[ジャニーズ・メディアの裏側]

「ベストジーニスト賞」で異例の通達!? SMAP・木村&草なぎの受賞映像「使用NG」に

kusanugikun.jpg
とはいっても剛のデニム愛は真実だよ

 11日の「ベストジーニスト2016」で、一部マスコミからジャニーズに対して、ブーイングが上がっていたという。同賞を受賞したのは、昨年と同じくKis‐My‐Ft2・藤ヶ谷太輔で、現場にはジャニーズ幹部も同席。その場で、マスコミ関係者には“ある要求”が行われていたようだ。

 「ベストジーニスト賞」を開催する日本ジーンズ協議会は、2013年、これまで5年連続だった「殿堂入り」を3年に再設定。藤ヶ谷は今年で3回目の受賞で、このたび殿堂入りを果たした。


「この日現場では、主催スタッフがマスコミに対して、『歴代の殿堂入りを紹介する際、(過去の受賞者である)SMAPの木村拓哉、草なぎ剛の映像は全て使用NG』と通達したんです。それでは紹介VTRが成立しなくなると、テレビ局からは不満の声が上がっていましたね」(スポーツ紙記者)

 過去、木村や草なぎ、また藤ヶ谷のほかにも、嵐・相葉雅紀、KAT‐TUN・亀梨和也も同賞の殿堂入りを果たしている。

「SMAP以外の使用はOKでした。やはりジャニーズサイドとしては、解散が決定した“SMAP”の名前が世に出ることを、極力避けるようにしているのでは。しかし、賞を振り返るVTRを作るならば、当然殿堂入りを紹介する方が自然な流れ。マスコミからクレームの声が出るのは仕方ありませんね」(同)

 「ベストジーニスト賞」は、一般投票によって決まることとなっているが、ジャニーズ事務所との“蜜月”は、一般ファンでも見て取れるところ。これは「主催者サイドの“マスコミ集客”を狙っての戦略のようです」(広告代理店関係者)との声も。

「ジャニーズタレントが受賞すると、ずばり大勢のマスコミを呼べるんです。そのため主催者サイドは、飯島派、ジュリー派双方といい関係を築くなど、努力をしてきたそう。しかし一方で、ジャニーズに気を使うあまり、旬のイケメン俳優を受賞させることができない、というジレンマに陥ってしまったのも確か。そのせいでジャニーズファン以外の人からの注目が乏しくなってしまったわけです。今回、木村と草なぎの映像使用NGというゴタゴタがあったことも踏まえ、主催者サイドは、来年もジャニーズタレントを受賞させるか、検討しているようですよ」(同)

 来年以降の受賞者はどのタレントになるのか? 業界内で、密かに注目が集まっている。

年に一度の茶番がなくなるのは悲しい……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  9. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  18. “もう終わった”イケメン俳優3人
  19. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに