まさかの大ヒット

『逃げ恥』火10最高12.1%! 勝因は「新垣結衣の可愛さ頼み」ではない“仕掛け”の数々?

1016_nigehazi_1.jpg
『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)公式サイトより

 新垣結衣主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の第2話が18日に放送され、視聴率は12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。初回10.2%から、2ポイント近く数字が上昇し、今期ドラマの最注目作との呼び声も高いようだ。

 『逃げ恥』は、院卒なのに内定なしの主人公・森山みくり(新垣)が、独身会社員の津崎平匡(星野源)と出会い、雇用主と従業員という関係の“契約結婚”をするラブコメディー。第2話では、2人がそれぞれの親族に会って、結婚について話し合うという初めての共同作業を行った。

「期間限定で公開された第1話の『見逃し配信』は、各配信サイト合計で100万回再生を突破するなど、人気を博しています。初回では冒頭に『派遣社員・森山みくり』が登場する『情熱大陸』(TBS系)、第2話では『専業主婦・森山みくり』が登場する『ニュース23』(TBS系)のパロディ映像が流れるなど、遊び心ある演出が好評のようです」(芸能ライター)

 また、『逃げ恥』は本編以外でのさまざまな仕掛けも話題を呼んでいる。

「主題歌『恋』に合わせて、新垣たちキャスト陣がダンスするエンディングが大好評で、13~18日までダンスのフルバージョン動画も公開され、500万回以上の再生数を叩き出しました。人気のあまりYouTubeやTwitter上では、視聴者が恋ダンスを真似する“踊ってみた”動画も次々に投稿されていて、大きな盛り上がりをみせています。また、レシピ検索サイト『クックパッド』上にて、劇中に登場するレシピを公開しているほか、登場人物の沼田(古田新)も、実際に同サイトで『ハートフル坊主』の名でアカウントを持ちレシピを披露しており、ネット上では『ハートフル坊主のアカウントが本当にあってビックリ!』『芸が細かいな~』などと関心の声が上がっています」(芸能ライター)

 『逃げ恥』が放送されているTBS“火10枠”は、2014年4月の開設以降、視聴率の低迷が続く“爆死枠”として知られていた。

「そのため放送前は視聴率が不安視されていたのですが、第2話の12.1%という数字は、同枠の最高視聴率を更新。TBSも歓喜していることでしょう。新垣はこれまで、その愛らしいルックスで幅広い層から支持を得ていましたが、その半面『顔が可愛いだけ』との声も根強く、昨年10月期主演ドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)の全話平均は9.7%と2ケタ割れ。若手女優が続々と台頭する中、徐々に人気が低迷するのでは……と予想されたものの、『逃げ恥』では、新垣の可愛さ頼みではないドラマ作りが功を奏したようですね」(同)

 次回はどんな仕掛けを用意しているのか、期待して待ちたい。

星野源、女子人気爆発問題に関しては今後掘り下げます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決