもらったっていう意識はすごくあって、できればなんとかしてこの業界を盛り上げたい気持ちもあるんですよ。

――恩がある……SMAPみたいキュウね。

原人 そう、それがあるから、AV業界が今、どう見てもピンチなので、なんとかしたいんですよね。いいように叩かれて萎んでいくのはイヤですよ。一方で、AVがつまらなくなってきてるんじゃないかって自覚もある。80年代、90年代あたりはネットがなかったから、変わったことをする映像制作の現場はAVしかなかったんですよ。テレビで出来ないことはAVが全部やってた。でもネットが発達して、YouTubeができて、誰でも動画UPできて……今のAVに残されたのは「オカズ用のエロ」しかなくなっちゃったように思うんです。結果、マーケティングに左右される、計算されたエロばかり。これじゃいかんでしょ。ピンクカルチャーとして、文化として認められるものを作っていきたい。

――原人ちゃんアツいキュウ!

原人 AVを叩く風潮が強まってる一因として、「セックスに恨みを持ってる」人というのもいると思うんですね。もちろん性暴力は悪だけれども、セックスそのものは必ずしも暴力的なものじゃないし悪じゃないはずです。セックスを楽しむことを、諦めちゃいけない。

――原人ちゃん、声あげてこう。

原人 「リビドーリブ」です。

――もうフジロック参加したらいいと思う。それで「チンチンと僕」を歌う。ゲスはやめて、「原人ズ」にしよう。

◎原人と結婚したいキュウ

――最後に、あたしの悩みも聞いて欲しいキュウ。あたし、原人と結婚したいキュウけど、どうすればいいキュウ?

原人 ……しQちゃんって、メンヘラでしょ? ま、僕もメンヘラだからいいんですけど。でも僕は、チンポのあるニューハーフが好きだから。セックスするならニューハーフ。そして子供が欲しいから女性と結婚したいとも思っているけれど、しQちゃんは産みたくないキュウでしょ?

――ぐぬぬ……。じゃ、女性と一対一で添い遂げるみたいな「結婚」は、原人にとって現実的じゃない?

原人 うーん……。僕、昔はハンマーで叩かれるのが愛情だと思ってたんですよ。『シティハンター』の香が大好きで。だから、恋愛対象はいつもメンヘラだったんです。香だってメンヘラでしょ? あういうのが愛情だと思ってたから……。今はもう、メンヘラ恋愛からは卒業したんです。

――えーなんで? あ、大恋愛の話聞きそびれたキュウ。

原人 大恋愛っていうか、喧嘩ばっかりしてたんですよね。ほんと些細なことで……僕から喧嘩をふっかけるパターンはあんまりないんですよ。向こうから来られて、喧嘩、セックス、喧嘩、セックスの繰り返しみたいな日々でした。すごい年下だったし。

――王道キュウね、メンヘラ恋愛のね。

原人 色々なペアルックしたりとか。最初にペアリング作るじゃないですか。それ以外にもお揃いのスニーカーをNIKE IDで作ったりとか。あとは限定のミッキーのTシャツとか、PRADAのキーホルダーとか。喧嘩して、セックスで仲直りして、ペアルックして。

――くだらない内容の喧嘩ってどういう?

原人 えーっと。僕が出てるビデオを見て、「女優さんと手を繋ぎながらセックスしてた」って。

――騎乗位のときとか、繋ぐキュウよね。

原人 そう。芝居だし、体を見せやすくするためだから……と言い訳するんだけど、「正常位は繋がなくったって出来るでしょ?」みたいな。で、手を繋いだ正常位でセックスして仲直りする。

――彼女とは日頃、手を繋いでいなかったの?

原人 繋いでた。でもイヤだって。だから女優とは正常の時はもう手を繋がないよ、っていう。

――あたし現役メンヘラだしその昔の彼女さんの気持ちわかる気がするキュウ~。原人が双子……ううん、三つ子とかだったらよかったなぁ~。3番目の原人でいいから付き合いたかったキュウ。原人は6人くらいいてほしい。バンド、全部原人ひとりでやって、合成するのはどうキュウ? 夢があるキュウ(あたしにとって)。

原人 責任もって、売ってくださいよ?

――いっそ、ロックやめてビジュアル系でやれば!? 原人イケます!!!!

原人 ビジュアル系……ないわ~。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  9. “○○が面倒くさい”芸能人
  10. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  11. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  12. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  13. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 男性保育士問題へのリアルな本音
  19. 「親の弱さを知る」意味
  20. 清水富美加に教えたかったこと

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!