[ジャニーズ・メディアの裏側]

TOKIO・山口達也、アルコール依存症で通院中? テレビ局関係者が暴露する「酒席で悪評」

tokiyamasan.jpg
その肌の黒さ、肝臓やってんじゃないかって心配してたけど

 今年8月、ジャニーズ事務所のタレントでは異例の“離婚会見”を行ったTOKIO・山口達也。会見では、自身を「未熟で身勝手」だったとし、離婚原因も「私にあります」と断言したことで、「世間の評判を下げることなく、むしろ好印象の会見となった」(芸能ライター)ようだ。そんな山口に関して、25日発売の「女性自身」(光文社)が、現在“通院中”であると報じ、関係者の間で心配が広まっているという。

「同誌は離婚会見前の今年6月から、病院に出入りする山口の姿をキャッチしていたとのこと。記事によれば、この病院はアルコール依存症の治療に定評があるといいます。山口は会見の際、離婚の原因は1つではないとし、自分の『趣味のサーフィン』や『お酒の付き合い』などにも問題があったと話していたことから、同誌は当初からアルコール依存症の治療を疑ったようです」(同)

 同誌の取材に対し、ジャニーズ側は、山口のアルコール依存症疑惑を否定。しかし、「山口が1年半ほどにわたって病院通いをしていることを認め、その理由を、離婚問題で弱った心身のケアと回答しています。ただ、すでに健康な状態に戻っているとのことです」(同)。

 あるテレビ局関係者は、山口のアルコール事情について、次のように明かす。

「山口の酒好きは有名で、実際迷惑をかけられた関係者も少なくなかった。まだ仕事が残っているスタッフを誘って飲みに繰り出すなど、強引なところもありますからね。それに結婚後も、『山口が酔っ払って女性を誘っていた』なんて話が聞こえてくることも」

 山口は会見時、離婚の原因を明言していなかったが、今回の通院報道になにかしらの因果関係はあるのだろうか。

「結婚生活中、山口は趣味のサーフィンのために鎌倉に引っ越しましたが、仕事が忙しいことを理由に都内にも別宅を持ち、妻子を住まわせていた自宅には週2日ほどしか帰らない時期が長かったといいます。酒癖、女癖が悪い山口が週に5日も都内で自由にできていたわけですから、やはり悪いウワサもありましたよ。今年7月に、山口が司会を務める情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)に“眼帯姿”で出演した際も、本人は『自転車で転んだ』なんて言っていましたが、業界内では『酒絡みのトラブルではないか?』という声が飛び交っていました」(同)

 依存症ではないにせよ、アルコールとの付き合い方には気をつけてほしいものだ。

酒癖を治そうとしてるのなら応援してる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク