その他
【ジャニーズ研究会レポート】

SMAP×イエモンの選曲にファンが感動したワケとは?

 『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)では、さまざまなアーティストとのコラボレーションや、SMAPの楽曲を披露するコーナー「S LIVE」が設けられている。スタジオセットや照明、衣装までかなり本格的に作りこまれており、ひとつのコーナーとは思えないクオリティの高さだ。また、今年いっぱいでグループとしての活動を終了することが発表された今、SMAPのパフォーマンスが見られる貴重な機会になっている。

 10月17日に放送された「S LIVE」には、日本を代表するロックバンドTHE YELLOW MONKEY(以下、イエモン)が登場。1999年に発売されたシングル「バラ色の日々」と、10月19日に発売されるシングル「砂の塔」のカップリング曲として収録されている「ALRIGHT」をSMAPとともに披露した。

 イエモンは88年に結成し、92年にメジャーデビュー。その後数々のヒット曲を生み出し、日本武道館、横浜アリーナをはじめとする会場でライブツアーを行うなど、精力的に活動を続けていた。しかし、2001年に行われた東京・大阪ドームのコンサートを最後に、バンド活動を休止することが発表され、04年にはグループを解散している。

 それからは年に数回ライブDVDや写真集が発売されていたが、メンバーが集まる姿は見られなかった。ところが、メジャーデビュー20周年を迎えた12年、突如イエモンのTwitterとFacebookの公式アカウントが開設され、今年メンバー4人が再集結。グループとしての活動を再開した。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク