[官能小説レビュー]

『花芯』とは女性器の喩え――瀬戸内寂聴の描く激情の女が魅力的に映るワケ

『花芯』とは女性器の喩え――瀬戸内寂聴の描く激情の女が魅力的に映るワケ

 相手を想う気持ちとセックスがストレートに結びついている女性を羨ましいと感じる。これまで数多くの女流官能小説家の作品を読み、そこに表出する彼女たちの内面に触れるたびに、つくづく体と心はイコールではないと感じてしまうのだ。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

『花芯』とは女性器の喩え――瀬戸内寂聴の描く激情の女が魅力的に映るワケのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 官能小説レビューのニュースならサイゾーウーマンへ!