"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第337回】

秋篠宮眞子さま、「横浜デート写真」報道! 女性皇族に立ち塞がる自由恋愛のハードル

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

makosamasyujuo.jpg
「週刊女性」11月1日号(主婦と生活社)

 現知事・泉田裕彦氏の突然の出馬撤回、そして柏崎刈羽原発再稼働で注目された新潟県知事選だが、共産、自由、社民推薦で再稼働慎重派の米山隆一氏が見事当選した。柏崎刈羽原発は中越沖地震で重大事故を起こした原発であり、その後の東電の対応は地元の不信感をさらに深くするものだっただけに、泉田氏に続く再稼働慎重派の新知事の誕生こそ、地元の怒りの表明であり民意だろう。しかし沖縄の例でもわかるように、こうした“民意”を踏みにじるのが安倍政権だ。今後、再稼働推進派がどんな巻き返しを図ってくるのか。注意深く見る必要がある。

第337回(10/15~18発売号より)
1位「秋篠宮眞子さま ペアリング&ブレスレットで――横浜デート後のラブラブ『車中』!」(「週刊女性」11月1日号)
2位「稲田朋美防衛相 『白紙領収書疑惑』の渦中で3億円アパート経営の貪欲!」(「女性自身」11月1日号)
3位「櫻井翔 雑誌で“政治家に転身”発言の真意」(「週刊女性」11月1日号)

 秋篠宮眞子さまが熱愛をスクープされた! しかもラブラブ写真付きだ。

 そのスクープ現場は東急東横線の車内。相手の男はどこのどいつだかはわからないが、写真を見ると確かに親密そうだ。記事にも「時折、男性が眞子さまの髪の毛やおでこへ“ボディタッチ”することも」なんて記述もあるし、お揃いのリングとブレスレットも身に着けているらしい。男性も積極的に親しくなろうとしている感じだったとか。ツーショット写真でもかなり密着した様子だし、なにより眞子さまの表情は恋する乙女といった感じだ。

 まさに青春!! 眞子さまの初ロマンスといえる記事だが、しかしやはり普通の若者の交際とは違う。なにしろ、2人のラブラブぶりを遠巻きに見守る皇宮護衛官がいるからだ。

 眞子さまは幼い頃からこうした環境に慣れているというのはわかる。護衛官を気にしていては、恋や日常生活さえも送れない。しかしすごいのは、この男性も護衛官がいることを承知で眞子さまとラブラブしていることだ。今時の若者はそんなことへっちゃらなのか? それとも無鉄砲? 恋は盲目? 彼もどこぞの由緒正しき人? 天皇陛下の孫である眞子さまへアタックするだけでも勇気があると思うが、すでに周囲も公認の仲なのか。

 まあ、お父様とお母様も、学習院時代の学生“自由”恋愛の末に結婚したから、恋愛にはオープンかもしれないが。

紀香の「ロイヤルごっこ」がいかにお遊びがわかるね!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  17. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー