[官能小説レビュー]

『花芯』とは女性器の喩え――瀬戸内寂聴の描く激情の女が魅力的に映るワケ

kasinkodansya.jpg
『花芯』(講談社)

 相手を想う気持ちとセックスがストレートに結びついている女性を羨ましいと感じる。これまで数多くの女流官能小説家の作品を読み、そこに表出する彼女たちの内面に触れるたびに、つくづく体と心はイコールではないと感じてしまうのだ。

 世間ではそういった女性たちは、「アンバランスな存在」だと横目で見られてしまう。しかし彼女たちは、恋愛にも性にも貪欲だからこそ、バランスを欠いてしまうのではないだろうか。そんな性質により、ひとたび心と体が一致すると、燃え上がるような究極の恋愛に到達することができるのではと思えてならない。

 今回ご紹介する『花芯』(講談社)は、かの有名な尼僧である瀬戸内寂聴氏の自叙伝ともうわさされる小説であり、寂静氏が「子宮作家」などと呼ばれることになった作品である。

 時代は、第二次世界大戦の翌年。主人公は、当時、周囲に「不良少女」と呼ばれていた数え年で20歳の園子。学生時代、セックスそのものはしないものの、同級生や若い教師までにも、キスや愛撫を許すなど、性に奔放な女性だ。

 園子は、小学生からの許嫁であった雨宮と結婚する。園子の父親と雨宮の母親はいとこ同士で、園子の母はかつて、雨宮の母親から園子の父親を略奪した過去を持つ。

 雨宮と結婚をすることは園子にとってごく自然なことであった。美しい容姿を持ち、しかも秀才である雨宮とともに東京に移り住み、しばらくして長男を授かった。

 しかし東京から京都に移り住んだことが、園子にとって大きな転機となる。雨宮に京都支店への転勤の辞令が出たのだ。そこで知り合ったのが、京都支店長代理の越智である。園子たちの住宅を用意して京都で待っていた越智は、昔関係を持っていた年上の未亡人のアパートを園子たちに引き渡した。その未亡人は、越智が学生の頃から彼を誘い出し、ことあるごとに彼の人生に口を挟んでいたというとんでもない女性であった。

 越智と見つめあったとき、園子の体の奥底で微かな異変が起きる。園子は、越智に恋をしてしまったのだ。越智への気持ちに気づいた園子は、夢の中にも彼を登場させてしまう。うなされて目を覚ますと、雨宮が心配そうに声をかけてきた。いつものように妻として彼との夜の営みに応じようとしたが、反射的にその腕を避けてしまう。そして、雨宮に対して、越智への気持ちを暴露してしまうのだ。

 園子の気持ちを知ってしまった雨宮は、暴力を振るうようになる。そんな矢先にアパート内でひょんな出来事があり、園子は実家に戻されることに。彼女の後を追って、越智は汽車に乗って東京へと向かう。ようやく再開できた短い時間の中で、2人は互いの愛情を確かめ合った。その後、箱根へ向かい、2人だけの短い時間を過ごすのだが――。

 筆者にとって園子という存在は、性的な欲求と精神的な欲求がかみ合っていない、アンバランスな存在に感じる。その危うさは、人から疎まれる半面、彼女の魅力であり、若い頃から無意識のうちに男性を引きつけてしまった原因なのだろう。

 ちなみに“花芯”というのは、女性器のことを意味しているという。花に喩えた女性の芯となる部分を震えさせる存在であった越智との短い恋は、その後の園子を支え続けていたのではないだろうか。自身を生きづらくした相手に生かされている――そんなアンバランスさも、彼女の魅力なのかもしれない。
(いしいのりえ)

寂聴、まだまだ生きて!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク