その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「自分たちができない代わりに……」、木村拓哉がベストアルバム発売に意味深発言

 SMAP・木村拓哉が男性ファッション誌「UOMO」(集英社)で連載している「木村拓哉 Session」。「ホンネ」がテーマの12月号(10月24日発売)では、グループの解散や今後の活動について素直な思いを語っている。

 木村は8月の解散発表時、プライベートで米ハワイに滞在。一部報道によれば、元チーフマネジャー・飯島三智氏と木村を除くメンバー4人がジャニーズ事務所からの独立を検討した昨年末、木村だけは残留の意思を表明。メンバー内が1対4の構図となるなどしこりが残り、最終的に木村はハワイで「解散」という決定事項を伝えられたとされている。

 そんな木村は“ホーム”ともいえる同誌の連載で「自分のスタンスとしては、これまで『I am』ではなく、『We are』でずっとやってきました。『We』の中には支えてくれるファンやスタッフもいて、そういう人たちに向けてしっかりコミュニケーションがとれないまま半端なかたちで終わってしまうことが本当に残念です」と、本音を吐露。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク