集団強姦疑惑を警察に委ねる慶應大学は、自ら謳う「自分の頭で考える力」を放棄している

◎当該団体にあっては過去にも問題を繰り返し惹起しており、大学がその都度指導に当たってきました

慶應義塾大学塾長 清家篤 「告示」(10月4日)

 10月4日に大学が清家塾長名で出した「告示」を読んでみる。複数人の未成年者の飲酒があったので同団体への解散を命じたというのが主旨。では、その飲酒行為は具体的にどのようなものだったのか。“複数回にわたり関係者に事情聴取”した成果なのか、なかなか具体的に記されている。

 「互いを指名して飲酒するよう囃し立てる、或いはゲームの勝敗により酒を呷る等の危険な行為があったことが確認されています」とある。男子学生6人のもとへ連れてこられた女子学生は、ショットグラスになみなみと注がれたテキーラを5杯程度連続で飲まされたと『週刊文春』に証言しているから、この証言は大学の「告示」と合致している。ここまで認識できたが、その後の暴行の事実については確認できなかった、と大学側は主張する。週刊誌がその後の事実を克明に記しているが、それ以上は追いかけない。随分と都合の良い事情聴取に思える。

 しつこく問う。「告示」にはこうも書かれている。「当該団体にあっては過去にも問題を繰り返し惹起しており、大学がその都度指導に当たってきました」。この問題の最たる事例は2009年、東急東横線日吉駅構内を全裸で疾走し、その模様をビデオに撮影、10名が公然わいせつ容疑で書類送検された一件だろう。翌年の「ミス慶應コンテスト」は、この事件を受けて中止された。公然わいせつ容疑で書類送検された団体が相変わらず「惹起」してきたならば、今回の集団強姦疑惑、急いで未成年飲酒のみで収めようとする対応を「隠蔽」と言われても致し方ない。

 この団体に所属する慶大生は『週刊文春』の記者に数枚の写メを見せて、「これ、いくらで買いますか?」「買うなら今!」(同前記事より)と売り込んでいる。その写真は、女性に覆いかぶさる男、そして女性の顔に性器を押し付ける別の男が写っていたという。彼は「写真見ます? マジ、ヤバイっすよ。芸術作品っすよ」と記者に見せてきた。あまりに愚かな連中である。

◎新しい状況を自ら正確に理解し、その理解に基づいて問題を解決すること

慶應義塾大学塾長 清家篤  学生に向けたメッセージ(慶応大学HPより)

 ワイドショーでもこの事件は頻繁に取り上げられていたが、大学生はもう大人なのだから大学側がどこまで責任をとるべきなのか、警察が動き始めたならばそっちに任せるべきだろう、といった意見をいくつか聞いた。彼らが大人なのかどうかが問題なのではない。所属する人間が愚行に及んだ可能性が極めて高いならば、その所属先は事実を掴まねばならない。放置してはいけない。ましてや、そこに被害を訴えている学生がいるのだ。もし、自分たちが強姦の事実を確認できないと結論付けたのならば、自分たちの調査結果とまったく違う報道をしている週刊誌に対して「そんな事実はない!」と抗議文でも送ったらどうか。

 影響力の多少で考えるべきではないかもしれないが、有名大学のミスコン、その主催団体は単なるサークルではない。スポンサーが付き、当日は、芸能事務所やテレビ局の関係者が出入りする。ミス慶應となった女性たちのその後の活躍は明らかに大学の広報活動に多大な影響力を持っている。だからこそ、集団強姦が明らかになる前に、この「広告学研究会」を未成年飲酒で切ったのだろう。週刊誌で事件の詳細を読むことのない人たちには、「性的暴行などの事件性は確認できなかった」という学校側の見解が認識されるだけで終わる可能性もある。これでは被害を訴える女性が浮かばれない。

 『週刊文春』の続報記事では、この広告学研究会の日吉キャンパスの代表を務め、事件の現場にいた二年の男子学生に取材しているが、彼は被害にあった女性に対し、「ミスコンが中止になったのはオマエのせいだ」というLINEを送り、6人のファイナリストに直接謝罪しに行くように脅していたという(女性の知人の証言)。事実ならば鬼畜である。

 清家塾長は大学のホームページに載せた学生に向けたメッセージで、これからの時代を生きる学生たちに必要なのは「新しい状況を自ら正確に理解し、その理解に基づいて問題を解決すること、つまり自分の頭で考える力です。自分の頭で考えるということは、考えるべき問題を見つけ、その問題を説明し、その説明が本当に正しいかどうかを客観的に確かめ、それが正しいならばそれにもとづいて問題を解決していく、というプロセスを意味します」と語っている。

 ご自身の言葉を今一度通読されることをお薦めしたい。もしも、彼らがやっていないのならば、彼らを守るために週刊誌に抗議をするべきだ。もしも、彼らがやっているならば、被害女性を守るために彼らを退学処分にすべきだ。「警察に任せています」という対応は、何よりそちらの美学に反する。今こそ「自分の頭で考える力」のお手本を示すべきではないのだろうか。「自分の頭で考えて」、必死に告発している学生がいるのだから。

当該団体にあっては過去にも問題を繰り返し惹起しており、大学がその都度指導に当たってきました

慶應義塾大学塾長 清家篤 「告示」(10月4日)

 10月4日に大学が清家塾長名で出した「告示」を読んでみる。複数人の未成年者の飲酒があったので同団体への解散を命じたというのが主旨。では、その飲酒行為は具体的にどのようなものだったのか。“複数回にわたり関係者に事情聴取”した成果なのか、なかなか具体的に記されている。

 「互いを指名して飲酒するよう囃し立てる、或いはゲームの勝敗により酒を呷る等の危険な行為があったことが確認されています」とある。男子学生6人のもとへ連れてこられた女子学生は、ショットグラスになみなみと注がれたテキーラを5杯程度連続で飲まされたと『週刊文春』に証言しているから、この証言は大学の「告示」と合致している。ここまで認識できたが、その後の暴行の事実については確認できなかった、と大学側は主張する。週刊誌がその後の事実を克明に記しているが、それ以上は追いかけない。随分と都合の良い事情聴取に思える。

 しつこく問う。「告示」にはこうも書かれている。「当該団体にあっては過去にも問題を繰り返し惹起しており、大学がその都度指導に当たってきました」。この問題の最たる事例は2009年、東急東横線日吉駅構内を全裸で疾走し、その模様をビデオに撮影、10名が公然わいせつ容疑で書類送検された一件だろう。翌年の「ミス慶應コンテスト」は、この事件を受けて中止された。公然わいせつ容疑で書類送検された団体が相変わらず「惹起」してきたならば、今回の集団強姦疑惑、急いで未成年飲酒のみで収めようとする対応を「隠蔽」と言われても致し方ない。

 この団体に所属する慶大生は『週刊文春』の記者に数枚の写メを見せて、「これ、いくらで買いますか?」「買うなら今!」(同前記事より)と売り込んでいる。その写真は、女性に覆いかぶさる男、そして女性の顔に性器を押し付ける別の男が写っていたという。彼は「写真見ます? マジ、ヤバイっすよ。芸術作品っすよ」と記者に見せてきた。あまりに愚かな連中である。

◎新しい状況を自ら正確に理解し、その理解に基づいて問題を解決すること

慶應義塾大学塾長 清家篤  学生に向けたメッセージ(慶応大学HPより)

 ワイドショーでもこの事件は頻繁に取り上げられていたが、大学生はもう大人なのだから大学側がどこまで責任をとるべきなのか、警察が動き始めたならばそっちに任せるべきだろう、といった意見をいくつか聞いた。彼らが大人なのかどうかが問題なのではない。所属する人間が愚行に及んだ可能性が極めて高いならば、その所属先は事実を掴まねばならない。放置してはいけない。ましてや、そこに被害を訴えている学生がいるのだ。もし、自分たちが強姦の事実を確認できないと結論付けたのならば、自分たちの調査結果とまったく違う報道をしている週刊誌に対して「そんな事実はない!」と抗議文でも送ったらどうか。

 影響力の多少で考えるべきではないかもしれないが、有名大学のミスコン、その主催団体は単なるサークルではない。スポンサーが付き、当日は、芸能事務所やテレビ局の関係者が出入りする。ミス慶應となった女性たちのその後の活躍は明らかに大学の広報活動に多大な影響力を持っている。だからこそ、集団強姦が明らかになる前に、この「広告学研究会」を未成年飲酒で切ったのだろう。週刊誌で事件の詳細を読むことのない人たちには、「性的暴行などの事件性は確認できなかった」という学校側の見解が認識されるだけで終わる可能性もある。これでは被害を訴える女性が浮かばれない。

 『週刊文春』の続報記事では、この広告学研究会の日吉キャンパスの代表を務め、事件の現場にいた二年の男子学生に取材しているが、彼は被害にあった女性に対し、「ミスコンが中止になったのはオマエのせいだ」というLINEを送り、6人のファイナリストに直接謝罪しに行くように脅していたという(女性の知人の証言)。事実ならば鬼畜である。

 清家塾長は大学のホームページに載せた学生に向けたメッセージで、これからの時代を生きる学生たちに必要なのは「新しい状況を自ら正確に理解し、その理解に基づいて問題を解決すること、つまり自分の頭で考える力です。自分の頭で考えるということは、考えるべき問題を見つけ、その問題を説明し、その説明が本当に正しいかどうかを客観的に確かめ、それが正しいならばそれにもとづいて問題を解決していく、というプロセスを意味します」と語っている。

 ご自身の言葉を今一度通読されることをお薦めしたい。もしも、彼らがやっていないのならば、彼らを守るために週刊誌に抗議をするべきだ。もしも、彼らがやっているならば、被害女性を守るために彼らを退学処分にすべきだ。「警察に任せています」という対応は、何よりそちらの美学に反する。今こそ「自分の頭で考える力」のお手本を示すべきではないのだろうか。「自分の頭で考えて」、必死に告発している学生がいるのだから。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク