今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

影響を受けやすい女、高樹沙耶の人生における最大の疑問点とは

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

zeitakunakurashi.jpg
『贅沢な暮らし』(エクスナレッジ)

◎お元気ですか?
 付き合う男によって、自分をコロコロ変える女というのは、有名無名問わずいるわけで。工藤静香だって、YOSHIKI時代は白い肌にハードロックな服装だったのに、キムタク(SMAP・木村拓哉)派になったとたん日焼けスウェットのサーファーファッションに。派ってことではないわけだが。

 しかし、高樹沙耶の影響のされやすさはすごいな。どんなにオルグされても、普通は日本記録なんか出せないもの。水中カメラマンと付き合ったらダイビングに傾倒し、「大麻系活動家」にのめり込むと、そのままハッパにシフト。

 こんなに染まりやすい女と結婚したというのに、まったく染められなかった中西圭三の立場は。

◎AAAで決定済み?
 後追いもなく、まったく無視された形の「三代目JSB、レコード大賞『購入』報道」。事件そのものには特に驚かないが、シッポを捕まれたことには驚いた。文春力……。

 しかし演歌歌手ならまだしも、あの系統って、もうそんなに「レコード大賞」に有り難み感じてないと思うんだが。ずっと長いこと、バーニングの「シノギ」になってるってことなんだろうなぁ、きっと。

 疑惑払拭の道は1つ。「受賞者・ピコ太郎」。今年を境に変わるしかない。

◎椅子ごと倉庫へ
 イルカショーのイベントで、笛を咥えて直接イルカに指示を出していた松岡茉優。いわゆるホイッスル型じゃなくて、細長く白い形状なヤツなもんで、何かこう、例のモノを連想させる結果に。

 久々に表舞台に出てきた関根麻里も、見た目が何かこう、第二形態みたいに変化しちゃったし。自薦他薦を問わず、ベッキーの座っていたあの椅子、なかなか埋まらないもんである。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク