泥舟でした……

唐沢寿明『ラストコップ』第2話7.4%で“消費税割れ”! 映画化はさらなる泥沼へ……

lastcop1018.jpg
『THE LAST COP/ラストコップ』(日本テレビ系)公式サイトより

 すでに、来年ゴールデンウィークの映画公開が決定済みの日本テレビ系連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』(唐沢寿明主演/土曜午後9時~)が爆死を連発して、同局は泥沼にハマりそうな様相を呈してきた。

 『ラストコップ』は10月8日にスタートしたが、初回から8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタに乗せられず。15日放送の第2話では7.4%まで数字を下げる不振に見舞われている。

 この低調ぶりは、大方予想されたことだ。日テレでは、連ドラスタートに先駆けて、9月3日、10日、17日に「3週連続ラストコップ祭り」として全3話からなるプレ番組『THE LAST COP/ラストコップ‐episode0‐』をオンエア。しかし、その視聴率は初回こそ10.4%とかろうじて2ケタに乗せたものの、第2話は5.9%、第3話は7.3%と爆死してしまった。


 『ラストコップ』は日テレと動画配信サイト「Hulu」との共同制作により、昨年6月19日にスペシャルドラマ「epsode1」がオンエアされ、12.9%の高視聴率をマーク。放送終了後、「Hulu」にて「epsode2」が全7話で配信され、視聴目的の会員が急増するほどの人気を呼んだ。この好成績をもとに、日テレでは10月期の目玉に据えるとともに、映画化まで決めてしまったが、完全に目算が外れてしまった。

 連ドラが放送開始となる時点で映画化が決まっていた例としては、最近では昨年7月期『HEAT』(フジテレビ系/EXILE・AKIRA主演)のケースがある。同ドラマは全話平均4.1%の大爆死で、視聴者、関係者から内容が酷評されたため、映画化は白紙となった。では、『ラストコップ』はどうなるのか?

「さすがに『HEAT』ほどの低視聴率に終わることはないでしょう。連ドラ化の構想時点で、映画化ありきで進行しており、唐沢のドラマのギャラも、日テレとしては大盤振る舞いしていると聞きます。主役に唐沢ほどの大物を使っているだけに、視聴率が悪かったからといって、今さら映画化を白紙撤回するわけにもいかないのでは?」(スポーツ紙記者)

 このまま低視聴率が続くようなら、映画がヒットするとは思えない。日テレは大爆死を承知の上で、映画化を強行するしか道はないのだろうか?
(田中七男)

ちょっと松竹、息してるの……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  14. 『カウコン』意外な舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  17. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー