今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

「1本満足バー」ライブ編CMのSMAP・草なぎ剛が教えてくれること

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

kusanugikun.jpg
演技力とダンス能力を惜しむことなく披露

◎スポットライトのあたるステージ
 「1本満足バー」のCMでいつものスパークを見せる草なぎ剛。ライブバージョン。

 本丸のSMAPがステージなしのまま終わる可能性が高い中、草なぎの最後のライブが、まさか「マンマン満足」とは。去年の自分に教えてやりたい。

 SMAP25周年よりも、1本満足10周年。SMAP終了後も、人生は続くからね。

◎読者目線を忘れない
 長谷川豊のポジションを埋めるため、レギュラー皆で鋭意協力中の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)。先日、時々呼ばれる「SPA!」(扶桑社)編集長がゲストに。冒頭で、最新号の「SPA!」持ちながら登場していたのだが。

 表紙の右上をガッシリ手で掴み、雑誌で一番大事な右肩の見出しが、ずっと隠れて見えないまま。……むぅ。こういうセンスの人が編集長かぁ。

 よく、「嫌われるダメ上司の特徴」「低収入者がよくしてしまう行動パターン」といった企画が目立つ「SPA!」であるが。それを自ら示して見せているということなのか? 「ね?」ってことなのか? 編集長自ら、テーマを体現しているってことなのか?

 上見て暮らすな、「SPA!」見て暮らせ。

◎あと3カ月早ければ
 長い沈黙の後、Twitterでケンカに告知に夢を語りと、ハジけるANRIこと坂口杏里。「1ヶ月ちょいで5万人」というフォロワー人数を自慢げに報告しつつ、自身への質問を募集。もちろん、ものすごい数が一気に寄せられた。

 ……危なっかしいなぁ。

 5万人のフォロワーも、質問殺到も、ほんの一時期、今だけ限定の話。世間もフォロワーも承知の上だが、本人だけ自覚なし。今「セクシー女優に転向してよかった!」くらいの恍惚状態にあるんだろう。飽きられた後、どんなカンフル剤を入れようとするのか、もうもう今からイヤな予感しかないが。

 「実写版」のランドマークがせっかく誕生したというのに、映画『闇金ウシジマくん』がファイナルに。遅く来たスターの不運を、嘆くしかない。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)、近著に『気になる「あそこ」見聞録』(新潮社)がある。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク